298件中 41 - 50件表示
  • ウーメラ

    ウーメラから見たアボリジニアボリジニ

    「ウーメラ」はアボリジニの地名に由来する。1999年から2003年までウーメラ移住受付処理センターという亡命希望者と難民を収容する施設があり、物議を醸した。ウーメラ フレッシュアイペディアより)

  • ザビア・ハーバート

    ザビア・ハーバートから見たアボリジニアボリジニ

    1938年、ダーウィン周辺を舞台としたアボリジニと白人混血児の運命を描いた『キャプリコーニア』(英題:Capricornia)を発表し、作家としてデビューした。この作品は1975年に第二次世界大戦を背景により大きなスケールで描きなおされ、長編小説『かわいそうな私の国』として発表され、国内外に大きな反響を呼んだ。同作品は日本では越智道雄によって翻訳出版され、1983年に日本翻訳出版文化賞を受賞している。ザビア・ハーバート フレッシュアイペディアより)

  • The Dreaming

    The Dreamingから見たアボリジニアボリジニ

    次第に体調を崩し異様な言動をとるようになるアンバー。ジーニーは学園に隠された秘密を探り始める。教頭の私室の奥に隠されたヴィクトリア朝のドレスと色褪せた双子の写真、そして斧。グリニッジ学園の前身である「メリウェザー女学園」時代に起こった少女達の失踪事件。11年前の女子学生の失踪事件。深い森に潜むというアボリジニの神。そして豪雨により外界と切り離された学園には、次々と異様な事件が起こる。ジーニーはついに開かずの間に侵入するが……。The Dreaming フレッシュアイペディアより)

  • 循環呼吸

    循環呼吸から見たアボリジニアボリジニ

    循環呼吸(じゅんかんこきゅう)は、管楽器の奏法の一つである。呼吸の間も絶え間なく口から空気を吐き出すことによって息継ぎの無音時間をなくす演奏技法である。循環呼吸は、クラシック音楽では特殊奏法とされるが、民族音楽においては北アフリカから中近東、アジア全域に見られ、特にオーストラリアのアボリジニがディジュリドゥを循環呼吸で演奏するのはよく知られている。また、ジャズ奏者には、クラシック奏者よりも循環呼吸を用いる者が多い。現代音楽はそれを想定して作られた作品も多く、徐々に演奏可能な奏者が増えてきている。循環呼吸 フレッシュアイペディアより)

  • イピリア

    イピリアから見たアボリジニアボリジニ

    イピリア(Ipiria)は、オーストラリアの先住民アボリジニが崇拝していた精霊。イピリア フレッシュアイペディアより)

  • グランガチ

    グランガチから見たアボリジニアボリジニ

    グランガチ(Gurangatch)は、オーストラリアの先住民アボリジニの伝説に登場する川や海の精霊の一種。ワニのような姿で、体には魚の鱗があり、頑丈そうな前足と未発達の小さな後足を持つ。グランガチ フレッシュアイペディアより)

  • エインガナ

    エインガナから見たアボリジニアボリジニ

    エインガナ(Eingana)は、オーストラリアのアボリジニに伝わる虹蛇の一種。エインガナ フレッシュアイペディアより)

  • ユルルングル

    ユルルングルから見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアのアボリジニの神話に登場する、銅の体を持つ虹蛇。ユルルングル フレッシュアイペディアより)

  • 日豪ウラン資源開発

    日豪ウラン資源開発から見たアボリジニアボリジニ

    輸入元のウラン鉱山は、カカドゥ国立公園内にあり、先住民アボリジニの土地であることから、オーストラリアや日本で、開発に懸念・批判がされてきた。日豪ウラン資源開発 フレッシュアイペディアより)

  • シドニー平和賞

    シドニー平和賞から見たアボリジニアボリジニ

    2008年 - パトリック・ドッドソン - アボリジニの社会運動家シドニー平和賞 フレッシュアイペディアより)

298件中 41 - 50件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード