4033件中 61 - 70件表示
  • 病の起源 (NHKスペシャル)

    病の起源 (NHKスペシャル)から見たアフリカアフリカ

    現代人の多くが悩まされる腰痛の原因は人類が二足歩行を始めた事に起因していると考えられてきたが、アフリカで原始的な生活をする人々には腰痛がない事を紹介し腰痛の生じる原因をつきつめていく。農耕で耕作地を耕す作業、収穫物を加工する作業で、かがむ作業が腰に過大な過重をかけて腰骨が劣化することが原因の1つであると紹介。一方で、ストレスが腰部の痛みを感じさせるという研究も取り上げた。病の起源 (NHKスペシャル) フレッシュアイペディアより)

  • バクロニア共和国

    バクロニア共和国から見たアフリカアフリカ

    歴史的にはアフリカに人類が到達した時点から先進的な国であった。欧米諸国がアフリカを次々に植民地化する中、バクロニアだけ巧みにその国土の場所を隠し、独立を保ってきた。国土の位置は未だに不明で謎に包まれているが、アフリカのどこかにあるという説が有力である。また、ソ連の消滅後、旧ソ連国土の一部を割譲したとされている。バクロニア共和国 フレッシュアイペディアより)

  • H&K HK21

    H&K HK21から見たアフリカアフリカ

    H&K HK21は、ドイツのベルト給弾式汎用機関銃である。1961年、ヘッケラー&コッホ(H&K)社がH&K G3を元に開発した。本銃は現在でもアジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国で一線で使用されており、ポルトガルのINDEP社(Indústrias Nacionais de Defesa EP, Defense National Industries Public Corporation, 旧称:Fábrica do Braço de Prata)ではm/968という名称で、メキシコのSEDENA社(Secretariat of National Defense)ではMG21という名称でそれぞれライセンス生産されている。H&K HK21 フレッシュアイペディアより)

  • クロアジモドキ

    クロアジモドキから見たアフリカアフリカ

    クロアジモドキ(学名:Parastromateus niger )はアジ科に属する海水魚であり、クロアジモドキ属 (Parastromateus )を構成する唯一の種である。西日本の一部ではクロマナと呼ばれることもある。現在ではアジ科に属しているが、その分類を巡っては独特な形態のために長らく混乱があった。インド洋、太平洋西部の大陸棚でみられ、その分布域は西はアフリカ東海岸、東は日本やオーストラリア北部まで広がる。中型の種で、全長30cmくらいの個体がよくみられる。肉食魚であり、大きな群れをつくって行動する。漁業の対象として重要な種であり、東南アジアや中東などで刺し網、底引き網などによって漁獲される。食用魚としても美味である。クロアジモドキ フレッシュアイペディアより)

  • ラシャイダ人

    ラシャイダ人から見たアフリカアフリカ

    ラシャイダ人(、)は、アラビア半島、東部アフリカの民族。ラシャイダ人 フレッシュアイペディアより)

  • シロチドリ

    シロチドリから見たアフリカアフリカ

    ユーラシア・アフリカの温帯・熱帯広域に生息する。南北アメリカに生息するのは近縁な別種ユキチドリ である。シロチドリ フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・マイ

    エルンスト・マイから見たアフリカアフリカ

    エルンスト・マイ(Ernst May、1886年7月27日 - 1970年9月11日)は、ドイツ人建築家、都市計画家。住宅地の作家で、ドイツ・ワイマール時代、フランクフルト・アム・マイン市のジードルングを多く手がけ、また1930年代にはソ連の都市計画、その後はアフリカの地に近代主義建築をもたらした人物。エルンスト・マイ フレッシュアイペディアより)

  • Far Cry 2

    Far Cry 2から見たアフリカアフリカ

    2008年、内戦状態にある中部アフリカ某国に傭兵が降り立つ。目的は戦争の元凶である武器商人「ジャッカル」の暗殺。しかし、そこで彼らを待ち受けていたのはジャッカルの罠と蔓延するマラリアだった。果たして主人公はジャッカルを見つけ出し、彼を倒すことができるのか…。Far Cry 2 フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループT (Y染色体)

    ハプログループT (Y染色体)から見たアフリカアフリカ

    ハプログループTは全体に低頻度ながら西アジア、インド、中央アジア、アフリカ、ヨーロッパにみられる。特にアフリカ北東部で高頻度であり、ソマリ人の82%(14/17)、:en:Anteonyの60%(22/37)、フラニ族の18%(3/17)観察された例がある。西アジアにおいてはアルメニア人に12%、アッシリア人に10%など、ヨーロッパでは:en:Marchigianoで100%(2/2)、ギリシャ南東部で33%(2/6)、シチリアに18%(5/28)などである。またカザフやウイグルにもみられ、インドのいくつかの部族で高頻度である。ハプログループT (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • ルワンダの経済

    ルワンダの経済から見たアフリカアフリカ

    ルワンダの経済(ルワンダのけいざい)では、アフリカのルワンダ共和国における経済について述べる。ルワンダの経済 フレッシュアイペディアより)

4033件中 61 - 70件表示

「アフリカ」のニューストピックワード