298件中 21 - 30件表示
  • カカドゥ国立公園

    カカドゥ国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    この公園の名前になっているカカドゥの名前はガグジュと呼ばれるアボリジニの方言の一つである。現在ではこの方言を話す民族集団は消滅したが、この民族集団の子孫は現在でもカカドゥに住んでいる。カカドゥ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • インディアン

    インディアンから見たアボリジニアボリジニ

    「アメリカのフロンティア」が消滅したのち、白人はインディアン問題を処理すべく、その同化に注力し始める。豪州のアボリジニや日本のアイヌ、極北のエスキモー、中国の少数民族等と同じく、支配民族による同化政策は、北米においても19世紀末から組織的に行われた。代表的なものは、ペンシルベニア州カーライルの「カーライルインディアン工業学校」の創始者であり、校長を務めたリチャード・ヘンリー・プラットによる、「人間を救うためにインディアン(野蛮人)を殺せ」("Kill the Indian to save the Man")という標語に代表される、インディアンの子女を親元から引き離し、「インディアン寄宿学校」に送ってインディアンの文化や言語を禁じ、軍事教練を基本にした指導による、キリスト教や西洋文化の強制学習である。同化政策によって言語をはじめとする地域文化が失われ、生き延びた者も混血化が進み純粋な部族は残り少ない。インディアン フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・フラナガン

    リチャード・フラナガンから見たアボリジニアボリジニ

    長編小説「グールド魚類画帖」によって英語圏をはじめとして世界的な評価を受けている。アボリジニの現状についてのジャーナリスティックな発言でも知られる。リチャード・フラナガン フレッシュアイペディアより)

  • エミリー・カーメ・ウングワレー

    エミリー・カーメ・ウングワレーから見たアボリジニアボリジニ

    エミリー・カーメ・ウングワレー(Emily Kame Kngwarreye、1910年頃-1996年9月2日)は、オーストラリアの画家。アボリジニのアンマチャリー族の管理者でもある。エミリー・カーメ・ウングワレー フレッシュアイペディアより)

  • イェーガンの首の発掘

    イェーガンの首の発掘から見たアボリジニアボリジニ

    イェーガンは、19世紀前半に生きたオーストラリアの先住民族・アボリジニの一派ヌンガー族の戦士だった。彼は、パースに植民地を築いたヨーロッパからの入植者たちに対する抵抗運動の初期に重要な役割を担った。1833年射殺され、切断されたイェーガンの頭部は陸軍中尉ロバート・デールの手でイギリスに運ばれ、博物館に展示された。イェーガンの首の発掘 フレッシュアイペディアより)

  • シティ・キャット

    シティ・キャットから見たアボリジニーアボリジニ

    船名はブリスベンと近郊のアボリジニーの地名に因む。シティ・キャット フレッシュアイペディアより)

  • 山路勝彦

    山路勝彦から見たアボリジニアボリジニ

    主に台湾(先住民族)、オーストラリア(アボリジニーズ)、パプアニューギニアを対象とした社会人類学を研究し、近年は特に、植民地主義と同化政策、エスノ・ナショナリズムの調査を主題としている。山路勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 保苅実

    保苅実から見たアボリジニアボリジニ

    新潟県新潟市出身。新潟大学教育学部附属新潟小学校、新潟大学教育学部附属新潟中学校、新潟県立新潟高等学校、一橋大学経済学部卒業。1996年、一橋大学経済学研究科経済学修士を取得し、オーストラリアへ留学。2001年にオーストラリア国立大学歴史学博士号を取得。1999年から2003年にかけて、オーストラリア国立大学太平洋・アジア研究所および人文学研究所の客員研究員となる。2002年からは日本学術振興会特別研究員として慶應義塾大学に所属する。研究領域は、オーストラリア先住民族、ポストコロニアル研究、オーラル・ヒストリー、多文化主義など。保苅実 フレッシュアイペディアより)

  • ディンゴ・ハイブリッド

    ディンゴ・ハイブリッドから見たアボリジニーアボリジニ

    もともとディンゴは、アボリジニーとともにオーストラリア大陸へ渡ってきて土着化し成り立った非常に古い犬種である。以後ディンゴは長らく純血を保ってきたが、ヨーロッパから植民が開始され、先住民族であるアボリジニーの生活が破壊されたことによりその状況は一変した。海外から持ち込まれた洋犬が逃げ出したり放棄されたことにより野良犬となり、その野良犬とディンゴが交雑する機会が頻発するようになった。そうした異種交配によって誕生したのがディンゴ・ハイブリッドである。ディンゴ・ハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • イルカンジ症候群

    イルカンジ症候群から見たアボリジニアボリジニ

    イルカンジ症候群(イルカンジしょうこうぐん)は、オーストラリア近海に生息するイルカンジクラゲ(Carukia barnesi)に刺されることによって起こる症状の総称。1952年にHugo Fleckerによって、アボリジニのイルカンジ部族にちなんで命名された。イルカンジ症候群 フレッシュアイペディアより)

298件中 21 - 30件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード