396件中 121 - 130件表示
  • リトル・アインシュタイン

    リトル・アインシュタインから見たアボリジニーアボリジニ

    #22 ジョーイの だいジャンプ (※ジョーイとはクインシーが名付けたカンガルーの子供) Jump For Joey オーストラリアのアボリジニーの絵/ジョルジュ・ビゼーリトル・アインシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • アシュレー・モンタギュー

    アシュレー・モンタギューから見たアボリジニアボリジニ

    ロンドン・イーストエンドのユダヤ人街に、イスレイエル・エーレンバーグとして生まれ、のち改名。1922年ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで学び、グラフトン・エリオット・スミス、チャールズ・セリグマンに師事、心理学、人類学を学ぶ。1931年にはロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに学び、ブロニスワフ・マリノフスキに教わる。1931年に米国に帰化、医学生となる。1937年ルース・ベネディクトの指導の下でオーストラリアのアボリジニについての論文でコロンビア大学博士号を取得、1949年ラトガース大学人類学教授。1955年赤狩りのため大学を追われ、一般向けの書籍を執筆し、テレビにも出演した。のちニューヨーク大学教授。アシュレー・モンタギュー フレッシュアイペディアより)

  • ヤガ科

    ヤガ科から見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアのアボリジニはウィッチェティ・グラブ(Witchetty grub)と総称する芋虫のひとつとして食べ、貴重なタンパク源としている。潅木の根元から掘り起こされ、そのまま木を燃やした灰の中に放り込み、蒸し焼きにして食べる。ヤガ科 フレッシュアイペディアより)

  • イピリア

    イピリアから見たアボリジニアボリジニ

    イピリア(Ipiria)は、オーストラリアの先住民アボリジニが崇拝していた精霊である。イピリア フレッシュアイペディアより)

  • グランガチ

    グランガチから見たアボリジニアボリジニ

    グランガチ (Gurangatch) は、オーストラリアの先住民アボリジニの伝説に登場する川や海の精霊の一種。ワニのような姿で、体には魚の鱗があり、頑丈そうな前足と未発達の小さな後足を持つ。グランガチ フレッシュアイペディアより)

  • クーロン国立公園

    クーロン国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    クーロン国立公園(クーロンこくりつこうえん)とは、オーストラリア・南オーストラリア州の南東部に位置する国立公園である。州都アデレードの南東約156km、メルボルンから北西へ600kmに位置する。クーロンの名は、先住民族アボリジニの言葉で砂丘という意味。この公園は、1966年に国立公園に認定された。渡り鳥がたくさん集まってくることで知られている。クーロン国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングール (クレーター)

    ヤングール (クレーター)から見たアボリジニアボリジニ

    ヤングール()は、天王星の衛星アリエルの南極近くのクレーターである、アリエルで既知の最大のクレーター、名前はアボリジニの昼を連れてくる妖精ヤングールに由来する。ヤングール (クレーター) フレッシュアイペディアより)

  • ピルバラ

    ピルバラから見たアボリジニアボリジニ

    ピルバラ地域(Pilbara region)は、オーストラリア・西オーストラリア州を9つに分けた地域区分のうちの1つ。南をガスコイン、中西部地域、ゴールドフィールズ・エスペランス地域に、北東をキンバリー地域に接し、東はノーザンテリトリーとの州境である。北西はインド洋に面する。面積507,896 km?、人口は約40000人で、その大半はポートヘッドランド、カラーサ、ウィッカム、ニューマン、マーブルバーなどの西寄りの地域に住む。ピルバラという地名の語源は、ユール川の支流の1つがアボリジニの言葉で魚のボラを意味する「ピルバラ」川とつけられたことに端を発するという説と、「乾燥」という意味のアボリジニ語「ビリバラ(bilybara)」からなるという説がある。ピルバラ フレッシュアイペディアより)

  • ブルー・マウンテンズ国立公園

    ブルー・マウンテンズ国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    また、園内にはスリー・シスターズと呼ばれる3本の切り立った奇岩(砂岩)が存在する。これは、父の魔法により3姉妹が岩に変えられたというアボリジニの伝説によるもの。第13回アメリカ横断ウルトラクイズ(1989年、日本テレビ系)でも、これを望むエコーポイント展望台にてロケーションが行われた。ブルー・マウンテンズ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 眼窩上隆起

    眼窩上隆起から見たアボリジニアボリジニ

    類人猿の眼窩上隆起は、太く、左右のものが一つながりになって張り出しているが、人類においては、進化と共に左右に分離し、その後、左右個々の隆起も中央部に浅い溝が生じて分割と縮小が始まり、現生人類の段階では外側(側頭部の側)は消失し、内側(鼻に近い方)は弱い隆起が残って眉上弓となる。眉上弓は眼窩上隆起の退化と縮小により形成されたもので、眼窩上隆起そのものではない。現生人類には眼窩上隆起は見られない。オーストラリア原住民など一部の人種では眉の付近が前方に突出し、眼窩上隆起を思わせるが、実際には眉上弓が強く発達したもので、眼窩上隆起ではない。眼窩上隆起 フレッシュアイペディアより)

396件中 121 - 130件表示