298件中 71 - 80件表示
  • ファー・ノース・クイーンズランド

    ファー・ノース・クイーンズランドから見たアボリジニアボリジニ

    政府機関によってしばしば異なった定義を持つ。クイーンズランド政府計画部は10の地方統治区域および2カ所のアボリジニ居住地域を定義している。オーストラリア統計局では、ヨーク岬半島(南西地区を除くカーペンタリア湾の北部地域)とトレス海峡諸島の大部分を含み、ヒンチンブルック島とカードウェルの南部までをファー・ノース・クイーンズランド地域と定義しているが、しかしタウンズビルはこの地域に含まれない。また、これより大きい定義が他の州政府によって使用されており、クック、クロイドン、Ethridge、及びアボリジニ居住区であるアラクーン、ロックハート・リバー及びトレス諸島の地方自治体が含まれ、この場合、総面積は272,655.2 km2である。ファー・ノース・クイーンズランド フレッシュアイペディアより)

  • スワン川

    スワン川から見たアボリジニーアボリジニ

    原住民のヌーンガー人は、ダーリング崖がワギルの体であると考えた。ワギルとはアボリジニーの神話に出てくる蛇のような生物だが、地面を曲がりくねりながら川や水路、湖を創ったとされていて、スワン川もワギルが創ったと考えられているのである。スワン川 フレッシュアイペディアより)

  • ストラスドゥーン・ディンゴ・キラー

    ストラスドゥーン・ディンゴ・キラーから見たアボリジニーアボリジニ

    そのようなこともあり、今日では非常に希少な犬種となっている。その使役は他種のイエイヌの愛好家やアボリジニー、ディンゴの愛好家などがら強く忌まれているが、ストラスドゥーン自体は家庭犬として優れた素質があり、生存しているものの多くはペットとして飼育されている。一部の犬は今日でも猟犬として使われているが、ディンゴではなく食用のカンガルーを狩るのに使われている。ストラスドゥーン・ディンゴ・キラー フレッシュアイペディアより)

  • クイーンズランド州の地域

    クイーンズランド州の地域から見たアボリジニアボリジニ

    地域全体の人口は35,779人(州の総人口の1%以下)で、そのうち28.1%はアボリジニである。地域の経済はマウントアイザで採掘される亜鉛、銅、銀、鉛に大きく依存しており、次いで家畜の放牧が重要な位置を占めている。地域の総面積は308,098km?である。クイーンズランド州の地域 フレッシュアイペディアより)

  • グンディウィンディ

    グンディウィンディから見たアボリジニアボリジニ

    グンディウィンディ(Goondiwindi)という名は、アボリジニの言葉で"鳥が休息する場所" の意から来ている。グンディウィンディ フレッシュアイペディアより)

  • 金森マユ

    金森マユから見たアボリジニアボリジニ

    ハート・オブ・ジャーニー The Heart of the Journey  アボリジニと日本人の間に生まれたルーシー・ダンを追ったドキュメンタリー。350枚を超える写真と「声」「音」で綴るスライド&サウンド・ドキュメンタリー。アボリジニとして育った女性ルーシー・ダンは、父が日本人であると知らされ、金森マユと共に父親探しの旅にでる。南オーストラリアの美しい海岸から、和歌山県で彼女の父親に会うまでの旅をつづる。虐げられた歴史を持つアボリジニの「個人的」な和解を描いた実話。アデレード・フリンジ・フェスティバル、芸術見本市2002で上演された。日本では2003年3月6日(木)?3月8日(土)に、渋谷シアター・イメージフォーラムで上演された。金森マユ フレッシュアイペディアより)

  • トニイ・ヒラーマン

    トニイ・ヒラーマンから見たアボリジニアボリジニ

    初期の作品群は、イギリス生まれのオーストラリア人作家のアボリジニを主題としたシリーズ作品から設定を借りていることを認めている。1928年から刊行されているアップフィールドの代表作のシリーズの主人公は、ヨーロッパとアボリジニのハーフのナポレオン・ボナパルト警部(通称:ボニー)で、部族の伝統に深い理解を持っている。彼の人となりはアップフィールド自身がオーストラリアの奥地にいた時に出会ったアボリジニのトラッカー・レオンという人物が基となっている。トニイ・ヒラーマン フレッシュアイペディアより)

  • アーネムランド

    アーネムランドから見たアボリジニアボリジニ

    ダーウィンの町からカーペンタリア湾にかけての地域を指すが、行政的にアボリジニの居住区でもあるアーネムランド地方を指す場合はカカドゥ国立公園より東となる。北東部にはアーネム岬があり、その近隣のゴーブではボーキサイトが産出される。気候は熱帯のサバナ気候であり、雨季と乾季がある。乾季の気温は摂氏15度と過ごしやすいが、雨季には33度まで気温が上昇する。アーネムランド フレッシュアイペディアより)

  • フェニルチオカルバミド

    フェニルチオカルバミドから見たアボリジニアボリジニ

    世界的に見ると、およそ70%の人がこの物質を苦いと感じるが、この割合は民族によって変化する。例えば、この割合が低いアボリジニではわずか58%なのに対して、アメリカ州の先住民族では98%もの人が苦味を感じることができる。また非喫煙者や、コーヒーやお茶を日常的に飲まない人には、この割合が高いという研究結果もある。また女性の方が男性よりも苦味を感じる率が高いという報告もある。フェニルチオカルバミド フレッシュアイペディアより)

  • ナンボー

    ナンボーから見たアボリジニアボリジニ

    ナンボーという名は、アボリジニの言葉でブラシノキ属シダレハナマキという植物を指すnaambaが転訛したものである。ナンボー フレッシュアイペディアより)

298件中 71 - 80件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード