396件中 21 - 30件表示
  • ダーウィン (ノーザンテリトリー)

    ダーウィン (ノーザンテリトリー)から見たアボリジニアボリジニ

    ダーウィン(Darwin)は、オーストラリア連邦の準州ノーザンテリトリーの州都である。人口は12万5千人(2009年)、オーストラリアでは16位で、準州の総人口の約6割がここに集中している。オーストラリア大陸北側のティモール海沿いに位置する。他の国内主要都市からは離れた位置にある(パースから4042km、首都のキャンベラからは3969km)一方でオーストラリアではアジアに最も近い位置(ジャカルタまで2700km、那覇まで4300km、東京まで5400km程度)にあることから、非常に多文化的な都市となっている。75の民族が見られ、人口の約4分の1がアボリジニなどの原住民である。また、ノーザンテリトリーで唯一の大学であるチャールズ・ダーウィン大学の所在地でもある。ダーウィン (ノーザンテリトリー) フレッシュアイペディアより)

  • イボンヌ・グーラゴング

    イボンヌ・グーラゴングから見たアボリジニアボリジニ

    イボンヌ・グーラゴング(Evonne Goolagong, 1951年7月31日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州グリフィス出身の女子プロテニス選手。フルネームは Evonne Fay Goolagong Cawley (イボンヌ・フェイ・グーラゴング・コーリー)という。オーストラリア原住民・アボリジニの女子スポーツ選手として初の世界メジャー選手。「アボリジニ女性の星」と賞賛された。現役生活でシングルス92勝(うちWTAツアー大会は68勝、4大大会総計7勝を含む)、ダブルス11勝を挙げる。身長168cm、体重59kg、右利き。イボンヌ・グーラゴング フレッシュアイペディアより)

  • 臨死体験

    臨死体験から見たアボリジニアボリジニ

    人類学者ナンディスワラ・テーロは、アボリジニ文化の「ドリームタイム(夢時間)」という概念が、臨死体験に類似していると指摘している。それは人間の精神が死後に赴く場所であり、時間も空間もなく、そこを訪れた者は無限の知識に触れることが出来るという。臨死体験 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・フレッチャー・モー

    ジョージ・フレッチャー・モーから見たアボリジニアボリジニ

    ジョージ・フレッチャー・モー(モア、ムーアなどとも、George Fletcher Moore 、1798年12月10日 - 1886年12月30日)は、オーストラリア初期の植民者の一人。彼は、「西オーストラリア州初期の支配階級の中心を担った一人」(Cameron, 2000)と評される。彼は数多い遠征と探求を行い、パース地区のアボリジニの言語採取と記録を行った最も早い人物の一人であり、後年『Diary of Ten Years Eventful Life of an Early Settler in Western Australia』を著した。ジョージ・フレッチャー・モー フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア (映画)

    オーストラリア (映画)から見たアボリジニアボリジニ

    アボリジニの呪術師キング・ジョージに見守られながら、混血少年ナラたちとの旅が始まる。ようやく到着したダーウィンで牛の売買契約が軍とまとまる。カーニーは牧場を買い取りたいというが、サラは拒否。街でアボリジニ保護のための資金を集めるダンス・パーティが開かれ、サラとドローヴァーは互いに惹かれあう。ナラとの3人の生活が始まるが、感情のすれ違いが起こり、ドローヴァーはサラのもとを去る。キング・ジョージと成人儀式で旅に出ていたナラが警察に捕えられ、サラはダーウィンに向かうが、第二次大戦が勃発。ナラのいるミッション・アイランドは日本軍の最初の攻撃目標で、ドローヴァーはサラとナラを救うために向かう。戦火の中で3人は再会。サラの夫を殺した真犯人の魔の手もキング・ジョージが阻止する。こうして3人は新たな関係へと踏み出していく。オーストラリア (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トムソン

    ドナルド・トムソンから見たオーストラリア先住民アボリジニ

    ドナルド・ファーガソン・トムソン(Donald Fergusson Thomson, OBE、1901年6月26日 ? 1970年5月12日)は、オーストラリアの人類学者、鳥類学者で、カレドン湾危機が「アボリジニとヨーロッパ人の関係史における決定的な出来事」に転じる上で大きな役割を担った。彼は、と友好関係を結んでいたことで知られ、先住民ではないオーストラリア人の中で、オーストラリア先住民の文化や社会に深い理解をもった第一人者であった。ドナルド・トムソン フレッシュアイペディアより)

  • ウルル

    ウルルから見たアボリジニアボリジニ

    ウルル (Uluru) はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩である。ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名()で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロック()も広く知られた名称である。ウルル フレッシュアイペディアより)

  • フットボール

    フットボールから見たアボリジニアボリジニ

    世界の多くの異なる地域の先住民によって行われていた伝統的球技に関しては多数の文献が存在する。例えば、1586年、イングランドの探検家ジョン・デイヴィスに指揮された船の乗組員は、グリーンランドのイヌイット(エスキモー)とある種のフットボールを行うために上陸した。Aqsaqtukと呼ばれる氷上で行われるイヌイットの競技に関する後の報告がある。試合は、2つのチームが平行に並んで向かい合った状態から始まり、選手は相手チームのラインを越えてゴールを狙いボールを蹴る。1610年、ジェームズタウンの入植者は、Pahsahemanと呼ばれるネイティブ・アメリカンの競技ついて記録している。オーストラリア大陸において、オーストラリア先住民のいくつかの部族は、歴史家によって「」と一般化された詰め物をしたボールを用いた蹴りおよび捕球の競技を行っていた。これに関する最も初期の歴史的報告は1878年のの著作「The Aborigines of Victoria」に書かれた逸話である。この本ではリチャード・トーマスと呼ばれる男性が、1841年頃ビクトリア植民地においてアボリジニの人々が球技を行っているのを目撃したと伝えられている: 「トーマス氏は一番前の選手がどのようにポッサムの皮で作られたボールをドロップキックし、その他の選手が捕球するために空中に飛び上がったかを描写した」。一部の歴史家は、「マーン・グルーク」をオーストラリアン・ルールズ・フットボールの起源の一つであると理論付けている。フットボール フレッシュアイペディアより)

  • マボ判決

    マボ判決から見たアボリジニアボリジニ

    トレス海峡諸島に属する東インド諸島は先住民保留地であり、メリアム族が伝統的な生活を送っていた。クイーンズランド州政府は保留地を土地評議会(アボリジニ諸組織を代表して土地利用の協議と仲介を行う)の下に置く決定を下した。この土地所有方法に納得できないとして、メリアム族の社会運動家であるエディ・マボを含む3人が1982年に訴訟を起こした。マボ判決 フレッシュアイペディアより)

  • シドニー

    シドニーから見たアボリジニアボリジニ

    シドニー湾沿岸には少なくとも4万年前からアボリジニが定住していた。シドニー フレッシュアイペディアより)

396件中 21 - 30件表示