396件中 51 - 60件表示
  • The Dreaming

    The Dreamingから見たアボリジニアボリジニ

    次第に体調を崩し異様な言動をとるようになるアンバー。ジーニーは学園に隠された秘密を探り始める。教頭の私室の奥に隠されたヴィクトリア朝のドレスと色褪せた双子の写真、そして斧。グリニッジ学園の前身である「メリウェザー女学園」時代に起こった少女達の失踪事件。11年前の女子学生の失踪事件。深い森に潜むというアボリジニの神。そして豪雨により外界と切り離された学園には、次々と異様な事件が起こる。ジーニーはついに開かずの間に侵入するが……。The Dreaming フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ターナー (小説家)

    ジョージ・ターナー (小説家)から見たアボリジニアボリジニ

    ターナーのSF作品は、極めて詳細な外挿と道徳や社会問題への常に真剣なアプローチが特徴である。例えば、Drowning Towers や Genetic Soldier といった小説では、地球温暖化の未来の成り行きを鬱々と描いている。Drowning Towers はアーサー・C・クラーク賞を受賞している。その作品の多くはオーストラリア人気質に溢れ、時にはアボリジニを描くこともある。SF作家としてのスタートは遅かったが、亡くなる直前ごろにはオーストラリアSF界を代表する人物となっていた。ジョージ・ターナー (小説家) フレッシュアイペディアより)

  • 日豪ウラン資源開発

    日豪ウラン資源開発から見たアボリジニアボリジニ

    輸入元のウラン鉱山は、カカドゥ国立公園内にあり、先住民アボリジニの土地であることから、オーストラリアや日本で、開発に懸念・批判がされてきた。日豪ウラン資源開発 フレッシュアイペディアより)

  • ゴスフォード

    ゴスフォードから見たアボリジニアボリジニ

    ヨーロッパ人の入植以前、この地域にはカリンガイ(Guringai)部族をはじめとしたアボリジニが居住していた。1788年、ニューサウスウェールズ州初代総督アーサー・フィリップがヨーロッパ人として初めてこの地を訪れた。入植がはじまったのは1823年のことで、1839年に当時の総督であったジョージ・ギプスによりゴスフォードの地名が与えられた。ギプスの友人であった第2代ゴスフォード伯アーチボルド・アチソンにちなむとされる。1889年にはシドニーへの鉄道が開通し、1930年にはパシフィック・ハイウェイがゴスフォードまで開通した。ゴスフォード フレッシュアイペディアより)

  • ヤブツカツクリ

    ヤブツカツクリから見たアボリジニアボリジニ

    養卵は抱卵でなく、腐葉で作成する巨大な塚に卵を埋め、発酵熱で温める。塚は通常5-6月にオスが作り始め、直径4m、高さ1-2mにもなる。繁殖期は主に9-3月であり、メスは塚の中に通常15-27個、最大で50個の卵を産む。その後、オスがくちばしで温度を測り腐葉を加減して、塚の温度を33-38度になるよう管理する。しかし、その間、親鳥はずっとつきっきりで塚の管理をしているわけではない。時にはディンゴやオオトカゲの餌になってしまう。またアボリジニが食べることもある。卵は約7週間後に孵化し、幼鳥は自力で腐葉土を掘り起こしながら、塚の外に出てくる。幼鳥は生まれた時から一羽で生活することができ、自分で餌を探す。ヤブツカツクリ フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン・エスキモー・ドッグ

    カナディアン・エスキモー・ドッグから見たアボリジニアボリジニ

    ディンゴ - 本来のアボリジニ名は「ワリガル」。ディンゴという名はアボリジニがヨーロッパからの輸入犬を罵倒して呼んだ名前に因む。カナディアン・エスキモー・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • カイリー

    カイリーから見たアボリジニアボリジニ

    カイリー (kylie) - ブーメランに似るがまっすぐ飛び戻ってこないアボリジニの武器。カーリ(karli)とも。カイリー フレッシュアイペディアより)

  • スペシャル・ブロードキャスティング・サービス

    スペシャル・ブロードキャスティング・サービスから見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアは移民国家として発展し、国語である英語圏以外の先住民や移民が多い。それらを加味し、英語以外の多言語放送が全体の半数を占めており、法的に定められてもいる。財源は交付金と広告収入。政府交付金を主な収入源としているが、コマーシャルが認められている。スペシャル・ブロードキャスティング・サービス フレッシュアイペディアより)

  • コッカトゥー島 (ニューサウスウェールズ州)

    コッカトゥー島 (ニューサウスウェールズ州)から見たアボリジニーアボリジニ

    ヨーロッパ人が到来する以前のコッカトゥー島は、おそらく、シドニー湾沿岸に住むアボリジニーが使っていたものと思われる。コッカトゥー島 (ニューサウスウェールズ州) フレッシュアイペディアより)

  • イラワラプラム

    イラワラプラムから見たアボリジニアボリジニ

    果実は松やにのにおいがあるものの甘く、食用となる。古くからアボリジニが食用とし、また現在でもジャムや調味料として使用される。また、材質もよく、建材や家具、ボート用材として使用されている。観賞用として庭木にも使われ、高級郊外住宅地であるシドニー郊外のチャッツウッドなどで見かけることができる。イラワラプラム フレッシュアイペディアより)

396件中 51 - 60件表示