3130件中 21 - 30件表示
  • モンゴロイド

    モンゴロイドから見たアフリカアフリカ

    近年のDNA分析によれば、モンゴロイドはアフリカからアラビア半島・インド亜大陸を経由し、ヒマラヤ山脈・アラカン山脈以東に移住した人々が、周囲の自然環境により他の「人種」との交流を絶たれ、その結果独自の遺伝的変異及び環境適応を経た結果誕生した「人種」であるとされる。その原初の居住地は、ヒマラヤ山脈及びアラカン山脈よりも東及び北側である。モンゴロイド フレッシュアイペディアより)

  • 脱植民地化

    脱植民地化から見たアフリカアフリカ

    一方、20世紀、21世紀の「脱植民地化」は、第二次世界大戦以後の、アジアおよびアフリカにおける多くのヨーロッパ諸国の植民地、保護国(従属国)の独立の達成を指すのが通常である。この流れはポストコロニアル理論と呼ばれる文芸批評運動とも連動している。1945年から1960年の間は、1947年のイギリスからのパキスタンとインドの独立をはじめとして、特に活発に脱植民地化が行われた時期であった。脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • イソマツ属

    イソマツ属から見たアフリカアフリカ

    イソマツ属はヨーロッパからシベリア、アジア、アフリカ、オーストラリア、北アメリカなどに広く分布する。そのうちの大部分(100種以上)がカナリア諸島から地中海沿岸、中央アジアにかけて分布している。一方、北アメリカにはたった3種しか分布していない。イソマツ属 フレッシュアイペディアより)

  • 避暑

    避暑から見たアフリカアフリカ

    生まれてから死ぬまでの間、移住があまりなかった近世以前には、ヒトはその環境に合った能動汗腺数を持ち合わせていたため、避暑は必要不可欠のものではなかった。また、避暑に行くと本来の職場(農地)から離れることになり、また、本宅以外での宿泊は経済的な負担にもなるため、希望してもみなが実現出来るものではなかった。しかし、より快適な環境を求めて、王侯貴族は避暑を行い、国によっては行政機関である宮廷がそっくり避暑地に移動することも多々見られた。大航海時代となると、寒冷地である西欧からアジア・アフリカの熱帯地域へ貿易のためにヨーロッパ人が移動したため、能動汗腺数と気候の不一致から各地で避暑が行われた。避暑 フレッシュアイペディアより)

  • 個人的な体験

    個人的な体験から見たアフリカアフリカ

    主人公の27歳の青年、鳥(バード)は高校時代には地方都市で喧嘩を繰り返した人間だったが、その後東京のある官立大学の英文学部を卒業し、大学院に入った。彼は学部の教授の娘と結婚し順風だったのだが、もともと酒に沈溺する逃避癖のある性格であり精神的に未熟であった。そして、アルコール依存症により大学院を中途退学、そのまま将来の展望もない予備校の教員をしていた。少年期よりアフリカに行くという夢を持ち続けていたのだが、実社会にて落伍し現実逃避の妄想は現在まで続いていた。鳥は初めての子供が産まれるのだったが、自分に子供を持つという事へも実感に乏しく、むしろかえって自由を失う強迫を持ちアフリカへの逃避がさらに強くなっていた。鳥は夜の盛り場に一人で行き、ゲーム機でパンチ力を試すのだが機械が指し示した体力は40歳相当であった。そのゲーム機の周りにいた不良少年のグループに絡まれ喧嘩をする。個人的な体験 フレッシュアイペディアより)

  • ヤム

    ヤムから見たアフリカアフリカ

    アフリカ・熱帯アジア・ラテンアメリカ・西インド諸島にかけての広い地域で主食や根菜として栽培されている。ヤム フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・オーウェン

    リチャード・オーウェンから見たアフリカアフリカ

    彼は現生の形態を研究したのみでなく、絶滅したグループの遺骸にも大きな注意を払い、古脊椎動物学の創始者キュヴィエの直接の後継者となっていた。経歴の初期において彼は現生種・絶滅種双方を含めた歯の研究を徹底的に行っており、図をふんだんに使用した"" (1840?1845)を出版している。彼は自ら発見し迷歯類と名付けた絶滅両生類の歯の恐ろしく複雑な構造も記載している。この動物の歯は、表面のエナメル質が非常に複雑に折り畳まれたようになっており、断面をみるとまるで迷路のように見える歯であることからその名が付けられた。魚類に関しての著書では、プロトプテルス () と命名したアフリカ産肺魚についての学術論文が、ヨハネス・ミュラーによる肺魚亜綱の制定の基礎となっている。彼はまた、真骨魚類と硬鱗魚類(軟質魚類)の間の一連の関係に気づき、一つの下綱である条鰭類(条鰭下綱)にまとめた。リチャード・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • ビアフラ戦争

    ビアフラ戦争から見たアフリカアフリカ

    直ちに、連邦軍は攻撃を開始したが、ビアフラ軍の士気も高く、戦況は膠着状態を示した。ビアフラにはフランスと南アフリカ等が支援したが、大部分の国はビアフラに同情する一方で消極的ながら正規政府である連邦を支持。特に旧植民地の分割化を望まないイギリスとアフリカへの影響力強化を狙うソ連は積極的に連邦を支援した。また、少数の白人傭兵がビアフラ側で戦った。ビアフラ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 舩田クラーセンさやか

    舩田クラーセンさやかから見たアフリカアフリカ

    舩田 クラーセン さやか(ふなだ クラーセン さやか)は、日本のアフリカ研究者。専門はアフリカ(モザンビーク)地域研究、紛争・平和研究。舩田クラーセンさやか フレッシュアイペディアより)

  • ノコギリクワガタ属

    ノコギリクワガタ属から見たアフリカアフリカ

    ネブトクワガタ属に次いで、2番目に種類が多い「属」であり、アジアのほか、アフリカ、オセアニアにも生息する。ノコギリクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

3130件中 21 - 30件表示

「アフリカ」のニューストピックワード