アメリカの気象 ニュース&Wiki etc.

アメリカ国立気象局(アメリカこくりつきしょうきょく、, 略称:NWS)は、アメリカ合衆国商務省海洋大気庁 (NOAA) を構成する6つの部局のうちの一つで、同国の気象業務を担当する国家機関である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アメリカ国立気象局」のつながり調べ

  • オキーチョビー・ハリケーン

    オキーチョビー・ハリケーンから見たアメリカ国立気象局

    ハリケーンはプエルトリコを通過して大西洋に出た後、イサベラで計測した気圧 941 hPa から、風速は約140マイル/時 (62 m/s) まで落ちていた。ハリケーンはイスパニョーラ島(ハイチとドミニカ共和国がある島)の北岸を掠め、西北西に動きながら、再び勢力を強めた。9月15日、タークス・カイコス諸島のグランドタークから35マイル (55 km) 以内を過ぎ、この時までに風速は155マイル/時 (69 m/s) まで戻っていた。さらにカテゴリー4のままバハマ諸島を過ぎ、9月16日10時 (UTC) にナッソー近くを通った。当初、アメリカ国立気象局のリチャード・グレイは、この嵐が南フロリダ地域を躱すものと楽観していた。しかし、9月17日0時 (UTC)、このハリケーンはフロリダ半島南東部のウェストパームビーチ近くに上陸した。この時の推計風速は145マイル/時 (64 m/s) だった。これはウェストパームビーチ市内の気圧計の読み 929 hPa に基づくものであり、当時アメリカ合衆国で記録された最低気圧の記録となった。それまでの最低記録は1926年のマイアミ・ハリケーンで記録された 935 hPa だった。キャナルポイントでの最大風速は160マイル/時 (71 m/s) 近くと推計された。(オキーチョビー・ハリケーン フレッシュアイペディアより)

  • ワトソンビル (カリフォルニア州)

    ワトソンビル (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局

    ワトソンビル水道局にあるアメリカ国立気象局共同事務所に拠れば、この地域は冷涼で比較的降水量の多い冬と、温暖で乾燥した夏であるとしている。夜や朝の時間帯は霧や低い雲が出ることが多く、特に夏は内陸部の暖かい空気がモントレー湾の冷涼で湿気を含んだ空気と出会って形成されている。(ワトソンビル (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

「アメリカの気象」のニューストピックワード