396件中 71 - 80件表示
  • ウォガウォガ

    ウォガウォガから見たアボリジニアボリジニ

    街の名前はアボリジニの言葉に由来し、ウォガは烏で多くの烏を意味する。地元の人は単に「ウォガ」という。もともとアボリジニのウィラージューリーの居住地だったが1832年にロバート・ベストがこの地に牧場を開墾した。これをきっかけに街は発達し1849年にタウンとして正式に公示された。オーストラリアの内陸の都市として最大であり、シドニーとメルボルンのほぼ中間点にすることからこの両都市が首都移転でもめた時に首都候補として浮上したこともあった。ウォガウォガ フレッシュアイペディアより)

  • イェーガンの首の発掘

    イェーガンの首の発掘から見たアボリジニアボリジニ

    イェーガンは、19世紀前半に生きたオーストラリアの先住民族・アボリジニの一派ヌンガー族の戦士だった。彼は、パースに植民地を築いたヨーロッパからの入植者たちに対する抵抗運動の初期に重要な役割を担った。1833年射殺され、切断されたイェーガンの頭部は陸軍中尉ロバート・デールの手でイギリスに運ばれ、博物館に展示された。イェーガンの首の発掘 フレッシュアイペディアより)

  • ボビン・ヘッド

    ボビン・ヘッドから見たアボリジニアボリジニ

    ボビン・ヘッドにはマリーナやピクニック場(ガスバーベキュー設置あり)がある。マリーナにはキオスクがあり、また小型ボートを借りる事が出来る。この地域には、多くの小道や歩道もある。また、アボリジニの彫刻がブッシュウォーキング?トレイルの一部に沿って存在しており観察する事も可能である。その他、地域の歴史の年代記があるマリーナ内側のウォーターフロントに沿っていろいろな発見ができるコースもある。ボビン・ヘッド フレッシュアイペディアより)

  • ミルデューラ (ビクトリア州)

    ミルデューラ (ビクトリア州)から見たアボリジニアボリジニ

    古来、多くのアボリジニが食料の豊富なこの地に住んでいた。幾人かのヨーロッパ人もその豊かさに気づき、ヒツジの放牧地として利用するようになるとともに牧場をアボリジニの言葉にちなみミルデューラと名付けた。「赤い土地」、あるいは「不快な目」(この地域ではハエが非常に多く、しばしば目の周りにまとわりつく)という意味である。1877年から1884年にかけての旱魃を受け、当時ビクトリア州政府において公共工事担当大臣および水資源供給委員会の議長であったアルフレッド・ディーキンはアメリカ合衆国に渡りカリフォルニア州の灌漑地域を視察し、カナダ人技師であるジョージ・チャフィとウィリアム・チャフィの兄弟に出会った。1886年、チャフィ兄弟はオーストラリアに渡り、ビクトリア州政府と総額30万ポンド以上・20年がかりでビクトリア州北西部において永続的な開発を手掛けるという契約を結び、当地近郊で放棄されていた牧場跡周辺を灌漑用地に選んだ。政治的な論争に巻き込まれた末、1887年に灌漑計画が実行に移された。用地の大半を占めていた牧場跡にちなみ、ミルデューラという牧場名がそのまま地名となった。ミルデューラ (ビクトリア州) フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア連合教会

    オーストラリア連合教会から見たアボリジニアボリジニ

    おおむねリベラル左派として認識されている。1980年代からセクシュアリティによる区別を廃止する方向で改革が進められ、今ではゲイやレズビアンも牧師として叙任されている。また、アボリジニや他国からの難民を擁護する姿勢も打ち出している。オーストラリア連合教会 フレッシュアイペディアより)

  • マリー (南オーストラリア州)

    マリー (南オーストラリア州)から見たアボリジニアボリジニ

    マリーには、オーストラリアで最初のモスクであるマリー・モスク (Marree Mosque) があるが、これは町が開設された当時に雇われていたアフガン (Afghan) と称されるラクダのキャラバンのラクダ使いたちが、泥レンガ (mudbrick) を積んで築いたものである。一時期には、マリーの町にはヨーロッパ人の町とアフガンやアボリジニたちの町の2つに分断されていた。マリー (南オーストラリア州) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・デール

    ロバート・デールから見たアボリジニアボリジニ

    1832年にデールは中尉に昇進したが、翌年イギリスに帰国した。その際、彼はアボリジニヌンガー族の戦士で、移民者に射殺されたイェーガンの首を持ち帰った。デールはリヴァプールに落ちついた。親戚の材木貿易に加わった彼は、後に西オーストラリアからジャラ (en) 材を輸入し、普及に努めた。1853年、デールは結核が原因で亡くなった。ロバート・デール フレッシュアイペディアより)

  • グリンジ

    グリンジから見たオーストラリア先住民アボリジニ

    グリンジ(Gurindji)はオーストラリア先住民の1民族をさす。オーストラリア北部のノーザンテリトリーを中心に住み、狩猟採集生活を営んでいた。言語は。ビクトリア・リバーの最上流にあるグリンジ・カントリーには、ダグラグとカルカリンギの二つの村があり、自治が行なわれている。グリンジ フレッシュアイペディアより)

  • 英国聖公会宣教協会

    英国聖公会宣教協会から見たアボリジニアボリジニ

    イギリスのCMSが1825年からアボリジニへの宣教を目的としてシドニーで活動を始め、1830年にはウェリントンバレー伝道団を設立した。1842年までに3人のアボリジニが改宗したが、CMSはここでは挫折した。CMはオーストラリアでは養成を主にし、オーストラリア出身の最初の宣教師ヘレン・フィリップが1888年にセイロンへ派遣された。英国聖公会宣教協会 フレッシュアイペディアより)

  • エミリー・カーメ・ウングワレー

    エミリー・カーメ・ウングワレーから見たアボリジニアボリジニ

    エミリー・カーメ・ウングワレー(Emily Kame Kngwarreye、1910年頃-1996年9月2日)は、オーストラリアの画家。アボリジニのアンマチャリー族の管理者でもある。エミリー・カーメ・ウングワレー フレッシュアイペディアより)

396件中 71 - 80件表示