前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たアメリカ合衆国商務省

    アメリカ国立気象局 (あめりかこくりつきしょうきょく、) は、アメリカ合衆国商務省海洋大気庁 (NOAA) を構成する6つの部局のうちの一つで、同国の気象業務を担当する国家機関である。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見た連邦航空局

    連邦航空局や国防総省と共同で、自動地上気象観測システム (Automated Surface Observing System, ASOS) を国内に展開している。多くは空港の近くに置かれており、定時飛行場実況気象通報式 (METAR) として1時間ごとに観測データが通報されている。1890年からASOSが展開されるまでの間、WFO等以外に国土をカバーする気象観測拠点は、ほぼボランティアによって運営される共同観測者システム (Cooperative Observer Program, COOP) のみであった。現在も11,000人がこれに参加している。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たユリシーズ・グラント

    ユリシーズ・グラント大統領の署名に基づき、連邦議会両院による合同決議を経て、1870年2月9日にWeather Bureau(気象局)が発足した。当初の目的は、国内の内陸部にある軍事拠点での気象観測や、五大湖と海岸部でのストーム(嵐)や敵軍の接近情報を提供すること等であった。軍の規律によって、高い即応性・整然性・正確性を要する観測活動が保証されるだろうとの見方から、陸軍長官の指揮下に置かれていた。戦争省に置かれては、アルバート・マイアー准将の下、陸軍信号司令部に配属された。マイヤー准将はこの組織に初めてThe Division of Telegrams and Reports for the Benefit of Commerce(商業利益のための電信及び報告部門)という名称を与えた。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たアメリカ国防総省

    連邦航空局や国防総省と共同で、自動地上気象観測システム (Automated Surface Observing System, ASOS) を国内に展開している。多くは空港の近くに置かれており、定時飛行場実況気象通報式 (METAR) として1時間ごとに観測データが通報されている。1890年からASOSが展開されるまでの間、WFO等以外に国土をカバーする気象観測拠点は、ほぼボランティアによって運営される共同観測者システム (Cooperative Observer Program, COOP) のみであった。現在も11,000人がこれに参加している。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たアメリカ合衆国議会

    ユリシーズ・グラント大統領の署名に基づき、連邦議会両院による合同決議を経て、1870年2月9日にWeather Bureau(気象局)が発足した。当初の目的は、国内の内陸部にある軍事拠点での気象観測や、五大湖と海岸部でのストーム(嵐)や敵軍の接近情報を提供すること等であった。軍の規律によって、高い即応性・整然性・正確性を要する観測活動が保証されるだろうとの見方から、陸軍長官の指揮下に置かれていた。戦争省に置かれては、アルバート・マイアー准将の下、陸軍信号司令部に配属された。マイヤー准将はこの組織に初めてThe Division of Telegrams and Reports for the Benefit of Commerce(商業利益のための電信及び報告部門)という名称を与えた。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たアルバート・マイアー

    ユリシーズ・グラント大統領の署名に基づき、連邦議会両院による合同決議を経て、1870年2月9日にWeather Bureau(気象局)が発足した。当初の目的は、国内の内陸部にある軍事拠点での気象観測や、五大湖と海岸部でのストーム(嵐)や敵軍の接近情報を提供すること等であった。軍の規律によって、高い即応性・整然性・正確性を要する観測活動が保証されるだろうとの見方から、陸軍長官の指揮下に置かれていた。戦争省に置かれては、アルバート・マイアー准将の下、陸軍信号司令部に配属された。マイヤー准将はこの組織に初めてThe Division of Telegrams and Reports for the Benefit of Commerce(商業利益のための電信及び報告部門)という名称を与えた。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たアメリカ合衆国大統領

    ユリシーズ・グラント大統領の署名に基づき、連邦議会両院による合同決議を経て、1870年2月9日にWeather Bureau(気象局)が発足した。当初の目的は、国内の内陸部にある軍事拠点での気象観測や、五大湖と海岸部でのストーム(嵐)や敵軍の接近情報を提供すること等であった。軍の規律によって、高い即応性・整然性・正確性を要する観測活動が保証されるだろうとの見方から、陸軍長官の指揮下に置かれていた。戦争省に置かれては、アルバート・マイアー准将の下、陸軍信号司令部に配属された。マイヤー准将はこの組織に初めてThe Division of Telegrams and Reports for the Benefit of Commerce(商業利益のための電信及び報告部門)という名称を与えた。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たアメリカ合衆国農務省

    1890年に農務省に移管されると共に、民生目的の業務を担当することとなった。1940年には商務省に移管され、1965年に環境科学事業庁 (Environmental Science Services Administration ;ESSA) に移管された。1970年にESSAが国立海洋大気庁 (NOAA) へ統合・再編されると共に、国立気象局 (National Weather Service) に改称され、現在に至る。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見た風向

    国内各地122か所の気象予報事務局 (Weather Forecast Offices; WFOs) が国内デジタル予報データベース (National Digital Forecast Database; NDFD) を利用して作成した図表などの予報を集約して、最終的に発表している。NDFDは、各地の最高・最低気温、湿度、雲量、降水確率、降水量、風向、風速などのデータである。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見た気象

    略称はNWS。日本語圏では、(NOAAの一部局としての) 気象業務部、国家気象局、また単に国立気象局と呼称されることもある。かつて米国内では、気象局 (Weather Bureau) の名で知られた。「米国民の生命や財産を保護し、国家経済の増進を図るため、合衆国領土とその周辺水域および海域における気象・水文・気候の予報や警報を提供すること」を任務とする。本部所在地はメリーランド州シルバースプリング。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード