396件中 31 - 40件表示
  • インディアン

    インディアンから見たアボリジニアボリジニ

    「アメリカのフロンティア」が消滅したのち、白人はインディアン問題を処理すべく、その同化に注力し始める。オーストラリアのアボリジニや極北のエスキモー、中国の少数民族等と同じく、支配民族による同化政策は、北米においても19世紀末から組織的に行われた。代表的なものは、ペンシルベニア州カーライルの「」の創始者であり、校長を務めたによる、「人間を救うためにインディアン(野蛮人)を殺せ」という標語に代表される、インディアンの子女を親元から引き離し、「インディアン寄宿学校」に送ってインディアンの文化や言語を禁じ、軍事教練を基本にした指導による、キリスト教や西洋文化の強制学習である。同化政策によって言語をはじめとする地域文化が失われ、生き延びた者も混血化が進み純粋な部族は残り少ない。インディアン フレッシュアイペディアより)

  • 割礼

    割礼から見たアボリジニーアボリジニ

    この他、オーストラリアのアボリジニーの間では尿道の下部を切開する「尿道割礼」が、ミクロネシア連邦のポナペ島の住人や南アフリカ共和国からナミビアにかけて居住するホッテントット族の間では片方の睾丸を摘出する「半去勢」が行われていたが、いずれも成年男子への通過儀礼としての儀式として行われており、これらも広義の割礼の一種と見ることが出来る。割礼 フレッシュアイペディアより)

  • 白人至上主義

    白人至上主義から見たアボリジニアボリジニ

    白豪主義と呼ばれる強烈な白人至上主義で知られ、過去には先住民アボリジニに対する虐殺や、第二次世界大戦時における日本軍兵士捕虜に対する虐待やアメリカの黒人部隊の上陸の拒否などで知られる。白人至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫食

    昆虫食から見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアのアボリジニはウィッチェティ・グラブ (Witchetty grub) と総称する芋虫のひとつとして食べ、貴重なタンパク源としている。潅木の根元から掘り起こされ、そのまま木を燃やした灰の中に放り込み、蒸し焼きにして食べる。昆虫食 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・ウィリー

    ウィリー・ウィリーから見たアボリジニアボリジニ

    ウィリー・ウィリー(英語:willy willy)は、塵旋風 (dust devil) のことを表すオーストラリアの先住民アボリジニの言葉である。かつてはオーストラリアの北部や西部に襲来する熱帯低気圧の名称としても使われた。ウィリー・ウィリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・バットマン

    ジョン・バットマンから見たアボリジニアボリジニ

    1835年、ウェスタンポート(ヴィクトリア)の公有地供与申請が却下された後に、ポートフィリップ協会 として、ポートフィリップを探索。地域のアボリジニと土地貸借契約(バットマンの条約Batman's Treaty、別名:Dutigulla Treaty, Dutigulla Deed, Melbourne Treaty, Melbourne Deed)を結ぶ。ジョン・バットマン フレッシュアイペディアより)

  • ビラボン

    ビラボンから見たアボリジニアボリジニ

    ビラボン (Billabong) は、オーストラリア英語で三日月湖、水路にある流れの無い水溜まりを指す。ビラボンは通常小川、河川の流れが変わるところに出来る。オーストラリア先住民の言葉で、"ビラ" (billa) は"小川" (creek)、"ボン" (bong) は"死" (dead) を意味する。ビラボン フレッシュアイペディアより)

  • ザビア・ハーバート

    ザビア・ハーバートから見たアボリジニアボリジニ

    1938年、ダーウィン周辺を舞台としたアボリジニと白人混血児の運命を描いた『キャプリコーニア』(英題:Capricornia)を発表し、作家としてデビューした。この作品は1975年に第二次世界大戦を背景により大きなスケールで描きなおされ、長編小説『かわいそうな私の国』として発表され、国内外に大きな反響を呼んだ。同作品は日本では越智道雄によって翻訳出版され、1983年に日本翻訳出版文化賞を受賞している。ザビア・ハーバート フレッシュアイペディアより)

  • ベネロング・ポイント

    ベネロング・ポイントから見たアボリジニアボリジニ

    1788年に、アーサー・フィリップが、シドニーに上陸した際には、数千年物の間、アボリジニが打ち捨ててきた牡蠣の貝殻が広がっていた。のちに、この貝殻は、モルタルを作るためにヨーロッパから移住してきた囚人の女性が貝殻を収集し、焼いていった。そういったことから、この岬は、「Limeburners' Point」と呼ばれるようになった。もっとも、ここで収集された貝殻の量は、2階建ての総督官邸を作る程度の量であった。ベネロング・ポイント フレッシュアイペディアより)

  • ベネロング・ポイント

    ベネロング・ポイントから見たオーストラリア先住民アボリジニ

    ベネロング・ポイント(Bennelong Point)は、オーストラリア シドニー のオペラハウスが位置する土地の名称。 先住民エオラ人(Eora)はTubowghuleと呼んだ。ベネロング・ポイント フレッシュアイペディアより)

396件中 31 - 40件表示