27件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国議会合同会議

    アメリカ合衆国議会合同会議から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    一般教書演説の他、大統領は特定の主題に関する演説を議会に対して行う。初のこうした演説は、米仏関係に関して、ジョン・アダムズによってなされた。こうした演説の主題として特に多く取り上げられるのは、経済、軍事、外交政策などの諸問題である。アメリカ合衆国議会合同会議 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の軍事

    欧州連合の軍事から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    2008年度の27ヶ国の防衛支出の合計は?2849億ユーロ ($4067億ドル)である。これは欧州のGDPの1.63%に相当し、2008年度のアメリカのGDPの4.5%に相当するアメリカの防衛費?4774ユーロ ($6205億ドル)に次ぐ規模である。欧州連合の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの経済と経済政策

    アメリカの経済と経済政策から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカの経済と経済政策(アメリカのけいざいとけいざいせいさく)とは、アメリカ合衆国の経済に関する実績・政策・状況・問題とその推移を論述するものである。アメリカの経済と経済政策 フレッシュアイペディアより)

  • 働く女性

    働く女性から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    男性の労働力率を年齢別にグラフ化すると一般的に逆U字ないし台形分布が現れるのに対して、女性のそれは男性と異なった傾向を示すことがある。その中で特徴的なものとして知られているのがM字分布である。これは、女性が結婚や出産を機に離職し、育児を終えた後に再び労働市場に戻るというライフコースをとる社会においては、30代で労働力率が低下するため、M字の谷が現れる。1970年代までのアメリカ合衆国や戦後の日本がその代表的な例といえる。働く女性 フレッシュアイペディアより)

  • 財政の崖

    財政の崖から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカはジョージ・W・ブッシュ政権の時から時限的なブッシュ減税を行っていたが、2010年12月にバラク・オバマ大統領は2008年のリーマン・ショック後の景気低迷に対応するためにブッシュ減税を2012年12月31日(以後、現地日時)までの2年間延長する法案に署名した。しかし、これによりアメリカ政府の財政赤字が積み上がり、2011年5月16日に米連邦債務は法定上限額に到達し、アメリカ財務省はデフォルト回避のために特別措置を行った。特別措置の期限日となる2011年8月2日に民主・共和両党は政府の歳出を削減する内容を含んだ債務上限引き上げ法案に合意・可決した。これにより、以後、具体的な歳出削減案の合意に至らなかった場合は、ブッシュ減税の延長措置が切れる2013年1月1日から9年間かけて公共事業・社会保障・国防等の政府の全ての分野の歳出が、合わせて1.2兆ドル分強制的に削減されることになった。1.2兆ドル削減の約半分は国防費となる。仮にこれが実施されれば、ブッシュ減税の終了と強制的な歳出削減により、GDP比で3.3%に相当する5000億ドル(約40兆円)分の財政赤字が解消されるとされたが、何らかの追加的な対策措置が行われない限り、ブッシュ減税の延長期限が切れて9割の家計が実質的増税となり家計平均税率が約4.5%上がる上に、大幅な歳出削減も加わるダブルパンチで、アメリカの景気が崖から落下するように悪化し、アメリカ経済のみならず世界経済に甚大な影響も与える可能性があると予想された。この懸念を「財政の崖」と呼ぶ。なお、これにより、2011年8月5日にスタンダード&プアーズは米国債の長期発行体格付けを格下げし、8月8日に世界の株式・通貨・債権市場で米国債ショックが起こった。財政の崖 フレッシュアイペディアより)

  • マクシム・サブーロフ

    マクシム・サブーロフから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    1955年ゴスプラン議長から離れ、第一副首相に就任した。1956年短期間、国家経済委員会議長も務めたが、このときに第6次五カ年計画について批判を受けている。サブーロフはソ連共産党第一書記となったニキータ・フルシチョフ同様、近い将来、ソ連経済がアメリカ経済を凌駕すると考えていた。サブーロフはモスクワでの外国大使との会合において「ソ連は、将来においてアメリカと互角となることが予見される」との見解を述べている。マクシム・サブーロフ フレッシュアイペディアより)

  • 武者陵司

    武者陵司から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    2006年、「来年(2007年)には日経平均2万円台も視野に入ってくる」と主張した。インタビューの聞き手の「話がうますぎるように聞こえます。」という問いに対して、「私のような意見は少数派です。多くの人がだまされたような気になるのも当たり前です。なぜかと言えば、多くの人はテキストブックの上での合理性にとらわれて、現実を十分に見ようとしていないからです。」と、多数派は現実を見ていないと不見識を指摘した。実際の日経平均は2万円には遠く及ばず、自らの不見識を証明した。2007年以降のサブプライムローン問題についてマスメディアや金融市場がアメリカ経済はマイナス成長に陥り景気減速すると盛んに言われる中、「米国経済不安が広がっているが、まず心配はあるまい」と主張。2007年、某株雑誌にて2008年度の予想をするが、かする事なく予想を外す。武者陵司 フレッシュアイペディアより)

  • レーガノミクス

    レーガノミクスから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    以後のアメリカ経済は1990年代初めまで輸出増大により経常収支が修正される一方で、国内需要が低迷し財政赤字は記録的に悪化した。レーガノミクス フレッシュアイペディアより)

  • 狂騒の20年代

    狂騒の20年代から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    狂騒の20年代と呼ばれる社会と社会的変動は北アメリカに始まり、第一次世界大戦後にヨーロッパに広がった。ヨーロッパはこの時代、大戦からの再建と莫大な人的損失に折り合いをつけることで費やされていた。アメリカ合衆国の経済はヨーロッパの経済との結び付きが強くなっていった。ドイツがもはや賠償金を払えなくなった時、ウォール街はアメリカの大量生産商品の大消費市場としてヨーロッパ経済が流動しておくようにヨーロッパの負債に大きな投資を行った。この10年間の半ばまでに、経済発展はヨーロッパで急上昇し、ドイツ(ヴァイマル共和政)、イギリスおよびフランスで激発し、20年代後半は黄金の20年代(Golden Twenties)と呼ばれるようになった。フランスやカナダのフランス語圏では années folles(狂気の時代)とも呼ばれている。狂騒の20年代 フレッシュアイペディアより)

  • 2043年

    2043年から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    ゴールドマン・サックスの予測によると、インドの経済がアメリカ合衆国の経済をその規模で追い越す。2043年 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード