4033件中 101 - 110件表示
  • 淡水フグ

    淡水フグから見たアフリカアフリカ

    アフリカ原産で、タンガニーカ湖、コンゴ川流域などの淡水、汽水域に分布する大型の淡水フグ。60cm以上になる。褐色の体に黄色の網目模様が入るのが特徴。淡水フグ フレッシュアイペディアより)

  • ジェノグラフィック・プロジェクト

    ジェノグラフィック・プロジェクトから見たアフリカアフリカ

    ピエール・ザローヤ - 主任研究、中東と北アフリカ担当ジェノグラフィック・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • サン=ドマング

    サン=ドマングから見たアフリカアフリカ

    この期間、サン=ドマングは大西洋の奴隷貿易の行き先の大きな割合を占めていた。79万人のアフリカ人奴隷が奴隷貿易を通じてサン=ドマングに売られ、プランテーションで働いていたと推定される(1783年から1791年の大西洋の奴隷貿易の3分の1をハイチ行きが占めた)。1764年から1771年までは毎年の奴隷輸入の平均は10,000人から15,000人の間、1786年ごろまでには毎年平均28,000人、1787年以降は毎年40,000人以上を輸入していた。しかし、労働の厳しさと高い死亡率からコンスタントにアフリカから奴隷を補給しつづけないと人数を維持できない状態であり、植民地支配の終わりごろ、白人支配層は3万2,000人であった一方、黒人奴隷人口は50万人程度に低迷していた。植民地の時期、サン=ドマングの黒人は地元生まれの二世代目以降が少数派でアフリカ生まれの者が多数派であり、奴隷労働が過酷であったために死亡する人口が多く、人口の自然増による拡大が起こる状態ではなかった。 一方で、アフリカ生まれの人口が多かったことが、サン=ドマングにブードゥー教や言語などアフリカ文化の伝統を強く残すこととなった。サン=ドマング フレッシュアイペディアより)

  • イソヒヨドリ

    イソヒヨドリから見たアフリカアフリカ

    イソヒヨドリ(磯鵯) Monticola solitarius は、スズメ目、ツグミ科に分類される鳥の一種。アフリカとユーラシア大陸に広く分布する鳥で、和名どおり海岸や岩山などで多く見られる。磯や岩場に多く生息していて、ヒヨドリに似ていることからこの和名がついているが、分類上はヒヨドリ科ではなくツグミ科でまったく別の鳥である。イソヒヨドリ フレッシュアイペディアより)

  • スペインの歴史

    スペインの歴史から見たアフリカアフリカ

    一方新大陸への征服は継続され、エンコミエンダ制のもとイスパニョーラ島やキューバなどで砂金の採掘が始まった。また苛酷な労働と疫病で先住民が死亡したため、スペイン人はアフリカから黒人奴隷を新たな労働力として持ち込み、プランテーションでの奴隷労働に従事させた。このような新大陸での苛酷な現状はドミニコ会司祭バルトロメ・デ・ラス・カサスによって激しく非難された。ポルトガルがインド航路を発見したことに対抗して、フェルナンド・デ・マガリャーネスに新大陸周りで香料諸島への航路を探検させた。マガリャーネスはマクタン島でラプ=ラプとの戦いによって戦死したが、この大航海をきっかけに、スペインは東南アジアのフィリピンを植民地にした。スペインの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ショットガンハウス

    ショットガンハウスから見たアフリカアフリカ

    ベナン南部のフォン族の言葉で「集まる場所」を意味する「トゥ・ガン」など、アフリカの言葉が転訛したものであるという説ショットガンハウス フレッシュアイペディアより)

  • 世界自然保護基金

    世界自然保護基金から見たアフリカアフリカ

    WWF創設のきっかけは、ジュリアン・ハクスリーが『オブザーバー』紙にアフリカの野生動物の危機的状況を報告した記事である。これを受けて、アフリカの野生生物を危機から救うために、1961年9月11日に、鳥類学者の、後にWWFのロゴを提案した鳥類学者の、実業家の、アマチュア鳥類学者の、オランダ王配ベルンハルトらによって、自然保護のための資金を集める国際組織として世界野生生物基金(World Wildlife Fund:WWF)がスイスに設立された。名称は1986年に世界野生生物基金 (World Wildlife Fund) から世界自然保護基金 (World Wide Fund for Nature) に改められたが、略称はWWFのまま用いられることになった。世界自然保護基金 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋

    東洋から見たアフリカアフリカ

    最広義的な解釈からは、アジアのほか、オセアニア・アフリカが含まれる。(西洋としてのヨーロッパや西半球諸国アメリカ大陸に対する意味として。)東洋 フレッシュアイペディアより)

  • 世界で最も居住に適した都市

    世界で最も居住に適した都市から見たアフリカアフリカ

    2008年度の調査において上位10都市以外ではアメリカ合衆国のホノルルが28位に、シンガポールが28位に、日本の東京都が35位に入っている。下位25カ国のうち18都市がアフリカの国であったが、前年と比べると南アジア(主にインド)、東アジア(主に中国)、中東、東欧は明らかに評価が改善している。下位5都市はチャドのンジャメナ(211位)、スーダンのハルツーム(212位)、コンゴのブラザヴィル(213位)、中央アフリカのバンギ(214位)、 イラクのバグダード(215位)である。世界で最も居住に適した都市 フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット アサルト・ホライゾン

    エースコンバット アサルト・ホライゾンから見たアフリカアフリカ

    西暦2015年、「アフリカを取り戻す」をスローガンとする反政府運動がアフリカ全土で激化し、アフリカ諸国は戦乱の嵐に包まれる。現地政府は、国連に反政府軍と海賊の掃討を要請する一方、NATO加盟国は連合軍をアフリカに派遣し、各地で作戦を行っていた。しかし、反政府軍はいずこから入手した最新兵器で武装化されている上に地形を生かしたゲリラ戦を展開しており、戦局は早くも泥沼化の様相を呈していた。エースコンバット アサルト・ホライゾン フレッシュアイペディアより)

4033件中 101 - 110件表示

「アフリカ」のニューストピックワード