134件中 71 - 80件表示
  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たユニフォーム

    アメリカンフットボールの装具とは、防具とユニフォームに大別される。このうち防具は、選手の負傷軽減を目的として装着するものであり、様々な改良を積み重ねながら現在に至っている。「間違いやすいジャッジがひと目でわかる! アメリカンフットボールのルールとスコアのつけ方」(笹田英次 監修)によれば、全ての防具の重さを合計すると、スパイクを含んで5kgほどにもなる。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たTOKYO BOWL

    TOKYO BOWL(大学単独チームによる交流戦・普通は関東2位校とウエスタンジャパンボウル敗退校で争われる)アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た2012年のNFL

    2012年より、スタジアムの観客にも審判団と同じリプレイ映像が提供されることとなった。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た日本

    日本では、一般的にアメフトと略されることが多い。また、以前はアメラグ(アメリカンラグビーの略)や アメリカン とも呼ばれた。日本語表記では、アメリカンフットボールを直訳した米式蹴球、または、鎧(よろい)を髣髴させる装備をしていることから鎧球(がいきゅう)と表記される。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た第1回国民体育大会

    1946年の第1回国民体育大会で1度だけ採用されたこともある。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た脳震盪

    激しいコンタクトが多い。当初はラグビーと同様にジャージでプレーしていたが安全に配慮してヘルメットやプロテクターなどの防具を装備することが義務づけられている。それでも脳震盪やCTE(慢性外傷性脳症)を発症する選手が続出していることから、危険性の認識、また適切な処置を求め、NFLと元選手約4000人が係争中である。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たエレキの若大将

    エレキの若大将(1965年、東宝) - フットボールの描写は必ずしも正確ではない。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たサッカー

    試合全体で時間が決まっており(正規で60分)、カウントダウンする計時方式を採用し、同じフットボールであるサッカーやラグビーのようなロスタイムがない。時間を流す・止めるルールが細かく決まっており、時計と勝負するスポーツとも言われる。プレーせずに時間を流すこともあり、勝ち越しているチーム(を応援する観客)がカウントダウン・コールをする場面がある。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見た四日市ボウル

    四日市ボウル(東海・北陸オールスター対抗戦)アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフットボール

    アメリカンフットボールから見たカナダ

    その名の通り、アメリカで盛んに行われているフットボールであり、アメリカやカナダで単に'というときは、アメリカンフットボールのことを指すことが一般的である。北米以外の地域では、サッカーなど他のフットボールと混同を避けるために、略さずアメリカンフットボール()と呼ぶことが多い。オーストラリアでは、'とも呼ばれている。アメリカンフットボール フレッシュアイペディアより)

134件中 71 - 80件表示

「アメリカンフットボール」のニューストピックワード