124件中 71 - 80件表示
  • アボリジニ

    アボリジニから見たアデレード

    中野不二男 『アボリジニーの国』 中央公論新社〈中公新書〉、1985年。 - アデレード、アリススプリングス、キャンベラ、ブルーム等でのアボリジニの生活についての記述。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た

    「スキンネーム」と呼ばれる一定の範囲内で共通の名前を、本来の名前とは別に持っている。これは近親婚を避ける意図で用いられていたようであり、日本のに相当するが、数種類程度しか存在しない。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た固有種

    生活は洞窟等を住居とし、一定範囲を巡回しながら食料を得る採取狩猟型で、ブーメランや毒物を利用した狩猟を行い、オーストラリア固有の植物の実を取ったり、乾燥した地面を掘って木の根等を食べる大型のイモムシの一種を焼いて食べるといった生活をしていた。これらの食文化はブッシュ・タッカーと呼ばれ、1970年代からはシドニーのレストランでも応用メニューの提供が始まり、オーストラリア陸軍のSASRにもノウハウが取り入れられている。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た住居

    生活は洞窟等を住居とし、一定範囲を巡回しながら食料を得る採取狩猟型で、ブーメランや毒物を利用した狩猟を行い、オーストラリア固有の植物の実を取ったり、乾燥した地面を掘って木の根等を食べる大型のイモムシの一種を焼いて食べるといった生活をしていた。これらの食文化はブッシュ・タッカーと呼ばれ、1970年代からはシドニーのレストランでも応用メニューの提供が始まり、オーストラリア陸軍のSASRにもノウハウが取り入れられている。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た罰金

    飲酒文化を持たず、また遺伝的にもアルコール耐性が極めて低い。特にアルコール分解酵素がまったく無いか極端に少ないため、体質的に少量の酒で泥酔しやすい。他の先住民族問題においてもアルコール依存症は深刻な社会現象だが、特にアボリジニ居住区にアルコール飲料を持ち込む行為はオーストラリアの法律で禁止されており、持ち込んだ場合には罰金が科せられる。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た内陸

    一方、不毛な乾燥地域である内陸部のアボリジニは周辺の厳しい自然環境に守られながらどうにか固有文化を維持し続けた。今日でもアボリジニ文化の史跡は沿岸部都市より隔絶された内陸地に多く残る。近代のアボリジニ激減と、文字文化を持たなかった事から文化的痕跡を残さず消滅した部族も多く、彼等の言語や文化の系統を調査する試みは進んでいない。音声的に完全に失われた言語も多く、それらの民俗学的調査は「既に大半のピースが失われたパズル」に准えられている。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た島嶼

    アボリジニ(Aborigine)は、狩猟採集生活を営んでいたオーストラリア大陸と周辺島嶼の先住民。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た夜泣き

    この楽器は、シロアリによって中空になった木を利用して作られる。美しく装飾された物も多い。この楽器は、唇の振動を管内で反響させ、独特の低音を発生させる。この低音には霊的効果があると考えられており、呪術医が治療に利用する事もある。乳児の夜泣きには、重低音などによる振動が成長に伴う痛みを緩和する効果があるという民間療法も存在するので、その類型である可能性もある。この楽器は古く男性のみに使用が許された。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見た部族

    一括りにアボリジニといっても、多数の部族から成立っており、言語的な調査から26?28程の系統に分類されているが、相互の文化的差異は多い。主な部族に、アナング族(エアーズ・ロック近辺に先住)やジャプカイ族(ケアンズ・キュランダ地域に先住)がある。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

  • アボリジニ

    アボリジニから見たアリススプリングス

    中野不二男 『アボリジニーの国』 中央公論新社〈中公新書〉、1985年。 - アデレード、アリススプリングス、キャンベラ、ブルーム等でのアボリジニの生活についての記述。アボリジニ フレッシュアイペディアより)

124件中 71 - 80件表示

「アボリジニ」のニューストピックワード