396件中 111 - 120件表示
  • ウィランドラ湖群地域

    ウィランドラ湖群地域から見たアボリジニアボリジニ

    ウィランドラ湖の周辺はオーストラリア大陸が他の大陸から分離する以前の痕跡をとどめる地帯である。また、3万年前のアボリジニの遺産が残されている文化的な側面も持つ。ウィランドラ湖群地域 フレッシュアイペディアより)

  • カナンダ国立公園

    カナンダ国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    およそ1万年前から、アボリジニのボアンジグ族が住んでいた。カナンダ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 録音

    録音から見たアボリジニアボリジニ

    アボリジニは、話者数が少ない多数の言語を持っている。しかしその部族には迫害や疫病で絶滅したものも多く、各々の部族に固有であった言語文化の解明は困難である。しかし一部部族では当時の民俗学者が現地で録音した記録も残っており、これが言語形態や文化形態の解明に役立っているという。インディアンなどでも古い音声が録音で残っている場合もあり、文字文化をもたなかった民族の、歴史資料的な価値が見出されている。録音 フレッシュアイペディアより)

  • カール・フリードリヒ・フィリップ・フォン・マルティウス

    カール・フリードリヒ・フィリップ・フォン・マルティウスから見たアボリジニアボリジニ

    1820年にヨーロッパに戻ると、ミュンヘン植物園に採用され、ミュンヘン植物標本館(Botanische Staatssammlung München)でも働いた。1826年にミュンヘン大学の植物学の教授となった。ブラジル植物の研究を行い、おおくの記載論文の他に、優れた図版をつけられた、『ブラジルの新種植物』("Nova Genera et Species Plantarum Brasiliensium":1823?1832, 3 vols))や『ブラジルの隠花植物図鑑』( "Icones selectae Plantarum Cryptogamicarum Brasiliensium"1827))などの著書がある。ブラジルの探検のまとめ1823年から1831年に発表された。主著の『ヤシの自然史』("Historia naturalis palmarum":1823?1850))は3巻のフォリオ版の豪華本で、それまで知られていたヤシ類が図とともに解説された 。1840年から『ブラジルの植物』("Flora Brasiliensis")の執筆を初め、この著書はマルティウスの没後もアウグスト・アイヒラー、イグナーツ・ウルバンの編集で出版は続けられた。スピックスの集めたブラジルの動物の研究も行い、ヨーロッパでジャガイモの疫病が発生すると1842年に研究論文を発表した。ブラジルのアボリジニに関する民族学的論文などもある。カール・フリードリヒ・フィリップ・フォン・マルティウス フレッシュアイペディアより)

  • オクサナ・ドムニナ

    オクサナ・ドムニナから見たアボリジニアボリジニ

    2010年の欧州選手権では、オーストラリア先住民アボリジニのダンスの振付を取り入れた演技を披露したが、アボリジニの長老たちからは「重大な文化的冒涜だ」「文化が盗まれた」と批判する声がある。オクサナ・ドムニナ フレッシュアイペディアより)

  • アランダスピス

    アランダスピスから見たアボリジニアボリジニ

    1959年にオーストラリアのアリススプリングスにて発見され、アボリジニの「アランダ族(現在はアランテ族)」の名をとって名づけられた。アランダスピス フレッシュアイペディアより)

  • ディジュリドゥ

    ディジュリドゥから見たアボリジニアボリジニ

    ディジュリドゥ(Didgeridoo, Didjeridu)とは、オーストラリア大陸の先住民アボリジニの金管楽器である。木製ではあるが発音原理から木管ではなく金管楽器に分類される。ディジュリドゥ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの司法制度

    オーストラリアの司法制度から見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアの司法機関と法律の慣習が単一文化的性質であるのはイギリスを起源するためである。現代の国際法の概念、ソフィズム(詭弁)、私有の考えを理由に、イギリスはアボリジニの人々がオーストラリア大陸を法的に所有するには原始的すぎると判断した。イギリスはニューホランド(当時はこの名で知られていた)を、無主地を意味するテラ・ナリアスとして扱うことにした。オーストラリアの司法制度 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年全豪オープン

    1973年全豪オープンから見たアボリジニアボリジニ

    この大会で、沢松和子が日本人女性として史上初の全豪オープン女子4強に進出した。(男子シングルスでは、1932年に佐藤次郎が準決勝まで進出している。)沢松は準決勝で、アボリジニ出身のイボンヌ・グーラゴングに敗れた。1973年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • フレーザー島

    フレーザー島から見たアボリジニアボリジニ

    島の元の名前は原住民(アボリジニ)バッチュラ族による「クガリ」(K'gari)である。クガリはパラダイスを意味する。かつて島内にはバッチュラ族を始めとする600?1000人のアボリジニが住んでいたとされるが、入植者である西洋人がアボリジニを退けたため、20世紀初頭にこのアボリジニ集団は消滅した。現在では観光従事者など100人余りが島内に定住している。フレーザー島 フレッシュアイペディアより)

396件中 111 - 120件表示