46件中 21 - 30件表示
  • Xリーグ

    Xリーグから見た横浜スタジアム

    なお第1回大会(1987年)のみ、横浜スタジアムで開催されたが、第2回大会(1988年)より「東京スーパーボウル」と銘打ち、第16回大会(2002年)まで東京ドームでの開催が慣例であった。第17回大会(2003年)より、アメリカンフットボールの底辺拡大を目指し、東京ドーム以外の地方都市での開催の実施を図る目的で、現在の名称へ変更。第18回(2004年)は初の関西地区開催となるゲームが神戸ウイングスタジアムで行われ、以後第19回(2005年)東京ドーム、第20回(2006年)京セラドーム大阪、第21回(2007年)東京ドームと、関東・関西交互に隔年開催(奇数年度が東京ドーム、偶数年度は関西地方のスタジアムが原則とされていたが、2010年・2012年はいずれも理由不明だがこの原則から外れて、奇数年度と同じ東京ドームでの開催となっている)されている。雑誌や各チームのサイト等ではJXBと略記される場合がある。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たクラブオックス川崎AFC

    三和銀行ラークヒルズ - 現・クラブオックス川崎AFC(X2-EAST)。80年代から90年代前半は上位争いに絡む有力チームだった。金融不況の影響でチーム力が低下、2部降格後、2001年に2部所属のクラブチーム、シルバーオックスと合併、実業団からクラブチームに転向、シルバーラークヒルズとして活動の後、クラブオックスと呼称。さらに2009年にクラブダイノス近鉄と合併し、現在に至る。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たトーナメント方式

    1986年までライスボウルの出場権は実業団リーグの優勝チームに与えられていたが、1987年度から東日本リーグと西日本リーグの1位チームがプレーオフを行い(神戸ボウル)、この勝者がさらに実業団リーグの優勝チームとライスボウル出場権を掛けた決勝戦を行うようになる。これが今日まで続く現行の社会人選手権の記念すべき第1回大会であり、その後東西のリーグ優勝チームによる決勝方式を経て、1997年度より各ディビジョンの上位2チームが出場する「ファイナル6」と呼ばれるプレーオフトーナメントの決勝戦へ改められた。勝者が社会人の年間王者となり、ライスボウル出場権を獲得する。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たアメリカンフットボール

    Xリーグは日本の社会人アメリカンフットボールリーグ。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た日産パルサー

    日産スカイライナーズ(日産プリンス東京販売他)- 旧名・日産パルサーズ。2006年度で解散。1980年の創部以来、90年代まで上位を争う実力派チームだったが、運営会社の業績悪化に伴い廃部。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たオール三菱ライオンズ

    オール三菱ライオンズ(三菱グループ)Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たテレビ埼玉

    東京ドームでの開催分は東京ケーブルネットワーク製作(スカイ・Aスポーツプラスでは「製作協力」としてクレジットされる)で自主放送チャンネルでも放送している。(旧日本社会人リーグ時代から実施。以前はテレビ埼玉にも配給していた)Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見たロックブル

    ロックブル - 旧名:学生援護会ロックブル。学生援護会がインテリジェンス傘下となった後の2009年をもって解散。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た明治安田パイレーツ

    明治安田パイレーツ(明治安田生命・五洋建設)Xリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Xリーグ

    Xリーグから見た国籍

    選手は全員がアマチュアで、それぞれ仕事をしながらリーグ戦に参加している。選手全員が会社の社員選手で構成される純粋な実業団チームは少なく(鹿島、パナソニックなど)、多くのチームが会社の社員選手を含めた上で、他企業で働く選手も多い。中には山田章仁のようにラグビーでプロ契約を結んでいる選手もいる。外国人枠は設けられていないため、外国出身者は日本国籍への帰化、または学校教育法に基づいて一定期間日本の学校に通学し、卒業していない限り出場はできない。Xリーグ フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「アメリカンフットボールXリーグ」のニューストピックワード