396件中 11 - 20件表示
  • パマ・ニュンガン語族

    パマ・ニュンガン語族から見たアボリジニアボリジニ

    パマ=ニュンガン語族は、アボリジニの言語の中で最も広汎な言語で、300言語含まれていると推測される。下位語族はオーストラリア北東部のパマ諸語(Pama languages)と南東部のニュンガン諸語(Nyungan languages)で、「パマ」「ニュンガン」はそれぞれの言語での「人」という意味である。パマ・ニュンガン語族 フレッシュアイペディアより)

  • カンガルー肉

    カンガルー肉から見たアボリジニアボリジニ

    カンガルー肉は、すべて野生のカンガルーを捕獲して生産されている。古くはアボリジニの食糧として捕獲されてきたが、現在はオーストラリア政府の許可を受けた狩猟者によって商業的な捕獲が行われている。ほとんどのカンガルー科の動物は法令によって保護されているが、生息数が増加傾向にあるとされるアカカンガルーやオオカンガルーなどの一部の大型種が商業的な狩猟の対象になっている。こうした野生カンガルーの捕獲は、オーストラリア内外から野生動物保護活動家から非難されている。反面、オーストラリア国内の多くの自然保護団体には、後述するようにカンガルーの利用自体には賛同しているものもある。(是非の議論の詳細はで後述)カンガルー肉 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の政治

    1971年の政治から見たアボリジニアボリジニ

    ラグビー南アフリカ代表のオーストラリア遠征がきっかけとなり、オーストラリア国内でアボリジニ差別に対する意識が高まり、南アフリカとのスポーツ交流断絶につながった。1971年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ヨコフリオウギビタキ

    ヨコフリオウギビタキから見たアボリジニアボリジニ

    ヨコフリオウギビタキは食虫性であり、開けた生息環境のなかで餌を追うことに多くの時間を費やす。英名の wagtail は、地面で採餌する時、水平に尾を振るその習性に由来する。ヨコフリオウギビタキは攻撃的で縄張りを持ち、しばしばワライカワセミやオナガイヌワシのようなはるかに大きな鳥を攻撃する。本種は人為的な景観の改変によく対応し、都市の芝地、公園、庭園によく見かける。本種は各地のアボリジニ(先住民)の伝承において、悪い報せをもたらすものあるいは秘密を盗むものとしてよく登場する。ヨコフリオウギビタキ フレッシュアイペディアより)

  • カカドゥ国立公園

    カカドゥ国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    この公園の名前になっているカカドゥの名前はガグジュと呼ばれるアボリジニの方言の一つである。現在ではこの方言を話す民族集団は消滅したが、この民族集団の子孫は現在でもカカドゥに住んでいる。カカドゥ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 白豪主義

    白豪主義から見たアボリジニアボリジニ

    白豪主義(または白濠主義、はくごうしゅぎ、)とは、オーストラリアにおける白人最優先主義とそれに基づく非白人への排除政策である。狭義では1901年の移住制限法制定から1973年移民法までの政策方針を指す。広義では、先住民族アボリジニやタスマニア州のオーストラロイド系住民やカナカ人などのメラネシア系先住民への迫害や隔離など、オーストラリアにおける人種差別主義の歴史全般を指す。白豪主義 フレッシュアイペディアより)

  • 上橋菜穂子

    上橋菜穂子から見たアボリジニアボリジニ

    大学は史学科だったが、山口昌男『アフリカの神話的世界』でアフリカ神話に衝撃を受け、文化人類学を学び、大学院に進む。高校か大学の頃にパトリシア・ライトソンのアボリジニを題材にしたファンタジー『星に叫ぶ岩ナルガン』(The Nargun and the Stars)に出会い惚れ込む。アボリジニの研究のために訪れたオーストラリアで、インターンシップとして小学校で日本文化を教えたのをはじめに、長年にわたりフィールドワークを行い食事や労働を共にした。この経験は小説の作風にも大きな影響を及ぼしている。大学院まではアニメが大好きで、『伝説巨神イデオン』や『風の谷のナウシカ』などのファンだったが、フィールドワークが忙しくなり観なくなる。上橋菜穂子 フレッシュアイペディアより)

  • トラヴィス・ドッド

    トラヴィス・ドッドから見たアボリジニアボリジニ

    トラヴィス・ドッド(Travis Dodd, 1980年1月6日 - )は、オーストラリア・南オーストラリア州アデレード出身の同国代表のサッカー選手。アボリジニトラヴィス・ドッド フレッシュアイペディアより)

  • カイル・バンダー=カイプ

    カイル・バンダー=カイプから見たアボリジニアボリジニ

    カイル・バーナード・バンダー=カイプ(Kyle Bernard Vander-Kuyp、1971年5月30日 ‐ )は、アボリジニの血を引くオーストラリアの元陸上競技選手。専門は障害走。110mハードルで13秒29、室内60mハードルで7秒73の自己ベストを持つ、両種目のオセアニア記録保持者。110mハードルでは1996年アトランタオリンピックで7位、1995年ヨーテボリ世界選手権で5位、60mハードルでは1995年バルセロナ世界室内選手権で8位の実績を持つ。カイル・バンダー=カイプ フレッシュアイペディアより)

  • キュランダ

    キュランダから見たアボリジニアボリジニ

    キュランダに1万年以上前から暮らすアボリジニのジャブガイ(Djabugay)族は、この地を「カモノハシの土地」を意味する「Ngunbay」と呼んでいた。この地はジャブガイ族にとって重要な狩猟地であり釣り場でもあった。キュランダ フレッシュアイペディアより)

396件中 11 - 20件表示