80件中 61 - 70件表示
  • シュリーブポート (ルイジアナ州)

    シュリーブポート (ルイジアナ州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    シュリーブポートには、全米に122ヶ所、ルイジアナ州内に3ヶ所ある国立気象局の支局の1つが置かれている。シュリーブポート支局はルイジアナ州北西部、テキサス州北東部、アーカンソー州南西部、およびオクラホマ州南東端のマカーテン郡を管轄している。シュリーブポート (ルイジアナ州) フレッシュアイペディアより)

  • エルパソ (テキサス州)

    エルパソ (テキサス州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    国立気象局によると、エルパソでは平年で年間302日の晴天日があり、このことから、The Sun City (太陽の街)と呼ばれている。乾燥していて風が強いため、エルパソは特に春季の3月から5月にかけて、砂嵐に見舞われやすい。エルパソ (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • テネシー洪水 (2010年5月)

    テネシー洪水 (2010年5月)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局は5月7日金曜日までダイアーズバーグとダイヤー郡の水位は下がらないが、5月8日土曜日になると8メートル(26.5フィート)まで下がることを予測した。また、フォークド・ディア川は5月2日の日曜日の夜に2メートル上昇し月曜日の朝5時に7.5メートル、午後4時には8.8メートルまで上昇した。さらに、同局は5月4日火曜日午前7時から午後7時にフォークド・ディア川の最高水位の時間を変更。1937年1月1日以来、約9メートルの上昇が予測される。テネシー洪水 (2010年5月) フレッシュアイペディアより)

  • セントチャールズ (ミズーリ州)

    セントチャールズ (ミズーリ州)から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    市にはアメリカ国立気象局のセントルイス予報事務所があり、ミズーリ州中部、中東部、北東部、さらにイリノイ州南西部を管轄している。セントチャールズ (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・ヘンリー

    ジョセフ・ヘンリーから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    1870年 - アメリカ国立気象局創設に尽力ジョセフ・ヘンリー フレッシュアイペディアより)

  • ビッグサー

    ビッグサーから見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局の共同観測所がファイファー・ビッグサー州立公園にあり、その公式記録では1月が最も寒い月であり、平均最高気温は60.0 (15.6℃) 、最低気温は43.2 (6.2℃) である。8月が最も暑く、その平均最高気温は77.3 (25.2℃)、最低気温は50.2 (10.1℃) である。過去最高気温は2008年6月20日の102 (38.9℃)、最低気温は1998年12月21日の27 (−2.8℃) である。年間平均で90 (32℃) を上回る日は8.8日、32 (0℃) を下回る日は1.4日ある。ビッグサー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年人工衛星衝突事故

    2009年人工衛星衝突事故から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    2月13日、米ケンタッキー州で衝撃音のようなものが聞こえはじめた。米国気象局は付近住民たちに対して"explosions and or earthquakes"(火山の爆発や地震)に関する声明を発表し、衛星の破片の落下に備えるよう警告した。はるか西のニューメキシコ州でも同様の報告が相次ぎ、それらはすべて衝突した衛星の破片の落下物に関するものだった。米連邦航空局も航空機のパイロットに対して降下してくるデブリに警戒するよう注意を促した。2009年人工衛星衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 真鍋淑郎

    真鍋淑郎から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    愛媛県生まれ。1953年東京大学理学部卒。1958年同大大学院博士課程修了。同年アメリカ国立気象局(現・米国海洋大気庁)に入り、後に主任研究員に。真鍋淑郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の気象・地象・天象

    2017年の気象・地象・天象から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    温帯低気圧に変わったハリケーン・ハービーがルイジアナ州に再上陸。これまでに少なくとも31人が死亡。テキサス州での避難者は3万2千人を超えている。ヒューストンのあるハリス郡は四分の一が水没し、アメリカ国立気象局ヒューストン支部は、29日午前9時(日本時間午後11時)での降水量は49.32インチ(1252.7ミリ)と積算降水量が、同国本土での観測史上最高を記録したと発表。だが、その日の内に、で51.88インチ(1320ミリ)と記録を更新。2017年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のアメリカ合衆国

    2017年のアメリカ合衆国から見たアメリカ国立気象局アメリカ国立気象局

    温帯低気圧に変わったハリケーン・ハービーがルイジアナ州に再上陸。これまでに少なくとも31人が死亡。テキサス州での避難者は3万2千人を超えている。ヒューストンのあるハリス郡は四分の一が水没し、アメリカ国立気象局ヒューストン支部は、29日午前9時(日本時間午後11時)での降水量は49.32インチ(1252.7ミリ)と積算降水量が、同国本土での観測史上最高を記録したと発表。だが、その日の内に、で51.88インチ(1320ミリ)と記録を更新。2017年のアメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

80件中 61 - 70件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード