149件中 111 - 120件表示
  • アボリジニ

    アボリジニから見たソウルガールズ

    ソウルガールズ (2012年 オーストラリア) - ヴェトナム戦争の慰問で活躍したアボリジニのガール・グループを描いた映画。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た少数民族

    しかし、政府から支給された公的扶助を糧に堕落した生活に陥るという、他の少数民族同様の社会問題も見られる。また、白人との経済格差を解消するため、大学進学における優遇などの差別是正措置も講じられている。このような特典を得るため、実際にはアボリジニでないものが、アボリジニを詐称することも多く、問題となっている。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た親子

    現在でも、白豪主義の影響は地方に根強く、アボリジニを含む有色人種への差別事件が時折発生しており、社会問題となっている。また、現在では、白人やアジア人との混血が進んでいて「純粋なアボリジニ」と言える人は少ない。親子・兄弟・親戚で容姿が大きく異なる場合も珍しくない。アボリジニを支援するNGOに運動員として応募したアボリジニが、肌が白すぎるという理由で不採用になった事例もある。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た

    この楽器は、シロアリによって中空になった木を利用して作られる。美しく装飾された物も多い。この楽器は、の振動を管内で反響させ、独特の低音を発生させる。この低音には霊的効果があると考えられており、呪術医が治療に利用する事もある。乳児の夜泣きには、重低音などによる振動が成長に伴う痛みを緩和する効果があるという民間療法もあるので、その類型である可能性もある。この楽器は古く男性のみに使用が許された。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たオーストラリア自由党

    ケビン・ラッド首相は、2008年2月13日の議会で、先住民アボリジニに政府として初めて公式に謝罪した。同日の議会には約100人の先住民らが傍聴する中で、同首相は「Sorry」の語を3度使い謝罪した。議事堂の外には全国から詰めかけた数千人がテレビを通じて謝罪の言葉を聞いた。この謝罪は、昨年11月の総選挙でラッド率いる労働党の公約を実現したものであった。これらは教育や医療、経済面における、アボリジニとその他豪州国民との格差是正に全力で取り組むという趣旨のもので、補償金の支払いについては応じない方針を明らかにしていた。自由党の下院議員5名と上院議員1名は、ラッド首相の公式謝罪に反対し、出席しなかった。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たオーストロネシア語族

    オーストラリア大陸は、農耕に適した種類の食物となる植物がユーラシア、南北アメリカ、アフリカと比べ遥かに少なく、家畜に適した固有の動物も一切存在しなかった(アボリジニはユーラシア大陸から原始的なイヌのみを導入し、家畜としていた。この原始的なイヌの子孫が現在のディンゴである)。また極度の乾燥地帯で、気候の変動も一年周期とは限らず不規則であるなど、他に類をみない過酷な条件が揃う大陸でもあり、文化的に孤立を余儀なくされた。その地理的条件から、人種的に他の大陸と隔絶され、それらが混血を繰り返しながらオーストラリア全土に広まる過程で、様々な固有文化が派生したとされる。今日ではオーストラリア到着以後も、一部の集団ではポリネシア人やパプア人、オーストロネシア人との部分的混血が見られる。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た言語

    西洋人がオーストラリアを「発見」した段階では、50万人から100万人ほどのアボリジニがオーストラリア内に生活していた。言語だけでも250、部族数に至っては、700を超えていた。しかし1920年には約7万人にまで減少した。人口減少の最大の要因はヨーロッパ人が旧大陸から持ち込んだ伝染病(天然痘や梅毒、インフルエンザ、麻疹など)の流行によるものと考えられている。それまでオーストラリアは旧大陸とはほぼ隔絶されていたため、アボリジニはこれらに対する免疫を持っていなかったのである。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た植物相

    特に東海岸沿岸部等の植物相の豊かな地域に居住していたアボリジニは、当初はイギリス移民との平和関係を保っていたものの、後の保護政策に名を借りた強制的な移住もあり、この入植者達によるハンティングという惨劇を語り継ぐ者をも残さず姿を消している。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た欧米

    1993年には先住権が認められ、元々のアボリジニ居住地域の所有権が認められている。今日ではアボリジニの大半が都市部に住んでいるが、政府から支給された住宅に住みながら、一定の伝統的生活を嗜む人もいる。白人主流社会に同化し仕事を持つ一方で、伝統舞踊に興じる人もおり、今日では伝統と欧米文明の双方を独自に組み合わせた生活をする人が大半である。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た国際連合

    2010年1月14日、国連が、先住民と非先住民の寿命の違いに関する調査結果を公表した。アボリジニは、非先住民との寿命の開きが20年ほどもあり、調査対象となった先住民の中で、最も非先住民との寿命の開きが大きい集団と評価された。国連は先住民に対して、経済・社会・文化における権利がいまだに限定されている可能性を指摘している。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

149件中 111 - 120件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード