前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示
  • アボリジニ

    アボリジニから見たケビン・ラッド

    ケビン・ラッド首相は、2008年2月13日の議会で、先住民アボリジニに政府として初めて公式に謝罪した。同日の議会には約100人の先住民らが傍聴する中で、同首相は「Sorry」の語を3度使い謝罪した。議事堂の外には全国から詰めかけた数千人がテレビを通じて謝罪の言葉を聞いた。この謝罪は、昨年11月の総選挙でラッド率いる労働党の公約を実現したものであった。とは言いつつも、ラッド首相も賠償については行わないことを公言した。また、自由党の下院議員5名と上院議員1名は、ラッド首相の公式謝罪に反対し、出席しなかった。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た中野不二男

    中野不二男 『アボリジニーの国』 中央公論新社〈中公新書〉、1985年。 - アデレード、アリススプリングス、キャンベラ、ブルーム等でのアボリジニの生活についての記述。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た保苅実

    保苅実 『ラディカル・オーラル・ヒストリー』 御茶の水書房、2004年。 - グリンジ・カントリーの歴史や生活についての記述。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たブルース・チャトウィン

    ブルース・チャトウィン 『ソングライン』 芹沢真理子訳、めるくまーる、1994年/北田絵里子訳、石川直樹解説、英治出版、2009年 - オーストラリア全土に広がるアボリジニのソングライン(歌の道)をたどる旅行記。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たキャシー・フリーマン

    キャシー・フリーマンはオーストラリア・クイーンズランド州生まれの陸上競技選手。400mを専門とした選手である。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たシロアリ

    この楽器は、シロアリによって中空になった木を利用して作られる。美しく装飾された物も多い。この楽器は、唇の振動を管内で反響させ、独特の低音を発生させる。この低音には霊的効果があると考えられており、呪術医が治療に利用する事もある。乳児の夜泣きには、重低音などによる振動が成長に伴う痛みを緩和する効果があるという民間療法も存在するので、その類型である可能性もある。この楽器は古く男性のみに使用が許された。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たアルコール依存症

    飲酒文化を持たず、また遺伝的にもアルコール耐性が極めて低い。特にアルコール分解酵素がまったく無いか極端に少ないため、体質的に少量の酒で泥酔しやすい。他の先住民族問題においてもアルコール依存症は深刻な社会現象だが、特にアボリジニ居住区にアルコール飲料を持ち込む行為はオーストラリアの法律で禁止されており、持ち込んだ場合には罰金が科せられる。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た飲酒

    飲酒文化は元々無かったが、後に白人が持ち込んだ酒に興味を覚え、これに耽溺する人も出て社会問題となっている(詳細は後述)。ガソリンを吸引し酩酊を楽しむペトロールスニッフィングも同様に社会問題になっている。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たアルコール飲料

    飲酒文化は元々無かったが、後に白人が持ち込んだに興味を覚え、これに耽溺する人も出て社会問題となっている(詳細は後述)。ガソリンを吸引し酩酊を楽しむペトロールスニッフィングも同様に社会問題になっている。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たウルル

    一括りにアボリジニといっても、多数の部族から成立っており、言語的な調査から26?28程の系統に分類されているが、相互の文化的差異は多い。主な部族に、アナング族(エアーズ・ロック近辺に先住)やジャプカイ族(ケアンズ・キュランダ地域に先住)がある。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード