80件中 11 - 20件表示
  • サリー郡 (ノースカロライナ州)

    サリー郡 (ノースカロライナ州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    サリー郡は州の中央、ピードモント台地と、西部アパラチア山脈の双方に位置している。東側3分の2がピードモント台地にあり、穏やかにうねる丘陵と谷がある。郡内のピードモント台地にはソーラタウン山地の小部分も入っており、その西端にあたる。郡の西側3分の1はブルーリッジ山脈の中にあり、西の地平線はその山の稜線である。山の峠(地元ではギャップと呼ぶ)が時として強風を生み、峠を通る自動車や18輪トラックであっても脱輪させることがある。その結果、アメリカ国立気象局が強風警報を発令することも希ではない。郡内最高地点はブルーリッジ山脈のフィッシャー峰であり、標高は3,570フィート (1,088 m) である。最も良く知られている山は残丘であるパイロット山であり、州のランドマークになっている。周辺部より2,421フィート (738 m) 立ち上がっており、数マイル離れても見ることができる。サリー郡 (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 竜巻街道

    竜巻街道から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    竜巻街道はの領域と見なされる。しかしアメリカ国立気象局は公式の定義としてこれまでに指定していない。のFAQによると、竜巻街道とは竜巻の数の多い領域を表すためにメディアによって作られた用語である。長年にわたって竜巻街道の境界が明確に定義されていないがそれは境界を定義するために使用される異なる基準の違いのためである。竜巻の90パーセントはこの地域を襲ったが、冷たく乾燥したカナダやロッキー山脈からの空気がメキシコ湾からの暖かく湿った空気やソノラ砂漠からの暑く乾いた空気と衝突するためであり、大気不安定、大雨、多くの激しい雷雨を引き起こす。竜巻街道 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイスティングズ (ネブラスカ州)

    ヘイスティングズ (ネブラスカ州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ヘイスティングズ()は、アメリカ合衆国ネブラスカ州の南中部アダムズ郡の都市であり、同郡の郡庁所在地である。2000年国勢調査による人口は24,907 人であり、州内7番目に人口の多い都市である。アダムズ郡とクレイ郡で構成されるヘイスティングズ小都市圏の主要都市である。1927年にエドウィン・パーキンスがクール・エイド(粉末清涼飲料水)を発明した場所として知られ、毎年8月にクール・エイドの日祭を開催して祝っている。フィッシャー噴水があることでも知られている。第二次世界大戦中、国内最大の海軍弾薬庫が運営されていた。アメリカ国立気象局予報事務所がそこにあり、中央ネブラスカ、南中部ネブラスカおよびカンザス州北中部6郡のために機能している。2007年6月24日、ヤフーの「アメリカにおける緑の多い都市競技会」で優勝した。ヘイスティングズ (ネブラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • シルバースプリング (メリーランド州)

    シルバースプリング (メリーランド州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    商務省海洋大気局 (NOAA) および国立気象局 (NWS) の本部が所在する。シルバースプリング (メリーランド州) フレッシュアイペディアより)

  • ACE (探査機)

    ACE (探査機)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    探査機から送られてくるリアルタイムのデータは、宇宙天気予報センターで太陽嵐の予測の改善や警告を行うのに利用されている。ACE (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • プリビロフ諸島

    プリビロフ諸島から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局の観測所がある。プリビロフ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 体感温度

    体感温度から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ジョージ・ウィンターリング (, 1978) が考案したヒューミチャー () は、現在はヒートインデックス (, HI) と呼ばれ、アメリカ合衆国の国立気象局 (NWS) が採用している。HIの定義は数式によるものではないが、NWSは近似式として体感温度 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘイズン

    ウィリアム・ヘイズンから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    しかし、ここでも軍上層部を公然と批判することをやめなかった。当時の陸軍信号司令部の職掌には気象局の管理が含まれており、1882年から1883年にかけての第1回国際極年に際しては、北極の気象データを収集することを目的とするレディ・フランクリン湾遠征隊を組織した。1881年夏に出発したアドルファス・グリーリー大尉率いる24名の遠征隊は、1882年に派遣された補給船が悪天候により遠征隊との接触を断念したため、北極点から約500マイルの位置で支援もなく越冬するという危機に陥った。1883年、アーネスト・A・ガーリントン大尉率いる救助活動もまた失敗に終わった。ようやく1884年の救助隊がグリーリー隊に接触することに成功したときの生存者は6名だけだった。ヘイズンは、陸軍長官ロバート・トッド・リンカーンが、ガーリントン隊による救助が失敗したのち救助隊の再派遣を拒み、グリーリーの妻ヘンリエッタの運動による大衆の批判を浴びるにいたってようやく腰を上げたその反応の鈍さを問責した。リンカーンはヘイズンの言動を毀誉褒貶であるとし、ヘイズンは軍法会議の結果有罪とされ、チェスター・アーサー大統領から譴責処分を受けるに至った。一方で新聞各紙はヘイズンを支持し、リンカーンに対して批判的であった。ウィリアム・ヘイズン フレッシュアイペディアより)

  • ペタルーマ (カリフォルニア州)

    ペタルーマ (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ペタルーマにあるアメリカ国立気象局共同事務所で観測した過去最高気温は1960年6月2日の110°F (43 ℃)だった。過去最低気温は1916年11月14日と1932年12月14日の16°F (-9 ℃)だった。最も雨量が多かったのは1998年の45.93インチ (1,167 mm)、最も少なかったのは1976年の8.29インチ (211 mm) だった。月間降水量で最も多かったのは1998年2月の19.59インチ (498 mm)、24時間雨量で最も多かったのは2004年12月27日の4.29インチ (109 mm) だった。降雪は希だが、1915年1月5日には1.5インチ (3.8 cm)、2002年1月には約3インチ (7.6 cm) の降雪があった。ペタルーマ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • パデューカ (ケンタッキー州)

    パデューカ (ケンタッキー州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    パデューカの地元メディアとしては、NBC系列のWPSDテレビと地域日刊紙「ザ・パデューカ・サン」があり、どちらもパクストン・メディア・グループが所有している。ラジオ放送局は6局あり、その半分はブリストル放送会社が所有し、一方週間新聞「ウェストケンタッキー・ニューズ」と「ローンオーク・ニューズ」はそこそこの読者を得ている。アメリカ国立気象局報道局がパデューカにあり、ケンタッキー州西部、ミズーリ州南東部、イリノイ州南部およびインディアナ州南西部に天気予報を流している。パデューカ・ライフという隔月刊雑誌が1994年に発刊され、今日でも発行を続けている。この雑誌はパデューカ周辺での生活と住民を捉えた記事を載せている。パデューカ (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード