80件中 51 - 60件表示
  • 2013年ムーア竜巻

    2013年ムーア竜巻から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    2013年ムーア竜巻は、14時45分にの西7.1km (4.4mi) の地点で地上に達した。竜巻は急激に発達し、おおむねEF2の勢力を保ちながら東方向へと進んだ。ブライアウッド小学校に直撃した際には、瞬間的には風速89mから94m (200-210mph) という、改良藤田スケールで最高のEF5に達する勢力となった。EF5の竜巻は、アメリカ合衆国では2011年5月24日に発生した竜巻以来である。15時16分には、5万人都市のムーアに竜巻が直撃した。ムーアを通過する前後はEF4の勢力を保っていた。実は、直撃の36分前、地面に到達する5分前の14時40分に、アメリカ国立気象局はムーアへの竜巻直撃の警報を発した。これは、平均14分前ということを考えると異例の早い予測であった。これは、非常に急速な気象変化があったためである。竜巻は15時35分にムーアの東7.7km (4.8mi) のところで地面から離れ消滅した。発生から消滅までの50分間に27km (17mi) を移動し、最大で2.1km (1.3mi) の幅に達した。竜巻に関連する嵐によって放出されたエネルギーは広島に落とされた原爆の600倍 (4×1016J) と推定されている。2013年ムーア竜巻 フレッシュアイペディアより)

  • 降水確率

    降水確率から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    アメリカ合衆国の国立海洋大気圏局(NWS)、カナダの気象局、オーストラリアの気象局、韓国の気象庁、ヨーロッパ各国の気象当局など、先進各国では降水確率が発表されている。また、世界気象機関(WMO)などが世界全域の気象予報をカバーするために取り決めた世界気象監視計画(WWW)などに基づいて、RSMC(地域規模気象センター)などの主要な気象機関がそれ以外の国や主要都市においても降水確率の予報を発表している。降水確率 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のメートル法化

    アメリカ合衆国のメートル法化から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    気象学では、メートル単位と慣習単位の両方が広く使用されている。米国で使用されている定時飛行場実況気象通報式(METAR)報告システムは、世界気象機関(WMO)が使用している報告システムとは異なり、風速はメートル毎秒ではなくノットで、降水量は100分の1インチで、高度計の設定はヘクトパスカルではなく水銀柱インチで行われる。さらに、気温は華氏度で報告されるが、METARレポートでコード化されている場合は摂氏に変換される。概観観測図は、上記の風速を除いてSI単位で表され、計算のために変換する必要がある。大気温度チャートではケルビンを使用しているが、大気温度チャートでは通常摂氏度を使用する(氷点下の線は大気の降水量を決定する際に非常に重要であるため)。これらはいずれも国際的な使用法と一致している。大気渦度は、通常、100,000秒あたりの回転数(1日の大まかな測定)で測定されるが、SIで推奨されるラジアンは使用されない。 しかし、アメリカ国立気象局やテレビ・ラジオ放送の天気予報では、ほぼ慣用単位が使用されている。温度と露点には華氏度、雨や氷にはインチの分数、雪にはインチ、気圧には水銀柱インチ、風速にはマイル毎時(海上の予報においてはノット)、波高にはフィート、積雪量には10分の1インチが使用される。ハリケーンの気圧計の読みは、通常、ヘクトパスカル(hPa)に等しいミリバール(mb)が使用される。これは、カナダで使用されるキロパスカル(kPa)の10倍である。この用途における水銀の使用は急速に減少している。アメリカ合衆国のメートル法化 フレッシュアイペディアより)

  • 小春日和

    小春日和から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    アメリカ合衆国の国立気象局 (NWS) では、 を小春日和 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン山 (ニューハンプシャー州)

