4033件中 71 - 80件表示
  • ヤム

    ヤムから見たアフリカアフリカ

    アフリカ・熱帯アジア・ラテンアメリカ・西インド諸島にかけての広い地域で主食や根菜として栽培されている。ヤム フレッシュアイペディアより)

  • 二十世紀の豫言

    二十世紀の豫言から見たアフリカアフリカ

    亞弗利加【アフリカ】の原野に到るも獅子虎鰐魚等の野獸【野獣】を見ること能はず彼等は僅に大都會【都会】の博物館に餘命【余命】を繼【継】ぐべし二十世紀の豫言 フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見たアフリカアフリカ

    対流圏のオゾンは成層圏とは異なり、増加していることが分かっている。対流圏の下層においては夏半球で高濃度となり、またアフリカや南米で夏季に行われる野焼きによって大量のオゾン前駆物質が生成され、オゾン濃度が上昇する。オゾンの分圧比は高度20?25km程度で最大となる。また海洋や熱帯雨林よりも都市域の方が濃度が高い。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • イソマツ属

    イソマツ属から見たアフリカアフリカ

    イソマツ属はヨーロッパからシベリア、アジア、アフリカ、オーストラリア、北アメリカなどに広く分布する。そのうちの大部分(100種以上)がカナリア諸島から地中海沿岸、中央アジアにかけて分布している。一方、北アメリカにはたった3種しか分布していない。イソマツ属 フレッシュアイペディアより)

  • レイヨウ

    レイヨウから見たアフリカアフリカ

    ウシ科全体の特徴ではないアンテロープの特徴としては、家畜種が含まれない、主にアフリカに生息する、などがある。レイヨウ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ稲センター

    アフリカ稲センターから見たアフリカアフリカ

    アフリカ稲センター(アフリカいねセンター、)は、イネの品種開発・普及を行うアフリカの国際研究機関。その研究を通して、アフリカの貧困の緩和と食糧安全保障の貢献を行うことを目的として、設立された。通称のWARDAは、旧名である西アフリカ稲開発協会(West Africa Rice Development Association)の略称である。以下、WARDAと表記する。アフリカ稲センター フレッシュアイペディアより)

  • フラミンゴ

    フラミンゴから見たアフリカアフリカ

    アフリカ、南ヨーロッパ、中南米の塩湖や干潟に生息する。塩湖やアルカリ性の湖といった特殊な環境に適応しており、数千羽から百万羽程度の巨大な群れを形成する。フラミンゴ フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティ ファイネストアワー

    コール オブ デューティ ファイネストアワーから見たアフリカアフリカ

    ステージとなるのは歴史的有名な場所で、ロシアのスターリングラードやアフリカ砂漠、オランダやライン川のレマゲン鉄橋など。コール オブ デューティ ファイネストアワー フレッシュアイペディアより)

  • ティラピア

    ティラピアから見たアフリカアフリカ

    原産地はアフリカと中近東であるが、食用にするため世界各地の河川に導入されたため、分布域が著しく拡大している。ティラピア フレッシュアイペディアより)

  • ミソサザイ

    ミソサザイから見たアフリカアフリカ

    ヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジアからロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本にかけてと、北アメリカ西部および東部で繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡る。ミソサザイ フレッシュアイペディアより)

4033件中 71 - 80件表示

「アフリカ」のニューストピックワード