3130件中 41 - 50件表示
  • ドリトル先生アフリカゆき

    ドリトル先生アフリカゆきから見たアフリカアフリカ

    米英におけるシリーズ各巻の初版本は、米国のストークス(10巻『秘密の湖』以降はリッピンコット)版とイギリスのジョナサン・ケープ版(概ね米国の1 - 2年遅れで刊行)で共通の表紙画(表紙デザインは異なる)を用いているが、本作に限り米英でそれぞれ異なる表紙画が用いられている。ストークス版はドリトル先生が子猿を治療している単色のイラストで、ケープ版は先生が伝染病を終息させたお礼に猿たちが盛大な宴会を開いている様子を描いたカラーイラストである。岩波書店が日本で刊行している愛蔵版『ドリトル先生物語全集』はケープ版を底本にしており、第1巻のカラー口絵にはケープ版の表紙と同じイラストが用いられている。表紙デザイン(岩波少年文庫と共通)はケープ版を基にしているが表紙のイラストは異なり、ケープ版では本の折り返し部分に用いられている先生の一行がアフリカへ上陸した場面のシルエット画が使用されている。ドリトル先生アフリカゆき フレッシュアイペディアより)

  • 世界で最も居住に適した都市

    世界で最も居住に適した都市から見たアフリカアフリカ

    2008年度の調査において上位10都市以外ではアメリカ合衆国のホノルルが28位に、シンガポールが28位に、日本の東京都が35位に入っている。下位25カ国のうち18都市がアフリカの国であったが、前年と比べると南アジア(主にインド)、東アジア(主に中国)、中東、東欧は明らかに評価が改善している。下位5都市はチャドのンジャメナ(211位)、スーダンのハルツーム(212位)、コンゴのブラザヴィル(213位)、中央アフリカのバンギ(214位)、 イラクのバグダッド(215位)である。世界で最も居住に適した都市 フレッシュアイペディアより)

  • アプレイウス

    アプレイウスから見たアフリカアフリカ

    アプレイウス(Lucius Apuleius, 123年頃 - ?)は、北アフリカ・マダウロス出身の帝政ローマの弁論作家。奇想天外な小説や極端に技巧的な弁論文によって名声を博した。代表作である「変容(または黄金のロバ)」は、ローマ時代の小説中、完全に現存する唯一のもの。アプレイウス フレッシュアイペディアより)

  • メクラヘビ

    メクラヘビから見たアフリカアフリカ

    主に赤道域を中心に、中南米・アフリカ・南欧・南アジア・東南アジア・オーストラリアと広く分布する。腰帯の痕跡を持つことが多く、恥骨-坐骨結合の痕跡を残すことすらある。メクラヘビ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の気象・地象・天象

    2006年の気象・地象・天象から見たアフリカアフリカ

    2月23日 - アフリカのモザンビークで、マグニチュード7.5の大地震発生。2006年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • スイカ

    スイカから見たアフリカアフリカ

    原産は、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯。 日本に伝わった時期は定かでないが、室町時代以降とされる。西瓜の漢字は中国語の西瓜(北京語:シーグァ xīguā)に由来し、スイカという日本語発音も広東語のサイクワァが訛り転化したものである。中国の西方(中央アジア)から伝来した瓜とされるためこの名称が付いた。スイカ フレッシュアイペディアより)

  • パトリス・ルムンバ名称民族友好大学

    パトリス・ルムンバ名称民族友好大学から見たアフリカアフリカ

    アジアやアフリカ、ラテンアメリカ地域にある友好国からの留学生に対して、共産主義思想及びその経済政策を教えるための大学として、冷戦下の1960年に設立された。1961年にアフリカ独立運動の旗手であったコンゴ民主共和国の指導者であるパトリス・ルムンバを讃えて「パトリス・ルムンバ」という名称を加えた。パトリス・ルムンバ名称民族友好大学 フレッシュアイペディアより)

  • ラ・バンバ

    ラ・バンバから見たアフリカアフリカ

    元々は、メキシコのベラクルスで300年以上昔から歌われていたもので、メキシコ民族音楽とキューバのソンがベラクルスで独自に発展した「ソンハローチョ (son jarocho)」と呼ばれる音楽の一つである。スペインのフラメンコやアフリカ系メキシコ人のリズムなどを取り入れており、バイオリン・ハラナ・ギター・ハープなどを用いて演奏される。ラ・バンバ フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデの歴史

    カーボベルデの歴史から見たアフリカアフリカ

    1462年に植民地化が開始されると、当初ポルトガル人はマデイラ諸島やアソーレス諸島で行ったように、西アフリカからカーボベルデに奴隷を移入して砂糖を生産しようとしたが、この試みはサヘルの延長にある雨の降らないカーボベルデの厳しい気候や、土壌の不毛さによって失敗した。しかし、サンティアゴ島のリベイラ・グランデ(現在のシダーデ・ヴェーリャ)は「新大陸の発見」後、インドやブラジル、西インド諸島、アフリカとイベリア半島を結ぶポルトガル船の寄港地となることに成功し、この役割のため、カーボベルデは植民地として存続することに成功した。しかし、この役割は海賊を引き寄せるのにも十分魅力的なものであり、1542年のフランス海賊の襲撃を嚆矢に、1578年と1585年にはイングランドの海賊フランシス・ドレークによる襲撃が行われるなど、16世紀半ば以降海賊の跳梁が続いた。カーボベルデ防衛のためにポルトガル王は要塞を建設し、1587年にはリベイラ・グランデに総督を設置した。しかし、総督府は1652年にプライアに移動し、以降リベイラ・グランデは衰退した。16世紀から17世紀にかけてカーボベルデはアフリカとアメリカ大陸を結ぶ奴隷貿易の中継地として栄え、島内ではポルトガル人入植者の男性と黒人奴隷の女性の間で混血が進み、今日まで続くクレオール的な社会が形成された。カーボベルデの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たアフリカアフリカ

    カの中でハマダラカの一部の種だけが病原体を媒介する。メスのハマダラカが感染者の血液を吸い、別の人を刺すことによって広がる。効果的なワクチンはないが、抗マラリア薬で治療できる。アフリカにおいては、現在、エイズ、結核と並ぶ3大感染症のひとつであり、視覚や聴覚を失うなどの後遺症で悩む人も少なくない。感染者は毎年3.5億人から5億人にかけてと推測され、アフリカでは子どもの主要な死因のひとつになっている。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

3130件中 41 - 50件表示

「アフリカ」のニューストピックワード