4033件中 121 - 130件表示
  • ドリトル先生シリーズの登場キャラクター

    ドリトル先生シリーズの登場キャラクターから見たアフリカアフリカ

    アフリカの王政国家・ジョリギンキ王国の第一王子。名前は原文において"Bumpo Kahbooboo"の語順であるが、井伏訳では逆転して「カアブウブウ・バンポ」の語順となっている。快活かつ素直な青年で、屈強な長身と、類稀な視力と腕力を誇る。西洋人の童話、特に『眠り姫』を愛読し、白い肌にあこがれていた。父王に捕らわれていた先生一行の脱獄を、ポリネシアの説得で手助けした。その際に報酬として、先生が調合した薬液で顔面の肌を一時的に白くすることに成功した。『航海記』でポリネシアが話すところでは、脱色した顔の肌は次第に元の色に戻ったが、アルビノで肌が白く足の大きなネグロイドの女性を発見して「彼女こそが探し求めていた眠り姫だ」と言って結婚し、その女性はジョリギンキでバンパァ王太子妃(Crown-Princess BumPAH、ポリネシア曰く「PAH」を強く発音する)として知られている。また、ジョリギンキの王族は一夫多妻の為、バンポには王太子妃を筆頭に合計で6人の夫人がいるとされている。後にオックスフォード大学へ留学するが、靴と代数学は苦手の様子である。大学が休みの間にクモザル島への航海へ同行して以降、しばらく先生の屋敷に投宿していたが、先生とスタビンズが月へ行っている間に大学へ復学する旨の置き手紙を残して屋敷を去った。ドリトル先生シリーズの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • ドクメンタ

    ドクメンタから見たアフリカアフリカ

    ドクメンタは毎回白人男性がディレクターであったため必然的に選ばれる作家も西欧か北米の作家が多く、偏りが指摘されていた。特に1980年代にはアジアや中南米、アフリカの作家を取り上げる展覧会が各地で開催され風向きを変え(例:「大地の魔術師たち」展、ポンピドゥー・センター)、またフェミニズムが美術の世界でも影響を強め第三世界の作家や女性作家を取り上げることも課題となった。ドクメンタ フレッシュアイペディアより)

  • 個人的な体験

    個人的な体験から見たアフリカアフリカ

    主人公の27歳の青年、鳥(バード)は、高校時代には地方都市でけんかを繰り返したが、のちに東京のある官立大学の英文学部を卒業し、大学院に入った。学部の教授の娘と結婚し、彼の人生は順風だったが、もともと酒に沈溺する逃避癖があり、精神的に未熟であった。そして、アルコール依存症により大学院を中途退学、そのまま将来の展望もない予備校の教員をしていた。少年期よりアフリカに行くという夢を持ち続けていたが、実社会で落伍し、現実逃避の妄想は続いていた。初めての子供が産まれたが、自分が子供を持つことに対する実感に乏しく、むしろ自由を失うという強迫観念を持つようになり、アフリカへの逃避の願望がさらに強まっていた。彼は夜の盛り場に一人で行き、ゲーム機でパンチ力を試したが、機械が示した体力は40歳相当であった。そのゲーム機の周りにいた不良少年のグループに絡まれ喧嘩をする。個人的な体験 フレッシュアイペディアより)

  • センザンコウ

    センザンコウから見たアフリカアフリカ

    センザンコウ目は有鱗目(ゆうりんもく)ともいい、現生はセンザンコウ科1科のみ。インドから東南アジアにかけて4種 (下のリストの前半)、アフリカに4種 (下のリストの後半) が現存し、これら8種が、1属または2属に分類される。センザンコウ フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム

    ムスリムから見たアフリカアフリカ

    一方、それに対してサハラ以南のアフリカでは実に多様な民族の間でイスラムは信仰され、今もその勢力を拡大させている。サハラ以南のアフリカの場合、民族でムスリムか、非ムスリムかを判定することは困難である。ムスリム フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・シュヴァイツァー

    アルベルト・シュヴァイツァーから見たアフリカアフリカ

    20世紀のヒューマニストとして知られている人物である。30歳の時、医療と伝道に生きることを志し、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げたとされている。日本においては、内村鑑三などによって古くから紹介され、その生涯は児童向けの偉人伝において親しまれている。アルベルト・シュヴァイツァー フレッシュアイペディアより)

  • ネグリチュード

    ネグリチュードから見たアフリカアフリカ

    ネグリチュード(、黒人性)は、黒人の自覚を促す標語、あるいは精神的風土や文化の特質をさす語。おもにフランス領アンティルとフランス語圏アフリカで発祥した文学運動の名称でもある。ネグリチュード フレッシュアイペディアより)

  • 通信技術の歴史

    通信技術の歴史から見たアフリカアフリカ

    通信技術の歴史は、アフリカ、両アメリカ大陸、そしてアジアの一部で見られた、狼煙や太鼓(例えばトーキングドラム)の利用に始まる。ヨーロッパでは1790年代には固定的な腕木通信システムが出現したが、電気通信システムが現れ始めるのは1830年代になってからのことである。本項では、前史として電気を用いない方式の技術も紹介するが、おおむね電気通信を中心に遠隔通信技術の歴史を、要素技術ごとではなく「電報」や「テレビ」のように製品としてのまとまりを持つカテゴリごとに略述する。時系列が前後する場合もあるが、クロノロジカルに通信技術の歴史を把握したい場合は「通信技術の年表」を参照されたい。通信技術の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • グレナダ

    グレナダから見たアフリカアフリカ

    1714年 フランスは、カカオ、綿花、コーヒーを栽培した。プランテーションで労働する奴隷はアフリカから輸入した人々で、彼らの3分の2は過酷な労働条件のために死亡したとされる。グレナダ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の気象・地象・天象

    2006年の気象・地象・天象から見たアフリカアフリカ

    2月23日 - アフリカのモザンビークで、マグニチュード7.5の大地震発生。2006年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

4033件中 121 - 130件表示

「アフリカ」のニューストピックワード