298件中 91 - 100件表示
  • カナナラ (西オーストラリア州)

    カナナラ (西オーストラリア州)から見たアボリジニアボリジニ

    カナナラ(Kuunurra)は、オーストラリア・西オーストラリア州の北東部に位置する町である。キンバリー地域に属し、州都パースから北東に直線距離で約2300km、道のりでは約3200kmになる。西オーストラリア州とノーザンテリトリーとの州境からはわずか40km足らず。人口は約3700人で、その約4分の1がアボリジニである。カナナラという地名は、この地のアボリジニの部族が使う言葉で「大きい川」を意味する「グナヌラン(Gunanurang)」の転訛である。地方行政上は、約80km北西の港町ウィンダムなどとともにウィンダム=イーストキンバリーという地方自治体(シャー)を形成する。カナナラ (西オーストラリア州) フレッシュアイペディアより)

  • 中村亘利

    中村亘利から見たアボリジニアボリジニ

    25歳時にオーストラリアに渡り、アボリジニの民族楽器・ディジュリドゥに触れ感銘を受ける。現地で演奏法を学び、日本に帰国した後もトレーニングを積む。その後天然空洞木無孔笛流初代を名乗り、芸名を「KNOB」と改める。ちなみにKNOBという名の由来は、「DoorをKnockする、自分自身の新たな扉を開ける」という意味から。中村亘利 フレッシュアイペディアより)

  • ボビン・ヘッド

    ボビン・ヘッドから見たアボリジニアボリジニ

    ボビン・ヘッドにはマリーナやピクニック場(ガスバーベキュー設置あり)がある。マリーナにはキオスクがあり、また小型ボートを借りる事が出来る。この地域には、多くの小道や歩道もある。また、アボリジニの彫刻がブッシュウォーキング?トレイルの一部に沿って存在しており観察する事も可能である。その他、地域の歴史の年代記があるマリーナ内側のウォーターフロントに沿っていろいろな発見ができるコースもある。ボビン・ヘッド フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・リオン

    ロバート・リオンから見たアボリジニアボリジニ

    ロバート・リオン(Robert Menli Lyon、1789年 - 没年不詳)は、西オーストラリア開拓者のひとり。彼は植民地におけるアボリジニの権利や福祉を声高に主張した初期の一人である。また彼は、パース周辺のアボリジニ言語の情報を初めて出版した人物でもある。ロバート・リオン フレッシュアイペディアより)

  • スペシャル・ブロードキャスティング・サービス

    スペシャル・ブロードキャスティング・サービスから見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアは移民国家として発展し、国語である英語圏以外の先住民や移民が多い。それらを加味し、英語以外の多言語放送が全体の半数を占めており、法的に定められてもいる。財源は交付金と広告収入。政府交付金を主な収入源としているが、コマーシャルが認められている。スペシャル・ブロードキャスティング・サービス フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・フィリップ

    アーサー・フィリップから見たアボリジニーアボリジニ

    彼はまた先住民アボリジニーのEora族(シドニー周辺に居住した)に対する政策を実施しなければならなかった。彼は住人に対してEora族を公正に扱わなくてはならないと命じ、彼らを殺した者は絞首刑にするとした。彼はBennelongというEora族に力を貸し、後に彼をイギリスに連れて行った。Manlyという海岸で誤解が生じ彼はEora族に背中をやりで突かれたが、使用人に口外しないように言った。その後入植者がEora族を不当に扱っている中で、彼はEora族の信頼をたたえ帰還した。しかし、すぐに天然痘などのヨーロッパ人に持ち込まれた病気によってEora族の人口は急激に減少した。アーサー・フィリップ フレッシュアイペディアより)

  • シティ・オブ・ランドウィック

    シティ・オブ・ランドウィックから見たアボリジニアボリジニ

    区域の南部はボタニー湾に臨み、工業地帯であると同時に、ミッション:インポッシブル2やSBSのTVドラマであるイースト・ウェスト 101(en)の撮影現場で、かつての囚人収容施設であったベア島を抱える。ベア島を含む一帯は、ボタニー・ベイ国立公園に含まれている。また、ベア島を抱えるサバーブラ・ペルーズはシドニーにおいて最大規模のアボリジニ共同体がある。シティ・オブ・ランドウィック フレッシュアイペディアより)

  • ミュニシパリティ・オブ・ウラーラ

    ミュニシパリティ・オブ・ウラーラから見たアボリジニアボリジニ

    ウラーラ(Woollahra)の地名は、アボリジニの言語で、「キャンプ」や「集会所」と言った意味であると考えられている。ミュニシパリティ・オブ・ウラーラ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーウィー

    ヨーウィーから見たアボリジニアボリジニ

    ヨーウィー(Yowie、Yowie-Whowie)は、オーストラリアにおいてアボリジニの伝承に登場する架空の生物である。フーウィー、ウォーウィーとも呼ばれる。ヨーウィー フレッシュアイペディアより)

  • カリキン

    カリキンから見たアボリジニーアボリジニ

    カリキン()類は、植物が燃焼した際の煙に見出される植物成長調節物質の一群である。長年、科学者達は山火事の煙に種子の発芽を刺激する活性があることを知っていた。2004年に、一連のブテノリド類がこの効果に必要であることが発見された。Karrikinという化合物名は、オーストラリア先住民のヌンガー (Noongar) の言葉で、煙を意味する "karrik" に由来する。カリキン類を発見した研究チームの一員であるDavid Nelsonは、西オーストラリア大学の言語学の教授に助言を求め、1830年代にパース地区で初めて記録されたヌンガーの言葉で煙をkarrikと呼ぶことを知った。カリキン フレッシュアイペディアより)

298件中 91 - 100件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード