3130件中 51 - 60件表示
  • ターザン・シリーズ

    ターザン・シリーズから見たアフリカアフリカ

    アフリカのジャングルなどの未開の地での冒険が多いが、単なる冒険小説の範疇ではなく、SFの範疇に入る作品もある。例えば、ターザン・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ケナフ

    ケナフから見たアフリカアフリカ

    ケナフ (Kenaf, 学名:Hibiscus cannabinus) は、アフリカ原産のアオイ科フヨウ属の植物、またこれから得られる繊維をいう。洋麻、アンバリ麻、ボンベイ麻ともいう。ケナフ フレッシュアイペディアより)

  • ルワンダの経済

    ルワンダの経済から見たアフリカアフリカ

    ルワンダの経済(ルワンダのけいざい)では、アフリカのルワンダ共和国における経済について述べる。ルワンダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 二十世紀の豫言

    二十世紀の豫言から見たアフリカアフリカ

    亞弗利加【アフリカ】の原野に到るも獅子虎鰐魚等の野獸【野獣】を見ること能はず彼等は僅に大都會【都会】の博物館に餘命【余命】を繼【継】ぐべし二十世紀の豫言 フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生シリーズの登場キャラクター

    ドリトル先生シリーズの登場キャラクターから見たアフリカアフリカ

    アフリカの王政国家・ジョリギンキ王国の第一王子。名前は原文において"Bumpo Kahbooboo"の語順であるが、井伏訳では逆転して「カアブウブウ・バンポ」の語順となっている。長身で、類稀な視力と腕力を誇る。西洋人の童話、特に『眠り姫』を愛読していた。ポリネシアの説得で父王に捕らわれていた先生の脱獄を手助けした。『航海記』でポリネシアが話すところではアルビノで肌が白く、足の大きなネグロイドの女性を発見して「彼女こそが探し求めていた眠り姫だ」と言って結婚し、その女性はジョリギンキでバンパァ王太子妃(Crown-Princess BumPAH、ポリネシア曰く「PAH」を強く発音する)として知られている。また、ジョリギンキの王族は一夫多妻の為、バンポには王太子妃を筆頭に合計で6人の夫人がいるとされている。後にオックスフォード大学へ留学するが、靴と代数学は苦手の様子である。クモザル島への航海に同行して以降、しばらく先生の屋敷に投宿していたが先生とスタビンズが月へ行っている間に大学へ復学する旨の置き手紙を残して屋敷を去った。ドリトル先生シリーズの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • アレカヤシ

    アレカヤシから見たアフリカアフリカ

    アレカヤシ(学名:Dypsis lutescens、シノニム:Chrysalidocartpus lutescens)は、ヤシ科の植物の一種。別名ヤマドリヤシ、和名はコガネタケヤシ(黄金竹椰子)。原産国はマダガスカル、アフリカ等熱帯雨林気候地区。アレカヤシ フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教徒による宗教的迫害

    キリスト教徒による宗教的迫害から見たアフリカアフリカ

    大航海時代が訪れると、キリスト教の司祭達は、アフリカやアジア、アメリカ大陸、オーストラリアなどに軍事力を伴った宣教を開始した。ヨーロッパ白人は、全ての先住民を「野蛮人」と断定し、自らの「先進的な」文化やキリスト教を広めて回った。キリスト教徒による宗教的迫害 フレッシュアイペディアより)

  • 郭錠煥

    郭錠煥から見たアフリカアフリカ

    1984年1月2日に自動車事故で17歳で亡くなった文鮮明の次男、文興進(ムン・フンジン、???)がアフリカのジンバブエの男性の信者に憑依したとの噂を現地に調査に行き、本物だと報告(、p192)。郭錠煥 フレッシュアイペディアより)

  • 奴隷海岸

    奴隷海岸から見たアフリカアフリカ

    奴隷海岸(どれいかいがん、Slave Coast)は今日のトーゴ、ベナン、およびナイジェリア西部の海岸地帯のヨーロッパ勢による呼称。ベニン湾に沿った西アフリカの大西洋岸である。16世紀初頭のポルトガルの到来から19世紀初頭の奴隷貿易の公式廃止まで、大西洋岸の全域から多くの黒人奴隷が、で売られ、西欧や新世界(南北アメリカ大陸)へ運ばれる奴隷貿易船に乗せられた。他の黄金海岸及び象牙海岸、胡椒海岸と並び「主要産品」に因んでそう呼ばれた。奴隷海岸 フレッシュアイペディアより)

  • サン=ドマング

    サン=ドマングから見たアフリカアフリカ

    この期間、サン=ドマングは大西洋の奴隷貿易の行き先の大きな割合を占めていた。79万人のアフリカ人奴隷が奴隷貿易を通じてサン=ドマングに売られ、プランテーションで働いていたと推定される(1783年から1791年の大西洋の奴隷貿易の3分の1をハイチ行きが占めた)。1764年から1771年までは毎年の奴隷輸入の平均は10,000人から15,000人の間、1786年ごろまでには毎年平均28,000人、1787年以降は毎年40,000人以上を輸入していた。しかし、労働の厳しさと高い死亡率からコンスタントにアフリカから奴隷を補給しつづけないと人数を維持できない状態であり、植民地支配の終わりごろ、白人支配層は3万2,000人であった一方、黒人奴隷人口は50万人程度に低迷していた。植民地の時期、サン=ドマングの黒人は地元生まれの二世代目以降が少数派でアフリカ生まれの者が多数派であり、奴隷労働が過酷であったために死亡する人口が多く、人口の自然増による拡大が起こる状態ではなかった。 一方で、アフリカ生まれの人口が多かったことが、サン=ドマングにブードゥー教や言語などアフリカ文化の伝統を強く残すこととなった。サン=ドマング フレッシュアイペディアより)

3130件中 51 - 60件表示

「アフリカ」のニューストピックワード