298件中 61 - 70件表示
  • ビラボン

    ビラボンから見たアボリジニアボリジニ

    ビラボン (Billabong) は、オーストラリア英語で三日月湖、水路にある流れの無い水溜まりを指す。ビラボンは通常小川、河川の流れが変わるところに出来る。オーストラリア先住民の言葉で、"ビラ" (billa) は"小川" (creek)、"ボン" (bong) は"死" (dead) を意味する。ビラボン フレッシュアイペディアより)

  • 瘢痕文身

    瘢痕文身から見たアボリジニアボリジニ

    瘢痕文身(はんこんぶんしん、Cicatrization)は、身体装飾の一種で、皮膚に切れ込みや焼灼を行った際に形成されるケロイドを利用して文様を描く慣習のことである。色料を用いる場合は刺痕文身と称し、区分される。瘢痕文身の慣習は、ネグリト、メラネシア人、アボリジニ、インディオなどの肌の色の濃い民族の間で見られる。瘢痕文身 フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュ・タッカー

    ブッシュ・タッカーから見たアボリジニアボリジニ

    ブッシュ・タッカー(英語:bush tucker)とはオーストラリアの先住民族アボリジニに伝統的に利用されてきた同国原産の動植物のことを指す。ブッシュフード(bushfood)とも呼ばれる。ブッシュ・タッカー フレッシュアイペディアより)

  • 1973年全豪オープン

    1973年全豪オープンから見たアボリジニアボリジニ

    この大会で、沢松和子が日本人女性として史上初の全豪オープン女子4強に進出した。(男子シングルスでは、1932年に佐藤次郎が準決勝まで進出している。)沢松は準決勝で、アボリジニ出身のイボンヌ・グーラゴングに敗れた。1973年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • トラヴィス

    トラヴィスから見たアボリジニアボリジニ

    トラヴィス・ドッド - オーストラリア・アデレード出身の元同国代表でアボリジニのサッカー選手。トラヴィス フレッシュアイペディアより)

  • ポートピリー

    ポートピリーから見たアボリジニアボリジニ

    アボリジニ Nuguna 族には Tarparrie として知られる地域であった。1802年にはマシュー・フリンダース(Matthew Flinders)によってこの地域が探検された。1845年に南オーストラリア会社のジョン・ピリー(John Pirie)がこの場所から船でポートリンカーンに向けて羊を運んだことから、ポートピリーと呼ばれるようになった。1840年代後半から入植が始まったが、そのペースはゆっくりで独立した自治体(Municipality)を宣言するのは1876年になってからである。ポートピリー フレッシュアイペディアより)

  • フリーマントル刑務所

    フリーマントル刑務所から見たアボリジニーアボリジニ

    また、作者不明のアボリジニーによる絵画もフリーマントル刑務所の独房に残されている。フリーマントル刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 治安判事

    治安判事から見たアボリジニアボリジニ

    裁判官の中には、通常は遠方のアボリジニの地域で、治安判事(治安判事裁判所の判事)に任命される者もいた。これは、もし裁判官がいなければ有給の治安判事に負わせることになる職務の多くを行わせるためである。治安判事 フレッシュアイペディアより)

  • エスカッシャン (紋章学)

    エスカッシャン (紋章学)から見たアボリジニアボリジニ

    エスカッシャンという言葉は、しばしば紋章が描かれるシールドのような形を指すこともある。エスカッシャンの形は、戦闘において騎士により用いられた中世の盾に基づく。盾は戦闘用の道具であり、この形は男性だけにふさわしいものと考えられていたため、慣習的に女性はロズンジ (lozenge) と呼ばれる菱形の紋章又はダイヤモンド形の紋章を用いた。一方で、戦闘に参加しない聖職者はカルトゥーシュ又はオーバル(卵形)の紋章を用いた。上記以外にも、カナダ紋章院 (Canadian Heraldic Authority) がアボリジニを祖先とするカナダ人に与える紋章によく用いる小円形(ラウンデル)のような他の形も可能である。エスカッシャン (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • 小山修三

    小山修三から見たアボリジニアボリジニ

    国立民族学博物館助教授・教授を歴任し、2002年3月定年退官。2004年6月吹田市立博物館館長就任(2012年5月に退任)。オーストラリア・アボリジニを中心にフィールドワークを進めた著書や縄文時代に関する研究の著書に評価が高い。吹田市立博物館では特別展の企画運営を中心に市民参加を積極的に進め、2006年春の「千里ニュータウン展」、2007年秋の「'07EXPO'70?わたしと万博」は多数の来館者を集め、市民企画の新しい博物館のあり方を示した。飾らない人柄で吹田市民からは「カンチョー」と呼ばれ親しまれた。自らは「すいはく(吹田市立博物館)のトム・クルーズ」を名乗ることがある。小山修三 フレッシュアイペディアより)

298件中 61 - 70件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード