188件中 61 - 70件表示
  • AFCクレーンズ

    AFCクレーンズから見たXリーグXリーグ

    AFCクレーンズは、Xリーグに所属する日本のアメリカンフットボールのチームである。練習拠点は神奈川県横浜市緑区。チーム名はかつての練習拠点だった横浜市鶴見区の頭文字である鶴からとっている。AFCクレーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 小島智子

    小島智子から見たXリーグXリーグ

    立命館大学入学と同時に応援団チアリーダー部に入部した。大学入学前にはバレエやバトン経験はなかったが、4回生時に応援団チアリーダー部長。2000年3月に大学を卒業した後は京都信用金庫に勤務しながらXリーグ所属松下電工インパルスのチアリーダーとしても活躍した。小島智子 フレッシュアイペディアより)

  • 濱中彩恵

    濱中彩恵から見たXリーグXリーグ

    明星大学理工学部出身。血液型はB型。Xリーグ「オンワード・スカイラークス」で3年間チアリーダーを務めた後、2008年に2度目の挑戦でNFLのタンパベイ・バッカニアーズチアリーダーに合格、小島智子に次いで同チーム2人目の日本人チアリーダーとなった。濱中彩恵 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿大学デビルス

    近畿大学デビルスから見たXリーグXリーグ

    同部は社会人アメリカンフットボールのXリーグへも多くの選手を輩出している。その事例として朝日新聞出版発行の週刊朝日ムック「大学ランキング2013年度版」の「スポーツ選手出身大学・アメリカンフットボールXリーグ部門」において同部は、立命館大学・日本大学・法政大学・関西学院大学と言った甲子園ボウルの常連校と並ぶ第4位(関学と同順位)にランクインしている。近畿大学デビルス フレッシュアイペディアより)

  • ブルザイズ東京

    ブルザイズ東京から見たXリーグXリーグ

    ブルザイズ東京(Bullseyes Tokyo)とは、日本社会人アメリカンフットボール Xリーグ Central Divisionに所属するアメリカンフットボールのクラブチーム。「複数市民オーナー制」を採用している。ホームタウンは東京都港区。ブルザイズ東京 フレッシュアイペディアより)

  • 木下剛 (ラグビー選手)

    木下剛 (ラグビー選手)から見たXリーグXリーグ

    2010年、NECグリーンロケッツを退団し、Xリーグのオービックシーガルズに加入してアメフト選手に転向した。木下剛 (ラグビー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 江口慎一郎

    江口慎一郎から見たXリーグXリーグ

    。 IBMではすぐにスターティングメンバーに定着。米国UCLA出身のQBKevin Craftや日本代表WR小川道洋らとともにライスボウル制覇を目指すが、ファーストステージ第2戦の相模原ライズ戦は21対24で敗退。第3戦の王者オービックシーガルズ戦ではハイスコアゲームの大接戦となったが41対42で敗退。結果、Xリーグセントラル地区のファーストステージで3勝2敗となり、地区3位相当でスーパー9に進出。スーパー9の初戦で パナソニック インパルスに敗れて計3敗となり、残す鹿島ディアーズ戦を待たずしてシーズン終了が確定。最終戦となった鹿島ディアーズ戦では7TD2FGを挙げる猛攻を見せ56対35で勝利。2013年は4勝3敗でシーズン終了。2013年12月にアメリカ サウスカロライナ州で開催されたCDFL EURO AMERICAN CHALLENGE BOWLにヨーロッパ選抜の一員として合流。ヨーロッパ選抜には2014年にNFLのセントルイスラムズやクリーブランドブラウンズと契約するAbasi Salimuや、2015年にカロライナパンサーズのミニキャンプに招待されたKyle Nunnらがいた。アメリカ選抜を相手にセンターで先発出場し、ヨーロッパ選抜が1Qに7点先制するなど善戦したが7−24で敗退。帰国後に現役引退している。江口慎一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤佳子

    齋藤佳子から見たXリーグXリーグ

    7歳の時にクラシックバレエ、ジャズダンスを始めた。高校のとき1ヶ月ホームステイを行い、そこでサンフランシスコ・フォーティナイナーズのチアリーダーの魅力と出会った。大学卒業後、大手フランス系ブランド会社に勤務しつつ、1999年に読売ジャイアンツのマスコットガールとなった。2002年にXリーグの富士通フロンティアーズチアリーダーを始めとして、USAオールスターチアリーダー、Xリーグオールスターチアリーダー、Reebook Japan 親善大使などを経て2004年にNFLのサンフランシスコ・フォーティナイナーズのチアリーダーとして活躍した。齋藤佳子 フレッシュアイペディアより)

  • 辻豊人

    辻豊人から見たXリーグXリーグ

    大阪大学卒業後、1965年に朝日放送へ入社。同期の道上洋三・因田宏紀と共に「ABCヤングリクエスト」を担当したが、その後はテレビ神奈川へ移籍。スポーツ実況を担当。退職後は東京MXテレビ等でアメリカンフットボール中継を担当したほか、Xリーグの場内放送も担当。1990年代には競輪中継の司会・実況、雑誌「月刊競輪」のコラム連載など、競輪関係の活動も行っていた。辻豊人 フレッシュアイペディアより)

  • 石田真紀

    石田真紀から見たXリーグXリーグ

    彼女は小学校の時にはサッカークラブに所属していたが、その後近所に住んでいた日本大学フェニックスの篠竹幹夫監督の影響でアメリカンフットボールに興味を持った彼女は選手になりたいと思ったが当時女性のチームはほとんどなく、そこでチアリーダーになる目標を持った。しかし大妻女子大学短期大学部にはチアリーダー部がなかったため、三和銀行に入社してからXリーグの三和銀行ラークヒルズのチアリーダーとしてキャリアをスタートさせた。その後名称をシルバーラークヒルズ(現クラブオックス川崎AFC)と名称が変わってからも活動を続けた。1999年に語学留学したことのあるカリフォルニア州サンディエゴにあるECHLのサンディエゴ・ガルズのオーディションに2003年合格し、2004年から2年間チアリーダーを行った。石田真紀 フレッシュアイペディアより)

188件中 61 - 70件表示

「アメリカンフットボールXリーグ」のニューストピックワード