アボリジニ ニュース&Wiki etc.

アボリジニ()は、オーストラリア大陸と周辺島嶼(タスマニア島など。ニューギニアやニュージーランドなどは含まない)の先住民である。イギリスを中心とするヨーロッパ人たちによる植民地化の以前からオーストラリア大陸やその周辺諸島に居住していた先住民の子孫たちである。オーストラリア先住民という場合はトレス海峡諸島民を含む。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アボリジニ」のつながり調べ

  • 虹蛇

    虹蛇から見たアボリジニ

    オーストラリア北部に伝わる伝説では、虹の蛇がその体内に隠匿しているあまたの動植物を手に入れるため、人間のシャーマンたちがこの蛇を殺し、地上に動植物を解放したという。また、アボリジニたちは虹の蛇を、西北部からノーザンテリトリーにかけては(Galeru)、ウングル(Ungur)、ウォヌングル(Wonungur)、ウォロンビ(Worombi)、Wonambi、(Wollunqua)、ユルルングル(Yurlunggur)、Julunggul、ランガル(Langal)、ムイト(Muit)、クイーンズランド州においてはイェロ(Yero)、タイパン(Taipan)、南東部においてはミンディ(Mindi)、カーリア(Karia)というようにさまざまな名前で呼んでいた。アボリジニに伝わる「」の伝説では、虹の蛇が地を這った跡が水路や谷や川であり、雨季には空で輝くその姿を見ることができるという。しかし乾季には泥の中で眠っており、もし眠りを邪魔することがあれば、虹の蛇は怒って洪水を起こし村も人々も飲み込んでしまうという。ノーザンテリトリーのカカドゥ国立公園の洞窟で、角を備えた虹蛇を表現した壁画が見つかっていることから、虹蛇への信仰はかなり早い時期から始まっていたと考えられている。(虹蛇 フレッシュアイペディアより)

  • ウィク・ムンカン語

    ウィク・ムンカン語から見たアボリジニ

    ウィク・ムンカン語あるいはウィク=マンカン語(Wik-Mungkan、Wik-Munkan、Wik-Mungkhn)とは、オーストラリアのクイーンズランド州北部、(Aurukun)およびその周辺において話されている、アボリジニのの言語である。(ウィク・ムンカン語 フレッシュアイペディアより)

「アボリジニ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アボリジニ」のニューストピックワード