3130件中 31 - 40件表示
  • 第2次百年戦争

    第2次百年戦争から見たアフリカアフリカ

    第2次百年戦争(だいにじひゃくねんせんそう、, 1689年 - 1815年)は、ヨーロッパ内の国境紛争と王位継承、主に北アメリカ大陸を舞台として南アジア・アフリカをふくむ海外植民地の争奪、そして、それらに起因するアメリカの独立・フランス革命・ナポレオン帝国を背景にイギリス(イングランド)とフランスの間で繰り広げられた一連の戦争の総称である。イギリスの歴史家J.R.シーリーの命名による。一連の戦争の結果、イギリスが優位に立ち、後世「パックス・ブリタニカ」と呼ばれる繁栄の時代の基礎を築いた。第2次百年戦争 フレッシュアイペディアより)

  • キノボリウオ亜目

    キノボリウオ亜目から見たアフリカアフリカ

    主にアジア・アフリカの淡水域に生息する。鰓以外に肺のような役割をする上鰓器官(ラビリンス器官)と呼ばれる特殊な呼吸器を備えており、空気呼吸を行うことができる。分布域では食用魚としても重要な存在となっている。キノボリウオ亜目 フレッシュアイペディアより)

  • 淡水フグ

    淡水フグから見たアフリカアフリカ

    アフリカ原産で、タンガニーカ湖、コンゴ川流域などの淡水、汽水域に分布する大型の淡水フグ。60cm以上になる。褐色の体に黄色の網目模様が入るのが特徴。淡水フグ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマネコ (種)

    ヤマネコ (種)から見たアフリカアフリカ

    ヤマネコ(山猫、英:Wildcat, Wild cat, Wild-cat)とはヨーロッパ・西アジア・アフリカに分布する小型ネコ類の一種である。学名:Felis silvestris。ヤマネコ (種) フレッシュアイペディアより)

  • ティラピア

    ティラピアから見たアフリカアフリカ

    もともとアフリカと中近東に分布したが、食用にするため世界各地の河川に導入された。雑食性で淡水、汽水の様々な環境に適応するが、冷たい水には棲まない。ティラピアという名称は、日本に導入された3種がいずれも当時Tilapia属に分類されていたことに由来するが、現在ではそのうちの2種はOreochromis属に分類が変更されている。ティラピア フレッシュアイペディアより)

  • バローズのシリーズ外作品

    バローズのシリーズ外作品から見たアフリカアフリカ

    タイムスリップSF(三人称小説)。10万年の時を超えた、原始人ヌーの恋と冒険。ヒロインは原始人ナット・ウルと、彼女の転生した姿であるアメリカ人ヴィクトリア・カスター。第1部は主に現代のアフリカを、第2部は主に過去を舞台にしている。バローズのシリーズ外作品 フレッシュアイペディアより)

  • ドクメンタ

    ドクメンタから見たアフリカアフリカ

    ドクメンタは毎回白人男性がディレクターであったため必然的に選ばれる作家も西欧か北米の作家が多く、偏りが指摘されていた。特に1980年代にはアジアや中南米、アフリカの作家を取り上げる展覧会が各地で開催され風向きを変え(例:「大地の魔術師たち」展、ポンピドゥー・センター)、またフェミニズムが美術の世界でも影響を強め第三世界の作家や女性作家を取り上げることも課題となった。ドクメンタ フレッシュアイペディアより)

  • イシャンゴの骨

    イシャンゴの骨から見たアフリカアフリカ

    イシャンゴの骨(イシャンゴのほね、)とは、1960年にアフリカ・コンゴで発見された後期旧石器時代の骨角器である。骨の年代はおよそ2万年前で、大きさの異なる刻み目が3列に亘って骨につけられている。この刻み目の数が、ある列は素数だけであったり、別の列では掛け算などを示唆するような内容であったため、発見以来数学的に意義のある考古学的証拠とされてきたが、一方でこの数に数学的な意味はないとする指摘もある。イシャンゴの骨 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ経済委員会

    アフリカ経済委員会から見たアフリカアフリカ

    アフリカ諸国の経済・社会・技術的な開発のため調査と援助を行う。国際連合に加盟しているアフリカ諸国で構成されている。アフリカ経済委員会 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ稲センター

    アフリカ稲センターから見たアフリカアフリカ

    アフリカ稲センター(あふりかいねせんたー、英語:Africa Rice Center)は、イネの品種開発・普及を行うアフリカの国際研究機関。その研究を通して、アフリカの貧困の緩和と食糧安全保障の貢献を行うことを目的として、設立された。通称のWARDAは、旧名である西アフリカ稲開発協会(West Africa Rice Development Association)の略称である。以下、WARDAと表記する。アフリカ稲センター フレッシュアイペディアより)

3130件中 31 - 40件表示

「アフリカ」のニューストピックワード