396件中 91 - 100件表示
  • トニイ・ヒラーマン

    トニイ・ヒラーマンから見たアボリジニアボリジニ

    初期の作品群は、イギリス生まれのオーストラリア人作家のアボリジニを主題としたシリーズ作品から設定を借りていることを認めている。1928年から刊行されているアップフィールドの代表作のシリーズの主人公は、ヨーロッパとアボリジニのハーフのナポレオン・ボナパルト警部(通称:ボニー)で、部族の伝統に深い理解を持っている。彼の人となりはアップフィールド自身がオーストラリアの奥地にいた時に出会ったアボリジニのトラッカー・レオンという人物が基となっている。トニイ・ヒラーマン フレッシュアイペディアより)

  • 動詞句

    動詞句から見たアボリジニアボリジニ

    1980年代の半ばまたは後半頃までは、動詞句を持たない言語も存在すると考えられていた。そういった言語には、と呼ばれる、かなり自由な語順を持つ言語(オーストラリア先住民の諸言語、日本語、ハンガリー語など)や、基本語順がVSO型になっている言語(いくつかのケルト語派言語や大洋州諸語など)が含まれていた。現在は、生成文法の中にも、「全ての言語は動詞句を有する」と考える立場(説など)と、「少なくとも、いくつかの言語は、動詞句という構成素を持たない」と考える立場(語彙機能文法など)がある。動詞句 フレッシュアイペディアより)

  • ユルルングル

    ユルルングルから見たアボリジニアボリジニ

    ユルルングル(Yurlungur)は、オーストラリア南部のアボリジニ、ムルンギンの(Murngin)の人々の神話に登場する銅の体を持つ蛇。聖なる泉「ミルリアナ(Mirrirmina、岩の錦蛇の背中)」に棲む。ユルルングルは、彼の子孫でもある姉妹(WawalagまたはWawilakとして知られる)の姉が泉に経血をこぼしてしまったことで長い眠りから覚める。泉から出るとその勢いで洪水を起こし、ユルルングルはそのまま姉妹とその子供たちを飲み込んだ。その後にヘビが集まり会議が開かれ、ユルルングルは子孫を飲み込んでしまったことを告白し、彼らを吐き出すことを約束した。ユルルングルが彼らをアリ塚に吐き出すと、ユルルングルの魔法のディジュリドゥがひとりでに鳴り響き、アリが姉妹と彼女らの子供を噛み彼らは蘇生する。ユルルングル フレッシュアイペディアより)

  • ミュータント・メッセージ

    ミュータント・メッセージから見たアボリジニアボリジニ

    『ミュータント・メッセージ 族の教え』(Mutant Message Down Under)とはマルロ・モーガンの作品で、当初はノンフィクションとして刊行されたが、虚偽が明らかになり、フィクションとして再刊された。現在は小説としてあつかわれている。アメリカ人である主人公がオーストラリアの先住民アボリジニの一部族「族」との触れ合いを通してスピリチュアルな教えを学ぶ様を描き、著者は「事実と実際の経験にもとづいて書かれた」と主張している。「高貴な野蛮人」の教えとして、ニューエイジにおいてノンフィクションとして人気を博した。しかし、アボリジニによって本書の虚偽性が明らかにされており、現在もアボリジニによる抗議活動が続いている。本書の冒頭に「ウルンジェリ部族の長老の手紙」を掲載しているが、現在これもねつ造であることがわかっている。ミュータント・メッセージ フレッシュアイペディアより)

  • フランクリン=ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園

    フランクリン=ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    この国立公園はユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されたタスマニア原生地域の中心に位置する。公園内は壮大な山頂や、熱帯雨林、深い谷、山峡など変化に富んだ風景を目にすることができる。公園は原生地域内を通る濁りの少ない川、フランクリン川で有名である。過去にフランクリン川上流に、行政官のロビン・グレーが水力発電所・フランクリン・ダムを作る計画を建てたが、これに対してボブ・ブラウン率いるタスマニア原生地域ソサエティー(Tasmanian Wilderness Society)が反対を起こした。ダム建設予定地付近にアボリジニの遺産があり、これが1989年に世界遺産に拡大登録されたことで、この計画は頓挫した。フランクリン=ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ヒリュウシダ属

    ヒリュウシダ属から見たアボリジニアボリジニ

    食用とされるものもあり、ニュージーランドではB. capence の新芽を蒸し焼きとし、オーストラリアのアボリジニはヒリュウシダなどの根茎を食料とした。ヒリュウシダは東南アジアでは虫下しや膀胱炎の薬としても使われた。同様に薬用とされた種が他にも幾つかある。ヒリュウシダ属 フレッシュアイペディアより)

  • ダボ (ニューサウスウェールズ州)

    ダボ (ニューサウスウェールズ州)から見たアボリジニアボリジニ

    最初のヨーロッパ人永住者は1832年にこの土地を獲得し「ダボ」と命名したロバート・ダランティで、当時のオーストラリア植民地で最も裕福な者の一人と記録されている。1824年には許可を得た不法占拠者が大規模な羊と家畜小屋をこの地に立ち上げた。ダランティは1828年に創立したDubbo Stationを1930年代前半から占拠の基板としていた。ダランティによる不法占拠は1836年に彼がこの土地の所有許可を取るまで続いた。ダランティはアボリジニと親和的に接し、彼のパーティは40人のアボリジニを含み、Dubboを含めてアボリジニ式の名前を用いることを支持した。ダンダリマルの邸宅は当時から存在する建造物で、John Maughamが1840年に彼の11000ヘクタールの羊牧場に建てた。この建物は現在もニューサウスウェールズ州西部に最も古い建造物の一つとして存在し、一般に対して公開されている。1846年、複数の入植者がこの地域に定住し始め、政府は裁判所や警察署、留置所をダボ地域に設置した。巡査の居住地が1847年に、木板でできた裁判所と留置所が1848に完成したが、当時この居留地に建てられた施設は、その他に店と宿が1軒ずつのみだった。ダボ (ニューサウスウェールズ州) フレッシュアイペディアより)

  • マウントガンビア

    マウントガンビアから見たアボリジニアボリジニ

    ヨーロッパ人がこの地にやってくる前は、先住民族アボリジニの一種、ボアンジグ族がこの一帯に暮らしていたと言われている。白人がやってくると、彼らはボアンジグ族のことを”ワシの家”と呼ぶようになった。1800年頃、ジェームズ・グラント率いる調査隊が、火山マウントガンビアを発見した。マウントガンビア フレッシュアイペディアより)

  • ウォークアバウト (飲食店チェーン)

    ウォークアバウト (飲食店チェーン)から見たアボリジニアボリジニ

    ウォークアバウト (Walkabout) は、イギリスで展開しているオーストラリアをテーマにしたバー(飲食店)のチェーン。「ウォークアバウト (walkabout)」とは、オーストラリアのアボリジニの少年が通過儀礼として行う徒歩による放浪の旅のことである。ウォークアバウト (飲食店チェーン) フレッシュアイペディアより)

  • ウォークアバウト (通過儀礼)

    ウォークアバウト (通過儀礼)から見たアボリジニアボリジニ

    ウォークアバウト (walkabout) は、オーストラリアの先住民アボリジニの間で行なわれている男性の通過儀礼で、青年期に長い旅に出て、原野での生活を一定期間経験することを指し、その期間は6か月に及ぶこともある。ウォークアバウト (通過儀礼) フレッシュアイペディアより)

396件中 91 - 100件表示