46件中 11 - 20件表示
  • ウィリアム・ヘイズン

    ウィリアム・ヘイズンから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    しかし、ここでも軍上層部を公然と批判することをやめなかった。当時の陸軍信号司令部の職掌には気象局の管理が含まれており、1882年から1883年にかけての第1回国際極年に際しては、北極の気象データを収集することを目的とするレディ・フランクリン湾遠征隊を組織した。1881年夏に出発したアドルファス・グリーリー大尉率いる24名の遠征隊は、1882年に派遣された補給船が悪天候により遠征隊との接触を断念したため、北極点から約500マイルの位置で支援もなく越冬するという危機に陥った。1883年、アーネスト・A・ガーリントン大尉率いる救助活動もまた失敗に終わった。ようやく1884年の救助隊がグリーリー隊に接触することに成功したときの生存者は6名だけだった。ヘイズンは、陸軍長官ロバート・トッド・リンカーンが、ガーリントン隊による救助が失敗したのち救助隊の再派遣を拒み、グリーリーの妻ヘンリエッタの運動による大衆の批判を浴びるにいたってようやく腰を上げたその反応の鈍さを問責した。リンカーンはヘイズンの言動を毀誉褒貶であるとし、ヘイズンは軍法会議の結果有罪とされ、チェスター・アーサー大統領から譴責処分を受けるに至った。一方で新聞各紙はヘイズンを支持し、リンカーンに対して批判的であった。ウィリアム・ヘイズン フレッシュアイペディアより)

  • 中部太平洋ハリケーンセンター

    中部太平洋ハリケーンセンターから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    中部太平洋ハリケーンセンター (ちゅうぶたいへいようハリケーンセンター、) は、アメリカ合衆国国立気象局の一部門である。太平洋北中部海域で発生する熱帯低気圧やハリケーンに関連する気象現象の追跡および予報(警報、警戒情報、注意報)の発表業務を任務とする。当該海域のハリケーンシーズンは6月1日から11月30日まで続くとされている。中部太平洋ハリケーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • ウィーバービル (カリフォルニア州)

    ウィーバービル (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1894年以来、アメリカ国立気象局がウィーバービルに共同気象観測所をおいている。その記録に基づけば、1月の平均最高気温は 47.2(8.4℃)、最低気温は 27.4(−2.6℃) である。7月の平均最高気温は 94.1(34.5℃)、最低気温は 49.1(9.5℃) である。年間平均で 90(32℃) 以上になるのが77.3日、32(0℃) 以下になるのが126.8日ある。過去最高気温は1932年8月4日の 116(46.7℃)、最低気温は1972年12月9日の −10(−23.3℃) だった。ウィーバービル (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ロノーク郡 (アーカンソー州)

    ロノーク郡 (アーカンソー州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ノースリトルロック市にはアメリカ国立気象局予報事務所がある。ロノーク郡 (アーカンソー州) フレッシュアイペディアより)

  • 1926年のテレビ

    1926年のテレビから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1926年8月18日 - アーリントンからワシントンD.C.の国立気象局へ初めて天気図が電送。1926年のテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 改良藤田スケール

    改良藤田スケールから見たアメリカ気象局アメリカ国立気象局

    この新しいスケールは2006年2月2日に行われたアメリカ気象学会の会議の中で、アメリカ気象局によって公表された。EFスケールは2000年から2004年にかけて、テキサス工科大学WISEセンターの藤田スケール改良計画 (Fujita Scale Enhancement Project) において開発された。この計画にはWISEセンターの研究員のみならず、世界中の優れた気象学者や技術者が携わっていた。改良藤田スケール フレッシュアイペディアより)

  • サンホアキン・バレー

    サンホアキン・バレーから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    サンホアキン・バレーのアメリカ国立気象局予報事務所はハンフォードにあり、ドップラー気象レーダーがある。バレーの天気予報と気象情報はそのウェブサイトから取り出すことができる。サンホアキン・バレー フレッシュアイペディアより)

  • マーフリーズボロ (テネシー州)

    マーフリーズボロ (テネシー州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    2009年4月10日午後12時半頃、スケール4の竜巻がマーフリーズボロ市西部と北部の縁を襲った。この結果、2人が死亡し、41人が負傷、845戸の家屋が損傷を受け、全壊117戸、半壊292戸、一部損壊175戸、さらに255戸が何らかの被害を受けた。この竜巻ではアメリカ国立気象局の記録でほぼ半時間継続し、被害総額は4,000万ドルを超えたと推計されている。マーフリーズボロ (テネシー州) フレッシュアイペディアより)

  • ノースダコタ州の地理

    ノースダコタ州の地理から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    Advanced Hydrologic Prediction Service: Eastern North Dakota/Grand Forks - 商務省海洋大気庁気象局による合衆国の全主要河川に関する氾濫、洪水情報から、ノースダコタに関するもの(レッド川の測定結果、予測ページ)ノースダコタ州の地理 フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・ヘンリー

    ジョセフ・ヘンリーから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1870年 - アメリカ国立気象局創設に尽力ジョセフ・ヘンリー フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード