298件中 81 - 90件表示
  • ホット・スポット 最後の楽園

    ホット・スポット 最後の楽園から見たアボリジニアボリジニ

    4匹でカンガルーを捕食するタイリクオオカミ。アボリジニがオーストラリアに移住する際、一緒に連れてきたと考えられている。ホット・スポット 最後の楽園 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの植物相

    オーストラリアの植物相から見たアボリジニアボリジニ

    70,000-48,000年前にオーストラリアの先住民が、そして1788年にヨーロッパ人が入植して以来、植物相に多大な影響を与えてきた。先住民による火かき棒農業は長期にわたり植物の分布域に変化を与え、1788年以来の農業や都市化による大規模な植生の改変や破壊は多くの固有の生態系に影響を与え、61種の植物を絶滅に、1000種以上の植物を絶滅危惧種に追いやった。オーストラリアの植物相 フレッシュアイペディアより)

  • マルロ・モーガン

    マルロ・モーガンから見たアボリジニアボリジニ

    マルロ・モーガン(Marlo Morgan、1937年9月29日 - )はヨーロッパ系アメリカ人の女性作家。『ミュータント・メッセージ』の著者。『ミュータント・メッセージ』の内容は、著者がアボリジニと共同生活を送り行動を共にして、スピリチュアルな教えを学ぶというもの。著者の実体験、事実を元にしたという触れ込みでハーパーコリンズから刊行された本書はニューエイジャーから支持され、アメリカでベストセラーとなった。モーガンは作中に登場する「真実の人」族のアボリジニを自称し、アメリカ合衆国やヨーロッパで講演を行っている。マルロ・モーガン フレッシュアイペディアより)

  • レモンマートル

    レモンマートルから見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリア先住民のアボリジニは永きに渡り、レモンマートルを料理と薬草のいずれにも用いてきた。オイルにはレモングラスを超える高純度のシトラールが含まれ、レモングラスやアオモジ(Litsea cubeba)以上の強い清涼感の芳香を有する。レモンマートル フレッシュアイペディアより)

  • 婉曲法

    婉曲法から見たアボリジニーアボリジニ

    さらに発音もしくは概念として類似する語句までが言い換えられる例が、多数報告されている。例えばオーストラリアのアボリジニーの一部では、死者の名前をいうことはタブーとされ、それに響きの似た単語までが言い換えられるので、婉曲語がますますふえることになり、語彙が入れ替わっていく。婉曲法 フレッシュアイペディアより)

  • ドーズ法

    ドーズ法から見たアボリジニアボリジニ

    もともとスー族やシャイアン族、コマンチ族といった大平原と以西の狩猟民族たちにとって、土地は「狩猟の領域」であり、誰のものでもなかったのである。インディアンはそもそも大地を母と考え、今でもティーピーの柱を建てる際にも大精霊に許しを乞うような民族である。個人が土地を割り当てられて農場を強制されたからといって、自給自足が成立するなどという考えは、そもそもが農耕民族である白人たちの机上の空論に過ぎず、ただ社会を堕落させるのみだった。同様の問題は、豪州のアボリジニなどに見られ、未だにこれは解決されていない。ドーズ法 フレッシュアイペディアより)

  • 金髪

    金髪から見たアボリジニアボリジニ

    オーストラリアのアボリジニや大陸西中央の地域の先住民はかなりの確率で黄色がかった茶色の頭髪を持っている。オーストラリア先住民の金髪は主に女性と子供に見られ、通常は年を取るにつれて濃い茶色に変化していく。金髪 フレッシュアイペディアより)

  • ピルバラ

    ピルバラから見たアボリジニアボリジニ

    ピルバラ地域(Pilbara region)は、オーストラリア・西オーストラリア州を9つに分けた地域区分のうちの1つ。南をガスコイン、中西部地域、ゴールドフィールズ・エスペランス地域に、北東をキンバリー地域に接し、東はノーザンテリトリーとの州境である。北西はインド洋に面する。面積507,896 km?、人口は約40000人で、その大半はポートヘッドランド、カラーサ、ウィッカム、ニューマン、マーブルバーなどの西寄りの地域に住む。ピルバラという地名の語源は、ユール川の支流の1つがアボリジニの言葉で魚のボラを意味する「ピルバラ」川とつけられたことに端を発するという説と、「乾燥」という意味のアボリジニ語「ビリバラ(bilybara)」からなるという説がある。ピルバラ フレッシュアイペディアより)

  • ガスコイン (西オーストラリア州)

    ガスコイン (西オーストラリア州)から見たアボリジニアボリジニ

    ヨーロッパ人に発見されるより以前は、数千年にわたってアボリジニがこの地に居住・生活していた。1616年にオランダ人ダーク・ハートグがこの地に上陸し、以降ウィレム・ジャンス、ウィリアム・ダンピア、ニコラ・ボーダン、フィリップ・キングなどが訪れた。1839年にジョージ・グレイがこの地域を探検し、ガスコイン川などを発見・命名した。1850年代にはシャーク湾がオーストラリア最初の真珠採取の地となった。1858年にフランシス・グレゴリーの探検によって優れた牧草地として知られだし、1860年代には入植が始まった。1883年カナーボンの町が設けられた。ガスコイン (西オーストラリア州) フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの大型動物相

    オーストラリアの大型動物相から見たアボリジニアボリジニ

    絶滅の原因は、現在も活発に議論されている。およそ48,000-60,000年前のオーストラリアへの人類の到達で、狩猟と燃え木農業(狩りをするのを容易にするために低木林地の広い帯状地帯を焼いていたアボリジニの土地管理活動)による火気の使用が大型動物相の絶滅の一因になったと仮定されている。氷河作用のピーク(およそ18,000年前)の間増加し続けた乾燥は、大型動物の絶滅の一因である可能性がある。一部の支持者は気候変動だけによって大型動物の絶滅が起きたと主張している。しかし、この説では、大型動物種が突然絶滅する以前にあった数回の乾燥した氷河期を含む200万年間の気候変動を不自由なく生き残ったという事実を説明しなければいけない。オーストラリアの大型動物相 フレッシュアイペディアより)

298件中 81 - 90件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード