1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見た波高

    海洋では、国立データブイセンター (National Data Buoy Center, NDBC) が約90か所の海洋気象ブイと約60か所の沿岸観測点 (C-MAN) を設置している。風向・風速・突風のデータのほか、海水温、波高、伝導率、水流などを観測して提供している。また、これを補うためにボランティアのVoluntary Observing Ship (VOS) 事業が行われている。1,000隻近い船から得られる無線の気象情報 (略式) を集約して変換し、国際間の情報網に提供している。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たSkew-T log-P図

    高層気象に関しても、北アメリカで92か所、カリブ海で10か所からラジオゾンデを飛ばして、気圧、温度、湿度を高度ごと・時間ごとに観測している。Skew-T図やステューフェ図にデータを記入すると、各地点の大気の状態を分析できる。観測データはAMDARという形式で国際網に送信されるが、一般利用はできない。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見たNEXRAD

    また、レーダーに関してはドップラー・レーダーの観測網NEXRADが整備されており、技術的にはほぼ世界最先端である。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示

「アメリカの気象」のニューストピックワード