125件中 91 - 100件表示
  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たアドバンテージ

    審判団が協議を開始し、審判から協議結果について、両チームおよび場内に報告される。協議の結果、反則との結論に至らなかった場合、反則はなかったものとして取り扱い、デッドボール・ファウルではダウンのやり直し、ライブボール・ファウルではプレーが有効となる。反則との結論に至った場合、反則を受けたチームが罰則を適用するかどうか選択することが出来る。他のスポーツにおけるアドバンテージと似たような措置である。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たホームタウン

    両サイドライン際、両25ヤードラインの間に、選手の待機場所(チームエリア)が設置される。スタンドのあるフィールドの場合、メインスタンド側にホームチーム、バックスタンド側にビジターチームが待機する。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た法政大学

    守備側のキープレーヤーを定め、そのプレーヤーの動きによって、クォーターバックが持って走る(キープする)か、テイルバックまたはフルバックに渡す(ピッチ)か選択するオープンプレイ。キープレーヤーの候補はディフェンスエンド、ラインバッカー、セイフティ、コーナーバックと色々ある。またフルバックにダイブのふり(フェイク)をさせ、オプションを展開する「フリーズオプション(インサイドを見るラインバッカーを一瞬止める(フリーズ)させることから)」や「トリプルオプション(クォーターバックはダイブさせるか、キープするか、ピッチするかの3つの選択をする)」などがある。オプションが得意なQBを「オプションQB」と言う。かつて法政大学が最も得意としていたプレイである。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たジャーマン・フットボール・リーグ

    ジャーマン・フットボール・リーグ - ドイツ (GFL - German Football League)アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たヘルメット

    タックルやブロックなど、激しいコンタクトが多い。このため、選手はヘルメットやプロテクターなどの防具を装備することが義務づけられているが、それでも脳震盪やCTEを発症する選手が続出していることから、危険性の認識、また適切な処置を求め、NFLと元選手約4000人が係争中であり、こちらも注意されたい。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たBroderbund

    プレイメーカー・フットボール(以前はBroderbund、現在はPlaymaker.inc、過去の日本語版はシステムソフト、PC-9801、1990年)アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た週刊少年ジャンプ

    また、NFL JAPANの協力もあり、週刊少年ジャンプでアメリカンフットボールを扱った漫画「アイシールド21」が連載され(「フットボール鷹」など、これ以前からも存在するがそれほど有名ではなかった)、テレビ東京系列でアニメ化もされた。この影響もあってか、小学生におけるタッチフットボールの経験者数は増加傾向にあり、徐々にではあるが、競技人口の裾野が広がりつつある。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た明治神宮外苑競技場

    1934年(昭和9年)になって、立教大学教授ポール・ラッシュと明治大学教授松本瀧藏ら、日本に留学した日系二世が中心となり、立教大学・明治大学・早稲田大学が参加した「東京学生米式蹴球競技連盟」(のち「東京学生アメリカンフットボール連盟」を経て現在の日本アメリカンフットボール協会)を設立。同年11月29日には明治神宮外苑競技場にて、学生選抜軍と横浜外人チームによる、日本で最初の公式戦が行われた。公式にはこれが日本に紹介された嚆矢とされている。ライスボウルで最優秀選手に贈られる「ポール・ラッシュ杯」はラッシュにちなむ。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たアメリカ陸軍士官学校

    1913年、アメリカ陸軍士官学校対ノートルダム大学戦において、ノートルダム大学のガズ・ドライズ(:en:Gus Dorais)とヌート・ロックニー(:en:Knute Rockne)がパスプレーを繰り出し、ランプレーと効果的に織り交ぜ、それまでほとんどランプレーだったアメリカンフットボールの戦術において革命を起こした。40ヤードのタッチダウンパスを皮切りに、ノートルダム大学が得た5TDはすべてパスプレーによるもので、35-13で圧勝した。パスプレー(1回のみ前方にパスができるルール)は、1906年から認可されていたが、それまでは限定的にしか使用されていなかった。この歴史的ゲームは陸軍士官学校を舞台とした映画「長い灰色の線」の中で、当時最強チームの陸軍士官学校が無名のノートルダム大学に、まさに見たこともない新戦術によって大敗して呆然とするというエピソードで取り上げられている。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たマウスピース (スポーツ)

    マウスピース:頭部への衝撃を緩和するために装着。スナップする直前に口に入れて噛み締める。プレーしていない時は会話に差し障りがあるのでフェイスマスクにストラップで吊ってある。過去、マウスピースを使用せずに頭部でコンタクトを行った結果、頸椎損傷などの重大事故が発生し、死亡したケースもあるため、着用を義務付ける規定が年々厳しくなっている。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

125件中 91 - 100件表示

「アメリカンフットボール」のニューストピックワード