    ワシントン山 (ニューハンプシャー州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    ワシントン山で最初に定期的気象観測を行ったのは1870年から1892年のアメリカ合衆国信号サービスであり、現在のアメリカ国立気象局の前身である。ワシントン山測候所はその種のものとして世界初のものであり、他の多くの国の前例になった。長年、過去最低気温は1934年1月29日に記録された-47 (-44 ℃) とされていたが、ノースカロライナ州アシュビルにあるNOAA全米気候データセンターで19世紀からのデータを初めて深層調査したところ、新しい記録が見つかった。ワシントン山の公式最低温度記録は1885年1月22日の-50 (-46 ℃) となった。しかし、1871年1月5日に、-59 (-51 ℃) まで下がったことを示す非公式手書き記録も残っている。ワシントン山 (ニューハンプシャー州) フレッシュアイペディアより)

  • コンコード (カリフォルニア州)

    コンコード (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    国立気象局が市に設置している観測所のデータによると、1月の平均気温は最高気温が14°C、最低気温が5.3°Cである。7月の平均気温は最高気温が31.0°C、最低気温が14.6°Cである。気温が32.2°Cを超える日は年間で平均45日、0°Cを下回る日は平均3.8日である。歴代最高気温は2017年9月1日に観測された43.3°C、歴代最低気温は1998年12月23日に観測された-4.4°Cである。コンコード (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ウィーバービル (カリフォルニア州)

    ウィーバービル (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1894年以来、アメリカ国立気象局がウィーバービルに共同気象観測所をおいている。その記録に基づけば、1月の平均最高気温は 47.2(8.4℃)、最低気温は 27.4(−2.6℃) である。7月の平均最高気温は 94.1(34.5℃)、最低気温は 49.1(9.5℃) である。年間平均で 90(32℃) 以上になるのが77.3日、32(0℃) 以下になるのが126.8日ある。過去最高気温は1932年8月4日の 116(46.7℃)、最低気温は1972年12月9日の −10(−23.3℃) だった。ウィーバービル (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • アバロン (カリフォルニア州)

    アバロン (カリフォルニア州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    大変温暖な亜熱帯気候であり、年間を通じて温かい。アメリカ国立気象局が1909年から1988年までアバロン・プレジャー桟橋で協同測候所を運営していた。1月の平均気温は、最高64.6 (18.1 ℃) 、最低49.3 (9.6 ℃) であり、8月の平均気温は、最高75.4 (24.1 ℃) 、最低64.1 (17.8 ℃) である。過去最高温度は1963年9月28日に記録されたで104 (40 ℃) だった。過去最低温度は1973年1月2日に記録された29 (-2 ℃) だった。アバロン (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • オクラホマ州

    オクラホマ州から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    州東部はメキシコ湾からもたらされる湿気を含んだ南風の影響により年間平均気温は 62(17℃)、年間降雨量は 1,420mm を記録する温暖湿潤気候(ケッペンの気候区分Cfa)である。パン・ハンドルのなどロートン市から西の地域では比較的乾燥している。パン・ハンドル地域の年間平均気温は 58(14 ℃)、降雨量は 430mm である。夏場は州全体で 100(38℃) 以上を記録することもしばしばあり、また冬場は 0(−18 ℃) 以下も記録することがある。州南部でも年平均10センチ程度、コロラド州との州境近くの北部では平均51センチ程度の降雪量を記録する。また、ノーマン市のオクラホマ大学キャンパスに隣接してナショナル・ウェザー・センターがあり、地域のみならず全米の気象条件の研究を行う機関がある。また急激な雷雨や竜巻などのSever Stormと呼ばれる気象条件の研究・予測を行うStorm Prediction Center、暴風雨研究所、警戒警報訓練所もここを本拠地としている。これらはアメリカ国立気象局の下部組織である。オクラホマ州 フレッシュアイペディアより)

  • 改良藤田スケール

    改良藤田スケールから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    この新しいスケールは2006年2月2日にアトランタで行われたアメリカ気象学会の会議の中で、国立気象局によって初めて公表された。EFスケールは2000年から2004年にかけて、テキサス工科大学WISEセンターの藤田スケール改良計画(Fujita Scale Enhancement Project)において開発された。この計画にはWISEセンターの研究員のみならず、世界中の気象学者や土木技術者が携わっていた。改良藤田スケール フレッシュアイペディアより)

80件中 51 - 60件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード