前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
298件中 1 - 10件表示
  • ヨスー・インディ

    ヨスー・インディから見たアボリジニアボリジニ

    1985年にオーストラリア人のアンドリュー・ベルッティとスチュアート・キャラウェイ、カール・ウィリアムスらによって前身のSwamp Jockeysが結成され、彼らがアーネムランドでコンサートを開催した際、"ヨルング"(北東アーネムランドのアボリジナル)のバンドが彼らのサポートをした。ヨルングのバンドにはウィチヤナ・マリッカ、ミルカイング・マヌガー、ジェフリー・ガルマル・ユノピング、マンダウェイ・ユノピング等がいた。1986年に両バンドは合流して新たなバンド、ヨスー・インディを結成する。 ヨスー・インディはヨルング語で"母と子"を意味する。これは近親者の呼称であり家族に対しての呼びかけに使われる。ヨスー・インディ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たアボリジニアボリジニ

    40000?45000年前(60000年前、更にそれ以前とも言われる)、更新世の何回かの氷河期の結果海面が100?150m下降した更新世末期の、今日より海面が低い時にアボリジニがニューギニア方面からオーストラリアに渡って先住民となったと考えられている。オーストラリア南東のタスマニア島に人類が渡った時期は、同島に存在する最古の人類居住遺跡が形成された時期約38000年前であろうと考えられている。また、その時期はバス海峡に陸橋が形成されたであろう時期と合致する。。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • ウルル

    ウルルから見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアのほぼ中央に位置し、ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュダ国立公園内に存在する。西オーストラリア州にあるマウント・オーガスタスに次いで、世界で二番目に大きな単一の岩石である。『世界の中心』という意味合いで「大地のヘソ」、若しくは、「地球のヘソ」と呼ばれることもある。ウルルとはもともとはアボリジニによる呼称で、1980年代から正式名称として使われ始めた。ウルルはアボリジニの聖地でもある。日本では、2001年に刊行された片山恭一の『世界の中心で、愛をさけぶ』の舞台になったことでファンの間で知られている。ウルル フレッシュアイペディアより)

  • ヨーウィ

    ヨーウィから見たアボリジニアボリジニ

    アボリジニの間ではヨーウィの存在は古くから知られていた。1895年頃までニューサウスウェールズのブルーマウンテン一帯に住んでいた最後のアボリジニの間では「ガバ」と呼ばれていた。ヨーウィ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たアボリジニアボリジニ

    4万年以上前からのアボリジニ、そして1788年からのヨーロッパ人のオーストラリアへの移民は動物相に著しい影響を及ぼした。狩猟、外来種の導入、そして固有種の生息地破壊につながる土地開発は、多数の種の絶滅につながった。いくつかの例ではゴクラクインコ、ブタアシバンディクート、ヒロガオネズミカンガルーが挙げられる。持続可能ではない開発により、未だに多くの種の生存が脅かされている。その動物相の生存に対する脅威に対処するために、オーストラリアは広範囲に及ぶ連邦政府および州政府の法を可決し、多数の保護地域を設けた。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • マボ判決

    マボ判決から見たアボリジニアボリジニ

    トレス海峡諸島に属する東インド諸島は先住民保留地であり、メリアム族が伝統的な生活を送っていた。クイーンズランド州政府は保留地を土地評議会(アボリジニ諸組織を代表して土地利用の協議と仲介を行う)の下に置く決定を下した。この土地所有方法に納得できないとして、メリアム族の社会運動家であるエディ・マボを含む3人が1982年に訴訟を起こした。マボ判決 フレッシュアイペディアより)

  • ゴッシズ・ブラフ

    ゴッシズ・ブラフから見たアボリジニアボリジニ

    この場所はアボリジニ、西アランタ族の聖地であり、彼らはトノララ(Tnorala)と呼んでいる。ゴッシズ・ブラフを含む地がトノララ自然保護区(Tnorala Conservation Reserve)に指定されている。ウルル (エアーズロック)は約200 km南西にある。ゴッシズ・ブラフ フレッシュアイペディアより)

  • あぁ、哀しきイェーガン

    あぁ、哀しきイェーガンから見たアボリジニアボリジニ

    『あぁ、哀しきイェーガン』(Alas Poor Yagan)は、ディーン・オルストン(en)によるオーストラリアの政治漫画作品。新聞『ウエスト・オーストラリアン紙』(The West Australian)1997年9月6日号に掲載された。これは、アボリジニのイェーガンと、その首にまつわるゴタゴタを題材としていた。あぁ、哀しきイェーガン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・フレッチャー・モー

    ジョージ・フレッチャー・モーから見たアボリジニアボリジニ

    ジョージ・フレッチャー・モー(George Fletcher Moore、1798年12月10日 - 1886年12月30日)は、オーストラリア初期の植民者の一人。彼は、「西オーストラリア州初期の支配階級の中心を担った一人」(Cameron, 2000)と評される。彼は数多い遠征と探求を行い、パース地区のアボリジニの言語採取と記録を行った最も早い人物の一人であり、後年『Diary of Ten Years Eventful Life of an Early Settler in Western Australia』を著した。ジョージ・フレッチャー・モー フレッシュアイペディアより)

  • イボンヌ・グーラゴング

    イボンヌ・グーラゴングから見たアボリジニアボリジニ

    イボンヌ・グーラゴング(Evonne Goolagong, 1951年7月31日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州グリフィス出身の女子プロテニス選手。フルネームは Evonne Fay Goolagong Cawley (イボンヌ・フェイ・グーラゴング・コーリー)という。オーストラリア原住民・アボリジニの女子スポーツ選手として活躍した。彼女は「イボンヌ・グーラゴング」の名前で最もよく知られるが、ロジャー・コーリー(Roger Cawley)との結婚後は夫の姓を併用して「イボンヌ・グーラゴング・コーリー」(Evonne Goolagong Cawley)と名乗った。現役生活でシングルス92勝(うちWTAツアー大会は68勝、4大大会総計7勝を含む)、ダブルス11勝を挙げる。身長168cm、体重59kg、右利き。イボンヌ・グーラゴング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
298件中 1 - 10件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード