前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • Xリーグ

    Xリーグから見た鹿島建設

    東京MXTVでの放映は同局の株主でもある鹿島建設の一社提供枠となっており、放映される試合もファイナル6(ただし関東開催ゲーム限定)とJXB以外は鹿島ディアーズと他のチームとの対戦のみである。またジャパンXボウルが関東で行われる場合はスカイ・Aスポーツプラスと東京MXが共同製作としてクレジットされる年もある。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た伊藤ハム

    ハスキーズ- 2部では強豪。かつては、ジャパンシステムや伊藤ハム等のスポンサードを受けながら活動をしていたが、1999年以降、冠スポンサーを持たず、2006・2007年とも2部でブロック優勝するが、いずれのシーズンも1部との入替戦出場を辞退し、引き続き2部残留。入替戦辞退の具体的事情については公式サイト・協会側発表などでも一切説明はなされなかった。2011年シーズン前に至って、「東日本大震災の影響の為」として公式サイトでリーグ戦不参加を表明、更に2012年4月現在、公式ホームページは「メンテナンス中」として、事実上の閉鎖状態で、X2のブロック編成にもチーム名は掲載されていない。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たオンワードホールディングス

    オンワードオークス - 1980年創部、ライスボウルも3度出場した強豪チームだった。(2001年-2007年はオンワードスカイラークスを呼称)2008年シーズンをもってオンワードホールディングスが支援を停止したことにより活動終了。活動継続希望者によりファクトリージャパンをスポンサーとした新チーム相模原ライズが結成される。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たNEC

    NECファルコンズ - 1989年には社会人選手権にも出場した他、パールボウル優勝の実績もある強豪。1996年経営合理化のため廃部。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たレナウン (企業)

    レナウンローバーズ(レナウン) - レナウン本体の業績低迷の影響から2003年でチーム解散。80年代の最盛期には社会人選手権6連覇など社会人最強を誇った。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たライスボウル

    優勝チームは、翌年1月3日に行われる日本一決定戦「ライスボウル」に出場し、学生代表の「甲子園ボウル」優勝校と争う。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た山田章仁

    選手は全員がアマチュアで、それぞれ仕事をしながらリーグ戦に参加している。選手全員が会社の社員選手で構成される純粋な実業団チームは少なく(鹿島、パナソニックなど)、多くのチームが会社の社員選手を含めた上で、他企業で働く選手も多い。中には山田章仁のようにラグビーでプロ契約を結んでいる選手もいる。外国人枠は設けられていないため、外国出身者は日本国籍への帰化、または学校教育法に基づいて一定期間日本の学校に通学し、卒業していない限り出場はできない。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たプレーオフ

    1986年までライスボウルの出場権は実業団リーグの優勝チームに与えられていたが、1987年度から東日本リーグと西日本リーグの1位チームがプレーオフを行い(神戸ボウル)、この勝者がさらに実業団リーグの優勝チームとライスボウル出場権を掛けた決勝戦を行うようになる。これが今日まで続く現行の社会人選手権の記念すべき第1回大会であり、その後東西のリーグ優勝チームによる決勝方式を経て、1997年度より各ディビジョンの上位2チームが出場する「ファイナル6」と呼ばれるプレーオフトーナメントの決勝戦へ改められた。勝者が社会人の年間王者となり、ライスボウル出場権を獲得する。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た住友銀行

    住友銀行スプリングス - 1998年に経営改善のため活動停止。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た学生援護会

    ロックブル - 旧名:学生援護会ロックブル。学生援護会がインテリジェンス傘下となった後の2009年をもって解散。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「アメリカンフットボールXリーグ」のニューストピックワード