アミューズメントパーク ニュース&Wiki etc.

遊園地(ゆうえんち、、)は、乗り物などの遊具を設けた施設。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「遊園地」のつながり調べ

  • 莫逆家族

    莫逆家族から見た遊園地

    主人公。物語開始時31歳。通称鉄ちゃん。「家族」の仕切り役。かつて暴走族「神叉」の総会長に君臨したが、後の妻であるキリの妊娠を切っ掛けに引退。建設作業員(ALC担当)として家庭を養うが、そのために感情を押し殺して過ごしていた。しかしあつし・浩介・邦男との再会・真琴の暴行事件の報復をきっかけに、世間のカタチにとらわれない、自分達の法律で生きる「家族」を結成する。それ以来、花神町で名の知られた存在と化す。少年時代から非常に喧嘩っ早く、何度も少年鑑別所送りになっていた問題児であり、両親が居ないこともあってドンばーの市営アパートで何度も出入りを繰り返していた。一時は薊崎の施設にも居たこともある。後に「神叉」幹部となるあつし・浩介・邦男とは共同生活を強いられてからは、(特に浩介とは女絡みで)喧嘩ばかりで仲は劣悪だった。彼自身身を挺してまで「家族」を守ろうとする信念は、幼少の頃からの恩人であった夏目の影響が強い。普段は陽気で義理堅いが、非常に悪戯好きでそれが原因となってとんでもない騒動を巻き起こすも珍しくない。十数年間感情を押し殺してきたこともあり、一度キレると爆発的に暴れまわる。性欲旺盛で女と見れば「ふぅ〜ふぅ〜マン」に豹変して、手当たり次第に手を出すほど。度々キリに制裁されるが、一切反省無し。また、拘束生活を強いられると、後になって暴力・性欲の双方が更に暴走が加速する。じっとしているのも15分が限界らしい。そんな中で、何ともいえない別質の苛立ちを常に募らせていく。物語中、彼が度々見る遊園地の夢は、彼自身のある過去につながっている。(莫逆家族 フレッシュアイペディアより)

  • 緑ヶ丘公園 (帯広市)

    緑ヶ丘公園 (帯広市)から見た遊園地

    北海道内で2番目の動物園として開園。73種400点の動物を飼育しており、園内には遊園地や氷雪の家(植村直己記念館)がある。(緑ヶ丘公園 (帯広市) フレッシュアイペディアより)

「遊園地」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アミューズメントパーク」のニューストピックワード