4033件中 41 - 50件表示
  • 郭錠煥

    郭錠煥から見たアフリカアフリカ

    1984年1月2日に自動車事故で17歳で亡くなった文鮮明の次男、文興進(ムン・フンジン、???)がアフリカのジンバブエの男性の信者に憑依したとの噂を現地に調査に行き、本物だと報告(、p192)。郭錠煥 フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデの歴史

    カーボベルデの歴史から見たアフリカアフリカ

    1462年に植民地化が開始されると、当初ポルトガル人はマデイラ諸島やアソーレス諸島で行ったように、西アフリカからカーボベルデに奴隷を移入して砂糖を生産しようとしたが、この試みはサヘルの延長にある雨の降らないカーボベルデの厳しい気候や、土壌の不毛さによって失敗した。しかし、サンティアゴ島のリベイラ・グランデ(現在のシダーデ・ヴェーリャ)は「新大陸の発見」後、インドやブラジル、西インド諸島、アフリカとイベリア半島を結ぶポルトガル船の寄港地となることに成功し、この役割のため、カーボベルデは植民地として存続することに成功した。しかし、この役割は海賊を引き寄せるのにも十分魅力的なものであり、1542年のフランス海賊の襲撃を嚆矢に、1578年と1585年にはイングランドの海賊フランシス・ドレークによる襲撃が行われるなど、16世紀半ば以降海賊の跳梁が続いた。カーボベルデ防衛のためにポルトガル王は要塞を建設し、1587年にはリベイラ・グランデに総督を設置した。しかし、総督府は1652年にプライアに移動し、以降リベイラ・グランデは衰退した。16世紀から17世紀にかけてカーボベルデはアフリカとアメリカ大陸を結ぶ奴隷貿易の中継地として栄え、島内ではポルトガル人入植者の男性と黒人奴隷の女性の間で混血が進み、今日まで続くクレオール的な社会が形成された。カーボベルデの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハブタエモノアラガイ

    ハブタエモノアラガイから見たアフリカアフリカ

    ハブタエモノアラガイ( 羽二重物洗貝)、学名 Pseudosuccinea columella は、有肺目 モノアラガイ科に分類される1cm前後の淡水生の巻貝の一種。北アメリカ原産だが、20世紀中にヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリアなどに人為的に分布を広げ、日本でも外来種として野外繁殖している。ハブタエモノアラガイ フレッシュアイペディアより)

  • 世界鉄道の旅

    世界鉄道の旅から見たアフリカアフリカ

    ナミビア - 「アフリカの寝台特急」、「アフリカの砂漠を行く」世界鉄道の旅 フレッシュアイペディアより)

  • バローズのシリーズ外作品

    バローズのシリーズ外作品から見たアフリカアフリカ

    タイムスリップSF(三人称小説)。10万年の時を超えた、原始人ヌーの恋と冒険。ヒロインは原始人ナット・ウルと、彼女の転生した姿であるアメリカ人ヴィクトリア・カスター。第1部は主に現代のアフリカを、第2部は主に過去を舞台にしている。バローズのシリーズ外作品 フレッシュアイペディアより)

  • ケナフ

    ケナフから見たアフリカアフリカ

    ケナフ (Kenaf, 学名:Hibiscus cannabinus) は、アフリカ原産のアオイ科フヨウ属の植物、またこれから得られる繊維をいう。洋麻、アンバリ麻、ボンベイ麻ともいう。ケナフ フレッシュアイペディアより)

  • ベニバナボロギク

    ベニバナボロギクから見たアフリカアフリカ

    ひょろりとした柔らかな草である。原産地はアフリカで、南洋方面に帰化している。日本では第二次大戦後の帰化植物として知られるが、意外に山間部に多く、特に森林が伐採された際などに一斉に出現し、パイオニア植物としての姿を見せている。ベニバナボロギク フレッシュアイペディアより)

  • インカルチュレーション

    インカルチュレーションから見たアフリカアフリカ

    ユダヤ系キリスト教徒と異邦人キリスト教徒間の文化的対立は、キリスト教がギリシア・ローマ文化 (:en:Greco-Roman) を包括するまで継続した。似たようなインカルチュレーションの例は、ローマ帝国が滅亡し、ゲルマンおよび中世文化が優勢となったころ、数世紀にまたがって起こった数々のプロセスである。宣教史における初期インカルチュレーション実践者には、アイルランドの聖パトリキウス、あるいは東欧スラヴの聖キリルと聖メトディウスなどが挙げられる。1054年、東西教会の分裂の後、ローマ・カトリック教会はおおよそヨーロッパ西部に活動範囲が限定された。また十字軍、コンスタンティノポリスのラテン帝国(1204年 - 1261年)といった中東の文化に影響を及ぼそうとする試みは失敗した。プロテスタントによる宗教改革は西方教会の分割をもたらした。しかしながら、同時に、スペインとポルトガルによるアメリカ大陸の発見、アジアおよびアフリカへの進出は異文化、異文明との接触を拡大していくこととなった。インカルチュレーション フレッシュアイペディアより)

  • ミカワタヌキモ

    ミカワタヌキモから見たアフリカアフリカ

    本州では関東から近畿地方、九州、南西諸島に分布する。国外では台湾、インド、オーストラリア、アフリカに知られる。ミカワタヌキモ フレッシュアイペディアより)

  • ジャコウネズミ

    ジャコウネズミから見たアフリカアフリカ

    東南アジア原産だが、アフリカ東部やミクロネシア等にも人為的に移入している。日本では長崎県、鹿児島県及び南西諸島に分布するが、長崎県及び鹿児島県の個体群は帰化種、南西諸島の個体群は自然分布とされているがはっきりとしていない。ジャコウネズミ フレッシュアイペディアより)

4033件中 41 - 50件表示

「アフリカ」のニューストピックワード