298件中 31 - 40件表示
  • マウント・クーサ

    マウント・クーサから見たアボリジニアボリジニ

    モートン湾周辺を植民地化する以前、マウント・クーサはアボリジニのターバル族が生活していた。アボリジニは土着のミツバチから捕れるハチミツ(ハチミツはターバル族の言語で‘ku-ta’と呼ばれる)を採集するためにこの山を訪れていた。初期のブリスベンに入植した人々は、山頂部が皆伐された時、一本の大きなユーカリだけが残されたことから、ワン・ツリー・ヒル(One Tree Hill)と呼んでいた。その後、1880年にレクリエーション公園として整備される際に、現地の言語から派生したマウント・クーサという名称がワン・ツリー・ヒルという名称に取って代わった。マウント・クーサ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズクック大学

    ジェームズクック大学から見たアボリジニーアボリジニ

    ヘルス・エデュケーション研究施設をマナイザーに開設したのが始まりで、現在ではMount Isa Centre for Rural and Remote Health (MICRRH) という専門研究施設を設けてヘルスケアにおける学問領域を専門に提供している。遠隔地ケア、先住民アボリジニーへの健康問題などを研究している。研究施設のほかに会議室、コンピュータセンター、ヘルスサービスに関する図書館などを提供している。ジェームズクック大学 フレッシュアイペディアより)

  • パーム島 (クイーンズランド)

    パーム島 (クイーンズランド)から見たアボリジニーアボリジニ

    今日、国内最大のアボリジニー居住地で本土の 42部族からなる 4,000人が住んでいる。彼らはアルコール依存、薬物依存、家庭内虐待 (domestic abuse)、90%の失業率などに苦しんで来た。平均寿命は50歳である(全国平均寿命は約80歳)。パーム島 (クイーンズランド) フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・ウォー

    ブラック・ウォーから見たタスマニアン・アボリジニーアボリジニ

    ブラック・ウォー(Black War)は、ヴァン・ディーメンズ・ラント(今のタスマニア)で1800年代前半に起こったイギリス植民者とタスマニアン・アボリジニーの争いである。タスマニアン・アボリジニーは小島に移住させられ、ほぼ絶滅させられた。ブラック・ウォー フレッシュアイペディアより)

  • マセラティ・ブーメラン

    マセラティ・ブーメランから見たアボリジニアボリジニ

    その名前は、オーストラリアの先住民、アボリジニの伝統的民具であるブーメランから付けられている。マセラティ・ブーメラン フレッシュアイペディアより)

  • 角田太作

    角田太作から見たアボリジニアボリジニ

    角田 太作(つのだ たさく、1946年 - )は、日本の言語学者。群馬県勢多郡赤城村(現・渋川市)出身。専門はオーストラリア先住民の言語、類型論、危機言語。角田太作 フレッシュアイペディアより)

  • ワン・ネイション

    ワン・ネイションから見たアボリジニアボリジニ

    ワン・ネイションはオーストラリア国家の統一の為には一つの民族でなければならないと考えている。アボリジニが白人より優遇されている事を逆差別だと指摘、全ての住民に英語教育を義務付けるべきだと主張した他、アジアからの移民の制限をすべきだと訴えている。経済政策の面では安値の外国製品が入って来る事を拒否、グローバリゼーションにも反対している。ワン・ネイション フレッシュアイペディアより)

  • A・バートラム・チャンドラー

    A・バートラム・チャンドラーから見たアボリジニアボリジニ

    ジョン・グライムズの若いころを描いた短編 "The Mountain Movers" ではオーストラリア人の宇宙冒険家がワルチング・マチルダの節で歌を歌う場面がある。彼らが入植者としてアボリジニのような原住民の住む惑星に入植し、原住民から惑星の支配権を奪い取るという話で、オーストラリアの歴史の暗部を繰り返している。クライマックスで明かされるように、この類似は偶然ではない。A・バートラム・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ターナー

    ジョージ・ターナーから見たアボリジニアボリジニ

    ターナーのSF作品は、極めて詳細な外挿と道徳や社会問題への常に真剣なアプローチが特徴である。例えば、Drowning Towers や Genetic Soldier といった小説では、地球温暖化の未来の成り行きを鬱々と描いている。Drowning Towers はアーサー・C・クラーク賞を受賞している。その作品の多くはオーストラリア人気質に溢れ、時にはアボリジニを描くこともある。SF作家としてのスタートは遅かったが、亡くなる直前ごろにはオーストラリアSF界を代表する人物となっていた。ジョージ・ターナー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・バットマン

    ジョン・バットマンから見たアボリジニアボリジニ

    1835年、ウェスタンポート(ヴィクトリア)の公有地供与申請が却下された後に、ポートフィリップ協会 として、ポートフィリップを探索。地域のアボリジニと土地貸借契約(バットマンの条約Batman's Treaty、別名:Dutigulla Treaty, Dutigulla Deed, Melbourne Treaty, Melbourne Deed)を結ぶ。ジョン・バットマン フレッシュアイペディアより)

298件中 31 - 40件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード