4033件中 81 - 90件表示
  • チュニス

    チュニスから見たアフリカアフリカ

    チュニス(Tunis、???? ラテン文字転写 : Tūnis トゥーニス)は、チュニジア共和国の首都であり、同国のチュニス県の県都でもある。また同国の商業・工業の中心地で、アフリカ有数の世界都市である。2014年のシンクタンクの発表によると、世界第81位の都市と評価されている。北アフリカではカイロ、カサブランカに次ぐ第3位である。チュニス フレッシュアイペディアより)

  • クライメンイルカ

    クライメンイルカから見たアフリカアフリカ

    クライメンイルカは大西洋に固有である。生息域はまだ完全にはわかっておらず、特に南限は不明な点が多い。温帯から熱帯にかけての暖かく水深の深い海域を好むと推定される。北限はアメリカのニュージャージー州やアフリカのモロッコ辺りである。南限はブラジルのリオデジャネイロ市やアフリカのアンゴラ付近だと考えられている。メキシコ湾において多数の目撃例が報告されているが、地中海での目撃例はない。クライメンイルカ フレッシュアイペディアより)

  • France 24

    France 24から見たアフリカアフリカ

    主に衛星・ケーブル・地上波デジタル放送網にて放送されているものの、当初の放送エリアはヨーロッパとアフリカ・中近東の他はニューヨークとワシントンの一部に限られるため、数年かけて北中南米・アジア太平洋地域など全世界に放送網を広げてゆく予定である。現在ヨーロッパで5,000万世帯、中近東・アフリカで2,600万世帯が視聴可能。公式サイトは全世界で月あたり300万人以上がアクセスしており、公式サイト以外でもYouTubeやDailymotionなど動画共有サイトでもコンテンツの配信を行っている。France 24 フレッシュアイペディアより)

  • モグラ目

    モグラ目から見たアフリカアフリカ

    無盲腸類は、南米の大部分とオーストラリア・ニューギニア島・南極を除く世界各地に、広く分布している。ソレノドン類は西インド諸島にのみ、テンレック類は西・中部アフリカとマダガスカル・コモロ諸島等の島嶼(とうしょ)部にのみ、また、キンモグラ類は中・南部アフリカにのみ生息している。南米ではただ1属、コミミトガリネズミ類が、コロンビア、ベネズエラとエクアドルに分布しているに過ぎない。モグラ目 フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・ヒッチンズ

    ティモシー・ヒッチンズから見たアフリカアフリカ

    2002年から2003年までは、危機対応チームのチーム長を務めた。その後、2003年から2005年にかけ、外務・英連邦省のアフリカ(赤道地域)部の部長として、アフリカの西部、中央部、東部の国々を担当した。2005年、在フランス英国大使館にて経済部の公使に就任し、2008年まで務めた。その後、本省に戻り、欧州政治担当局長に就任し、ヨーロッパの在外公館を束ねるとともに、欧州連合域外の政策も担った。2010年にはアフリカ担当局長に転じ、イギリスとアフリカの国々との関係を担当した。また、2012年より、外務・英連邦省の幹部委員会に名を連ねている。同年、日本駐箚英国特命全権大使に就任することが決定した。同年12月21日に皇居に参内し、信任状捧呈式を経て正式に着任した。ティモシー・ヒッチンズ フレッシュアイペディアより)

  • 地域研究

    地域研究から見たアフリカアフリカ

    地域研究 (area studies) の発祥は通常アメリカとされる。戦後、冷戦を背景として世界全域への関与を強めたアメリカだったが、モンロー主義の影響などもあって、中南米以外の第三世界についての知見は限定されたものだった。そのため、アメリカの世界戦略を推進するための知識・情報を蓄積する、いわば「地域の物知り」が必要とされるようになった。そのためアメリカは巨費を投じてアジアやアフリカの専門家を育成した。これらの地域は、西洋的な常識が通用しないため、従来の経済学・法学・歴史学といった枠組みでは分析しきれず、人類学や民族学の成果や手法を取り入れた学際的手法を取ることが多かった。その意味では、東洋学や植民地学のアメリカ版ともいえる。地域研究 フレッシュアイペディアより)

  • 本初子午線

    本初子午線から見たアフリカアフリカ

    プトレマイオスは、"Fortunate Isles"と呼ばれたカナリア諸島(西経13 - 18度)などの大西洋の島々を基準とした。アフリカの最西端(西経17.5度)より西に本初子午線を設定することにより、プトレマイオスの地図には負の経度が現れない。プトレマイオスの本初子午線は、ウィンチェスター(およそ西経20度)より西に18度40分の子午線に相当する。このときよく用いられていた経度観測法は、異なる国での月食の観測時間を比較する方法であった(月食は世界中で同時に観測されるため)。本初子午線 フレッシュアイペディアより)

  • UTA

    UTAから見たアフリカアフリカ

    主にフランス本土とアフリカやインド洋上の旧植民地、および日本や東南アジア、ニューカレドニア、タヒチ、オーストラリア、ニュージーランドなど島などを結び、エールフランスに次ぐフランス第二の航空会社だったが、1990年、エールフランスに吸収合併された。UTA フレッシュアイペディアより)

  • ジュウロクササゲ

    ジュウロクササゲから見たアフリカアフリカ

    ジュウロクササゲ(十六大角豆、学名:Vigna unguiculata ver. sesquipedalis)はササゲの一亜種(品種とする説もある)。アフリカ原産のササゲには蔓(つる)が長い蔓性と、蔓なしの矮性の2種類があるが、十六ささげは蔓性である。地域によっては「長ささげ」、「十八ささげ」、「十八豆」、「三尺ささげ」、「ふろう豆」、「ほろ豆」などとも呼ばれ、主に若い莢を食用にする。ジュウロクササゲ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマトシミ属

    ヤマトシミ属から見たアフリカアフリカ

    Ctenolepisma angustiella Silvestri, 1949 (アフリカ)ヤマトシミ属 フレッシュアイペディアより)

4033件中 81 - 90件表示

「アフリカ」のニューストピックワード