4033件中 51 - 60件表示
  • マカオ料理

    マカオ料理から見たアフリカアフリカ

    マカオ料理(マカオりょうり)は、マカオ特有の郷土料理の一種。主に、広東料理、福建料理など華南の中華料理とポルトガル料理の融合によって成り立った多国籍料理であり、日本、マレーシア、インドなどのアジアの料理を中心に、アフリカを含む本国以外のポルトガル語圏からも大きな影響を受けている。マカオ料理 フレッシュアイペディアより)

  • キリマンジャロの雪

    キリマンジャロの雪から見たアフリカアフリカ

    アフリカのキリマンジャロ山は、別名「神の家(ンガジェガ)」ともよばれている。その頂近くに、不毛の頂上を目指し登り、力尽きて死んだ豹の亡骸があるという。豹が何を求めて頂上を目指したのか、知る者はない。キリマンジャロの雪 フレッシュアイペディアより)

  • トーゴ (夜間戦闘機指揮艦)

    トーゴ (夜間戦闘機指揮艦)から見たアフリカアフリカ

    トーゴ(MS Togo)は、ドイツの商船である。1939年9月の初め第二次世界大戦が勃発した時にアフリカのドゥアラにあるフランスの港に寄港していたが、抑留を避けるために連合国の封鎖を突破して無事にハンブルクへ帰港した。ドイツ海軍に徴発されて「軍艦14号」(Schiff 14)となると1940年4月にノルウェー侵攻に参加、8月にはイギリス本土上陸計画の一環として機雷敷設艦に改装され、その後1941年6月に仮装巡洋艦(Hilfskreuzer)「コロネル」(HSK Coronel)への改装作業が開始された。トーゴ (夜間戦闘機指揮艦) フレッシュアイペディアより)

  • リトル・アインシュタイン

    リトル・アインシュタインから見たアフリカアフリカ

    #36 おんがくで はなそう He Speaks Music アフリカのお面/ベドルジハ・スメタナリトル・アインシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • 人類の知能の進化

    人類の知能の進化から見たアフリカアフリカ

    240万年前までにはホモ・ハビリスが東アフリカに出現した。これは知る限り最初のヒト属であり、初めて石器を作った人々でもある。人類の知能の進化 フレッシュアイペディアより)

  • アレカヤシ

    アレカヤシから見たアフリカアフリカ

    アレカヤシ(学名:Dypsis lutescens、シノニム:Chrysalidocartpus lutescens)は、ヤシ科の植物の一種。別名ヤマドリヤシ、和名はコガネタケヤシ(黄金竹椰子)。原産国はマダガスカル、アフリカ等熱帯雨林気候地区。アレカヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アロースミス (地図製作者)

    ジョン・アロースミス (地図製作者)から見たアフリカアフリカ

    1810年、アロースミスは、おじのアーロン・アロースミス (Aaron Arrowsmith) がロンドンに構えていた地図作製の仕事に加わった。1821年、彼らはハドソン湾会社から得た地図と、アーロン自身の業績を踏まえて、北アメリカの地図を地図を作って出版した。おじアーロンが1823年に死去すると、その事業はその息子たち、同名の息子アーロンとサミュエルのアロースミス兄弟が継承したが、1839年に至り、ジョン・アロースミスが事業を継承する事になった。1834年、ジョン・アロースミスは『ロンドン・アトラス (London Atlas)』を刊行したが、これは当時の同様の地図帳の中では最も出来の良いものであった。この地図帳に、長期にわたって一連の丹念に注意深く作成された地図を加え、特にオーストラリア、アメリカ、アフリカ、インドなどの地図は価値の高いものとなった。1863年、アロースミスは、自らもその設立者のひとりであった王立地理学会から、金メダル(パトロンズ・メダル)を授与された。ジョン・アロースミス (地図製作者) フレッシュアイペディアより)

  • イトグルマ亜科

    イトグルマ亜科から見たアフリカアフリカ

    貝殻は細長く3cm?15cm程度。オーストラリア区近海、アフリカ南部〜東部や南シナ海、カリブ海など、主に暖海の漸深海から深海の砂底に棲息し、管棲ゴカイなどを捕食している。多くの種は突起や刺列などを持ち、水管溝が非常に長い個性的な外観で貝収集の対象として人気があるが、収集対象以外にはほとんど利用されない。外観はアッキガイ科のツノオリイレガイ亜科 Trophoninae の一部にも似ている。20世紀後期まで分類学的な位置が必ずしも定まらず、独立の科とされることも多かったが、1983年にハラセヴィッチ(M.G. Harasewych)という研究者によってオニコブシガイ科の亜科に分類され、以降はこれにならう場合が多い。なおオニコブシガイ科をエゾバイ上科に分類する場合もある。イトグルマ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • 脱植民地化

    脱植民地化から見たアフリカアフリカ

    一方、20世紀、21世紀の「脱植民地化」は、第二次世界大戦以後の、アジアおよびアフリカにおける多くのヨーロッパ諸国の植民地、保護国(従属国)の独立の達成を指すのが通常である。この流れはポストコロニアル理論と呼ばれる文芸批評運動とも連動している。1945年から1960年の間は、1947年のイギリスからのパキスタンとインドの独立をはじめとして、特に活発に脱植民地化が行われた時期であった。脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教の起源

    宗教の起源から見たアフリカアフリカ

    副葬品を取り入れた埋葬儀式は10万年前にアフリカから中東に移住した解剖学的現代人によって発明されたかも知れない。宗教の起源 フレッシュアイペディアより)

4033件中 51 - 60件表示

「アフリカ」のニューストピックワード