前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • サンブルーノ

    サンブルーノから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    カリフォルニアで最初の州道であるエル・カミノ・リアルの建設が1912年にサンブルーノのアンクル・トムズ・キャビン付近で始まった。この道路は現在州道82号線に指定されている。市の近隣にあるサンフランシスコ国際空港は1927年の前半に開業した。空港内には気象局(Weather Bureau)があり、現在はアメリカ国立気象局によって運用されている。チャールズ・リンドバーグは大西洋横断飛行が成功したことの凱旋で、初期の空港を訪れていた。サンブルーノ フレッシュアイペディアより)

  • レジナルド・フェッセンデン

    レジナルド・フェッセンデンから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1886年末、ニュージャージー州ウェストオレンジにできたトーマス・エジソンの新たな研究所で働くようになった。特に受信機の設計で急激に頭角を現し、音声信号の受信機の開発を行った。1890年から1900年までいくつかの製造業者で働き1892年にはパデュー大学で電気工学の教授になり、1893年にはピッツバーグ大学の電気工学部長となった。1900年、アメリカ気象局で働き2つの信号を混合することで可聴範囲の音を取出すヘテロダイン原理を発見した。そこで1900年12月23日に高周波火花送信機を使った音声信号の送信実験を行い、約1.6km離れた地点で受信に成功した。これが世界初の音声信号の無線通信とされている。レジナルド・フェッセンデン フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・イニキ

    ハリケーン・イニキから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    イニキが北へ進路を変えた段階でも勢力は衰えるどころか更に強くなり、9月11日にカウアイ島のポイプ(Poipu)から南南西270キロメートルの地点に差し掛かったところでピークを迎え、このときの平均風速は秒速65.3メートルに達していた。カテゴリー4に指定されたイニキは、その後、進路を更に北北東へと変え、11日未明から早朝にカウアイ島の南中央部からピーク時の勢力をほぼ保ったまま同島に上陸した。アメリカ国立気象局の発表によると、この時点での最高瞬間風速は秒速77.8メートルを観測していた。最終的な最高瞬間風速はアメリカ海軍マカハリッジ(Makaha Ridge)レーダー基地で観測された秒速101.4メートルであった。地元新聞紙のホノルル・アドバタイザーによると、その驚異的な数値を観測した観測装置はあまりに強い突風のため吹き飛ばされてしまったという。カウアイ島を縦断したイニキは北北東へと遠ざかり、勢力も急激に弱体化した。熱帯低気圧としての勢力も保つことができなくなり、13日にはアラスカ州とハワイ州の中間点付近で寒冷前線に吸収される形でイニキは消滅した。ハリケーン・イニキ フレッシュアイペディアより)

  • 国立ハリケーンセンター

    国立ハリケーンセンターから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    国立ハリケーンセンター (こくりつハリケーンセンター、)は、フロリダ州マイアミのフロリダ国際大学敷地内にあり、北東太平洋および北大西洋で発生するハリケーンに関連する気象現象の追跡および予測業務を任務とするアメリカ国立気象局の一部門である。TAFB(熱帯解析・予報支局)がこの海域を対象とする予報を日常的に発表している。国立ハリケーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • ハンフォード (カリフォルニア州)

    ハンフォード (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ハンフォードにあるアメリカ国立気象局共同事務所で観測した過去最高気温は1960年6月2日の 110(43℃) だった。過去最低気温は1916年11月14日と1932年12月14日の 16(−9℃) だった。最も雨量が多かったのは1998年の45.93インチ (1,167 mm)、最も少なかったのは1976年の8.29インチ (211 mm) だった。月間降水量で最も多かったのは1998年2月の19.59インチ (498 mm)、24時間雨量で最も多かったのは2004年12月27日の4.29インチ (109 mm) だった。降雪は希だが、1915年1月5日には1.5インチ (3.8 cm)、2002年1月には約3インチ (7.6 cm) の降雪があった。ハンフォード (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・マイアー

    アルバート・マイアーから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    アルバート・ジェイムズ・マイアー(英:Albert James Myer、1829年9月20日-1880年8月24日)は、アメリカ陸軍の軍医であり、士官である。南北戦争の直前に最初の信号士官長となり「ウィグ・ワグ」信号(あるいは無線送信術)の発明者となったことで、アメリカ陸軍信号司令部の父として知られ、アメリカ国立気象局の父としても知られている。アルバート・マイアー フレッシュアイペディアより)

  • オキーチョビー・ハリケーン

    オキーチョビー・ハリケーンから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ハリケーンはプエルトリコを通過して大西洋に出た後、イサベラで計測した気圧 941 hPa から、風速は約140マイル/時 (62 m/s) まで落ちていた。ハリケーンはイスパニョーラ島(ハイチとドミニカ共和国がある島)の北岸を掠め、西北西に動きながら、再び勢力を強めた。9月15日、タークス・カイコス諸島のグランドタークから35マイル (55 km) 以内を過ぎ、この時までに風速は155マイル/時 (69 m/s) まで戻っていた。さらにカテゴリー4のままバハマ諸島を過ぎ、9月16日10時 (UTC) にナッソー近くを通った。当初、アメリカ国立気象局のリチャード・グレイは、この嵐が南フロリダ地域を躱すものと楽観していた。しかし、9月17日0時 (UTC)、このハリケーンはフロリダ半島南東部のウェストパームビーチ近くに上陸した。この時の推計風速は145マイル/時 (64 m/s) だった。これはウェストパームビーチ市内の気圧計の読み 929 hPa に基づくものであり、当時アメリカ合衆国で記録された最低気圧の記録となった。それまでの最低記録は1926年のマイアミ・ハリケーンで記録された 935 hPa だった。キャナルポイントでの最大風速は160マイル/時 (71 m/s) 近くと推計された。オキーチョビー・ハリケーン フレッシュアイペディアより)

  • エトワ郡 (アラバマ州)

    エトワ郡 (アラバマ州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1994年3月27日、パームサンデーの日に藤田スケールF4の竜巻がエトワ郡を襲った。バーミングハム市にある国立測候所が、カルフーン郡北部、エトワ郡南東部、チェロキー郡南部に竜巻警報を発令してから12分後、ピードモントのゴーシェン・ユナイテッドメソジスト教会を破壊した。エトワ郡 (アラバマ州) フレッシュアイペディアより)

  • チェロキー郡 (アラバマ州)

    チェロキー郡 (アラバマ州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1994年3月27日、パームサンデーの日に藤田スケールF4の竜巻がエトワ郡を襲った。バーミングハム市にある国立測候所が、カルフーン郡北部、エトワ郡南東部、チェロキー郡南部に竜巻警報を発令してから12分後、ピードモントのゴーシェン・ユナイテッドメソジスト教会を破壊した。チェロキー郡 (アラバマ州) フレッシュアイペディアより)

  • NEXRAD

    NEXRADから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    NEXRAD (NEXt-Generation RADar) は、アメリカ合衆国商務省の海洋大気庁内の国立気象局が運用する、159地点に設置されたドップラー式の高解像度気象レーダー網である。技術的な正式名称は"WSR-88D"で、(「1988年のドップラー式気象監視レーダー」)という意味が込められている。NEXRAD フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード