4033件中 111 - 120件表示
  • 舩田クラーセンさやか

    舩田クラーセンさやかから見たアフリカアフリカ

    舩田クラーセン さやか(ふなだクラーセン さやか、Sayaka Funada-Classen)は、日本のアフリカ研究者。専門はアフリカ(モザンビーク)地域研究、紛争・平和研究。舩田クラーセンさやか フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見たアフリカアフリカ

    1532年、とに初めて恒久的な入植地が築かれた。16世紀から18世紀にかけてブラジルはポルトガルの植民地であり、「発見」初期にはブラジルの木、のちには沿岸部のプランテーションでのサトウキビの生産や、内陸部での黄金採掘が主な産業であった。この時期に沿岸部のインディオはほぼ絶滅し、労働力として大量の奴隷がアフリカから連行された。1822年9月7日にブラジルはポルトガルからの独立を宣言し、立憲君主制を取るブラジル帝国が成立した。ポルトガル王室に連なるこの国家は、軍事クーデターにより1889年11月15日に共和制に移行し、1891年に共和国憲法を発布した。以後ブラジルは現在に至るまで法律上は民主主義国家であるが、三度にわたる独裁政治政権を経験している。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • サントメ・プリンシペの歴史

    サントメ・プリンシペの歴史から見たアフリカアフリカ

    1469年にアフリカの西端に位置する無人島であったサントメ島とプリンシペ島にポルトガル人が初めて到来した。3年以上、この2つの無人島を探索した後、ポルトガルの航海者たちは、この島々がアフリカ本土への寄港地として好適であると結論した。こうして両島はポルトガルの植民地となった。サントメ・プリンシペの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 北緯22度線

    北緯22度線から見たアフリカアフリカ

    北緯22度線(ほくい22どせん)は、地球の赤道面より北に22度の角度を成す緯線。アフリカ、アジア、インド洋、太平洋、北アメリカ、カリブ海、大西洋を通過する。北緯22度線 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次百年戦争

    第2次百年戦争から見たアフリカアフリカ

    第2次百年戦争(だいにじひゃくねんせんそう、, 1689年 - 1815年)は、ヨーロッパ内の国境紛争と王位継承、主に北アメリカ大陸を舞台として南アジア・アフリカをふくむ海外植民地の争奪、そして、それらに起因するアメリカの独立・フランス革命・ナポレオン帝国を背景にイギリス(イングランド)とフランスの間で繰り広げられた一連の戦争の総称である。イギリスの歴史家J.R.シーリーの命名による。一連の戦争の結果、イギリスが優位に立ち、後世「パクス・ブリタニカ」と呼ばれる繁栄の時代の基礎を築いた。第2次百年戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ターザン・シリーズ

    ターザン・シリーズから見たアフリカアフリカ

    アフリカのジャングルなどの未開の地での冒険が多いが、単なる冒険小説の範疇ではなく、SFの範疇に入る作品もある。例えば、ターザン・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • Kamado Jiko

    Kamado Jikoから見たアフリカアフリカ

    Kamado Jiko(カマド・ジコ)とは、岸田袈裟がアフリカのケニアで国際協力機構に参加していた時に、遠野かまどを手本に発案し、アフリカの乳幼児死亡率低減と薪の使用量削減に成果を挙げた「かまど」である。「Jiko」とはスワヒリ語で「かまど」の意味。Kamado Jiko フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国南部

    アメリカ合衆国南部から見たアフリカアフリカ

    南部に支配的な文化は、イギリス人植民者による地域の開拓地に起源を発する。17世紀、地域の大部分はイギリスのものだったが、18世紀に、スコッツ=アイリッシュ(Scots-Irish, 北アイルランドから移住してきたスコットランド人。アイルランド系アメリカ人を参照)の大集団がアパラチアとピードモント台地を開拓した。これらの人々は、すでにこの地域にいたネイティブアメリカン(クリークやチェロキーなど)と戦争をし、貿易、文化面での交流をした。1700年以後、アフリカ人奴隷の大集団が、大規模なプランテーションでの働き手として運ばれてきた()。ここで産出するタバコ、コメ、藍、綿は、1800年以降、有力な輸出農業産品となった。綿栽培の急増によって、アメリカの奴隷制度は19世紀初めの南部の経済にとっては不可欠な部分になった。アメリカ合衆国南部 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・クラ

    ジャン・クラから見たアフリカアフリカ

    郷里ブルターニュの風景や、アフリカへの遠征旅行(なかでも航海)に触発された音楽作品を遺す。第1次世界大戦中は、アドリア海作戦の司令官として名を揚げた。また、軍務の必要からいくつかの実用品を発明した。ジャン・クラ フレッシュアイペディアより)

  • イシャンゴの骨

    イシャンゴの骨から見たアフリカアフリカ

    イシャンゴの骨(イシャンゴのほね、)は、1960年にアフリカ・コンゴで発見された後期旧石器時代の骨角器。骨の年代はおよそ2万年前で、大きさの異なる刻み目が3列に亘って骨につけられている。この刻み目の数が、ある列は素数だけであったり、別の列では掛け算などを示唆するような内容であったため、発見以来数学的に意義のある考古学的証拠とされてきたが、一方でこの数に数学的な意味はないとする指摘もある。イシャンゴの骨 フレッシュアイペディアより)

4033件中 111 - 120件表示

「アフリカ」のニューストピックワード