3130件中 71 - 80件表示
  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たアフリカアフリカ

    カーボベルデは大西洋上の島国で、かつてはポルトガル領であった。2005年3月、ポルトガル元大統領マリオ・ソアレスはカーボベルデと加盟協議を開始するようEUに呼びかけ、その中でカーボベルデはアフリカ、ラテンアメリカとEUとの架け橋の役割を果たすと述べている。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • ショットガンハウス

    ショットガンハウスから見たアフリカアフリカ

    ショットガンハウスは、3?5室が一列に配される平面構成となっており、廊下や玄関ホールなどを有しない。ショットガンハウスの語は1903年から存在するが、一般に広まったのは1940年ごろのことであり、表の扉からショットガンを発射すると、その弾は各室の同じ側に設けられたドアを通って住宅を貫通し、裏の扉から外に飛び出すという意味で用いられたものであるといわれている。また別の説によると、ショットガンハウスには使い古された木箱を材料として作られたものが多く、ショットガンの弾丸を入れる木箱もその中で用いられたからだともいわれている。また、ベナン南部のフォン族の言葉で「集まる場所」を意味する「トゥ・ガン」など、アフリカの言葉が転訛したものであるという説もある。ショットガンハウス フレッシュアイペディアより)

  • クライメンイルカ

    クライメンイルカから見たアフリカアフリカ

    クライメンイルカは大西洋に固有である。生息域はまだ完全にはわかっておらず、特に南限は不明な点が多い。温帯から熱帯にかけての暖かく水深の深い海域を好むと推定される。北限はアメリカのニュージャージー州やアフリカのモロッコ辺りである。南限はブラジルのリオデジャネイロ市やアフリカのアンゴラ付近だと考えられている。メキシコ湾において多数の目撃例が報告されているが、地中海での目撃例はない。クライメンイルカ フレッシュアイペディアより)

  • ジャコウネズミ

    ジャコウネズミから見たアフリカアフリカ

    東南アジア原産だが、アフリカ東部やミクロネシア等にも人為的に移入している。日本では長崎県、鹿児島県及び南西諸島に分布するが、長崎県及び鹿児島県の個体群は帰化種、南西諸島の個体群は自然分布とされているがはっきりとしていない。ジャコウネズミ フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・マイ

    エルンスト・マイから見たアフリカアフリカ

    エルンスト・マイ(Ernst May、1886年7月27日 - 1970年9月11日)は、ドイツ人建築家、都市計画家。住宅地の作家で、ドイツ・ワイマール時代、フランクフルト・アムマイン市のジードルンクを多く手がけ、また1930年代にはソ連の都市計画、その後はアフリカの地に近代主義建築をもたらした人物。エルンスト・マイ フレッシュアイペディアより)

  • ハブタエモノアラガイ

    ハブタエモノアラガイから見たアフリカアフリカ

    ハブタエモノアラガイ( 羽二重物洗貝)、学名 Pseudosuccinea columella は、有肺目 モノアラガイ科に分類される1cm前後の淡水生の巻貝の一種。北アメリカ原産だが、20世紀中にヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリアなどに人為的に分布を広げ、日本でも外来種として野外繁殖している。ハブタエモノアラガイ フレッシュアイペディアより)

  • イエガラス

    イエガラスから見たアフリカアフリカ

    旧北区、アフリカに分布する。生息地では留鳥である。元々はインド、中国南東部が分布地で、シンガポールやアフリカの紅海沿岸に生息する個体は、本来の分布地から人為的に移入されたものである。イエガラス フレッシュアイペディアより)

  • ズールー人

    ズールー人から見たアフリカアフリカ

    ズールー人()は、アフリカの民族。ズールー人 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメコウテンシ

    ヒメコウテンシから見たアフリカアフリカ

    ヨーロッパ南部からトルコ、中央アジア、モンゴル、中国北部にかけての地域と、アフリカ東北部から南部で繁殖し、冬季は地中海沿岸、アフリカ、アラビア半島、パキスタン、インド西北部に渡って越冬する。ヒメコウテンシ フレッシュアイペディアより)

  • ウガリ

    ウガリから見たアフリカアフリカ

    ウガリ(スワヒリ語:Ugali)は、穀物の粉を湯で練り上げたアフリカ伝統の食品である。ケニアなどアフリカ東部や南部で主食として広く食されている。ウガリ フレッシュアイペディアより)

3130件中 71 - 80件表示

「アフリカ」のニューストピックワード