前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • ニューエコノミー

    ニューエコノミーから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    1990年代末期のアメリカ経済は、史上最長(戦時下を除く)の景気拡張を経験しており、新興国の経済危機などを背景に、超大国アメリカへの信頼感が高まっていた。ニューエコノミー フレッシュアイペディアより)

  • 豚の日

    豚の日から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    イリノイ州では、「良い意味」で「あまり尊敬されない種」のお祝いが行われる。これは、豚肉産業がアメリカの経済に19億ドルの貢献をしている事実に基づいている。豚の日 フレッシュアイペディアより)

  • 全米経済研究所

    全米経済研究所から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    全米経済研究所(National Bureau of Economic Reasearch, 略称NBER)は、1920年創立の非営利的な無党派の民間研究組織である。経済学における実証分析の研究に特化した組織で、 特にアメリカ経済の研究を専門としている。米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を構え、カリフォルニア州パロアルト、ニューヨーク市に支社がある。全米経済研究所 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国商務省経済分析局

    アメリカ合衆国商務省経済分析局から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    経済分析局 (BEA)は、アメリカ合衆国経済についてのいくつかの重要な統計を提供する、アメリカ合衆国商務省の1機関である。アメリカ合衆国商務省経済分析局 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    これは経済上の資源に余裕がある状態(資本に遊休や余剰があり市中金利が低迷していたり、設備稼働率が低く失業が存在する状態)では有効である。しかし経済上の資源に余裕がない状態でこのような政策を発動すると、名目経済成長率のみが高まり、インフレーションが発生する。1960年代のアメリカ経済は名目成長の内訳が実質成長から物価上昇へ変化していく好例となっている。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・B・メイヤー

    ルイス・B・メイヤーから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    タルバーグ亡き後のメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの舵取りは、文字通りメイヤーの双肩にのしかかることになった。メイヤーは現場の責任者も兼任することになるが、その際にとった戦略とは、これまでより続編物の製作に力を入れるというものだった。大恐慌が到来しアメリカ経済そのものが深刻な打撃を受けても、メイヤー率いるメトロ・ゴールドウィン・メイヤーは好調を維持し続ける。絶頂期のメイヤーはアメリカ合衆国で最も高給取りの男であり、その年収は100万ドルを超えていたとされる。ルイス・B・メイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済

    世界経済から見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    1980年代末から1990年代初めにかけて、東欧革命とソ連崩壊により東側世界の経済は、なし崩し的に西側世界の経済へ吸収され、再び世界経済が生まれた。グローバリゼーションの中で、アメリカ経済が世界の機関車となり高めの成長を達成、日欧は相対的な失速を経験した。世界経済 フレッシュアイペディアより)

  • 金解禁

    金解禁から見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    ところが、この少し前の1929年(昭和4年)10月24日、ニューヨーク株式市場(ウォール街)の株価大暴落が発生して、アメリカ経済は大混乱に陥っていた(「暗黒の木曜日」)。これが後の世界恐慌のきっかけになるが、当初日本国内ではその影響について意見がまちまちであった。これを見た「新平価論」を唱えていた石橋ら経済評論家やアメリカ経済の動向を危惧する三菱財閥の各務鎌吉らは、旧平価での金解禁に強く反対した。一方、三井財閥の池田成彬を中心とした金融界は、これ以上の金解禁の遅延は許されないとして金解禁を支持。井上も、工業国では10年に1度のペースで恐慌が発生していたことから、今回の恐慌を通常経済の範囲内の出来事と考えたために方針変更を行わなかった。金解禁 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク市の歴史

    ニューヨーク市の歴史から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    1800年から1840年にかけての「アメリカ生まれの人々」による発展は目覚しく、おおむね安定していた。財務長官として同市の財政を握ったアレクサンダー・ハミルトンの政策によりニューヨーク市は合衆国経済の中心として発展を続け、1825年には同市を当時の合衆国の中心的港にしたエリー運河と鉄道が開通した。独立戦争後にニューイングランドから大量のヤンキーが同市に集まり、市の総人口は戦前をそれを瞬く間に凌駕した。彼らの多くは中産階級と発展途上の上流階級であり、約95%がアメリカ生まれの人々だった。初期の経済は主に職人達によりまかなわれていたが、その後他の追随を許さない合衆国最大の金融と商業の街へと爆発的な発展を遂げる。ニューヨーク市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    内閣府は景気拡大の「山」は2008年2月で、同3月から景気後退が始まったと判定する方針を固め、2011年10月19日に学識者による景気動向指数研究会を開き、景気拡大の時期を2002年2月から2008年2月までの6年1ヶ月(73ヶ月)と確定した。また、2008年12月11日に全米経済研究所(NBER)がアメリカ合衆国の経済が2007年12月から景気後退入りしたことを宣言しており、日米経済はほぼ同時期に景気後退局面に入ったことになる。第14循環 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード