56件中 11 - 20件表示
  • ニューエコノミー

    ニューエコノミーから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    1990年代末期のアメリカ経済は、史上最長(戦時下を除く)の景気拡張を経験しており、新興国の経済危機などを背景に、超大国アメリカへの信頼感が高まっていた。ニューエコノミー フレッシュアイペディアより)

  • グラム・リーチ・ブライリー法

    グラム・リーチ・ブライリー法から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済史にグラム・リーチ・ブライリー法を位置づける邦文資料グラム・リーチ・ブライリー法 フレッシュアイペディアより)

  • 財政の崖

    財政の崖から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    仮にこれが実施されれば、ブッシュ減税の終了と強制的な歳出削減により、GDP比で3.3%に相当する5000億ドル(約40兆円)分の財政赤字が解消されるとされたが、何らかの追加的な対策措置が行われない限り、ブッシュ減税の延長期限が切れて9割の家計が実質的増税となり家計平均税率が約4.5%上がる上に、大幅な歳出削減も加わるダブルパンチで、アメリカの景気が崖から落下するように悪化し、アメリカ経済のみならず世界経済に甚大な影響も与える可能性があると予想された。この懸念を「財政の崖」と呼ぶ。なお、これにより、2011年8月5日にスタンダード&プアーズは米国債の長期発行体格付けを格下げし、8月8日に世界の株式・通貨・債権市場で米国債ショックが起こった。財政の崖 フレッシュアイペディアより)

  • ジェファーソン流民主主義

    ジェファーソン流民主主義から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    ジェファーソン流農本主義者は、アメリカ合衆国の経済が戦略的商品として工業に基づくよりも農業に基づくべきであると考えた。ジェファーソンは具体的に「地上で労働する者達は神に選ばれた民である。神が選んだのであれば、その民の心情をかなりのまた誠実な美徳のための特別な貯蔵所としたのである。」と考えた。しかし、ジェファーソン派の理想はすべての製造業者に反対していたわけではなかった。むしろ、すべての人々はその生活を支えるために働く権利があり、その権利を阻害するような経済制度は認められないと考えていた。ジェファーソンが怖れたことは、商業と工業が制限もなく拡大して、収入や生活の糧を他人に依存する賃金労働者階級が増えることになるということだった。労働者は将来的に独立した投票者には成り得ないと考えた。ジェファーソン流民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済

    世界経済から見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    1980年代末から1990年代初めにかけて、東欧革命とソ連崩壊により東側世界の経済は、次第に西側世界の経済へ吸収され、再び世界経済が生まれた。グローバリゼーションの中で、アメリカ経済が世界の機関車となり高めの成長を達成、日欧は相対的な失速を経験した。世界経済 フレッシュアイペディアより)

  • マクシム・サブーロフ

    マクシム・サブーロフから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    1955年ゴスプラン議長から離れ、第一副首相に就任した。1956年短期間、国家経済委員会議長も務めたが、このときに第6次五カ年計画について批判を受けている。サブーロフはソ連共産党第一書記となったニキータ・フルシチョフ同様、近い将来、ソ連経済がアメリカ経済を凌駕すると考えていた。サブーロフはモスクワでの外国大使との会合において「ソ連は、将来においてアメリカと互角となることが予見される」との見解を述べている。マクシム・サブーロフ フレッシュアイペディアより)

  • 全米経済研究所

    全米経済研究所から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    全米経済研究所(ぜんべいけいざいけんきゅうしょ、National Bureau of Economic Research, 略称:NBER)は、1920年創立の非営利的な無党派の民間研究組織である。経済学における実証分析の研究に特化した組織で、 特にアメリカ経済の研究を専門としている。米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を構え、カリフォルニア州パロアルト、ニューヨーク市に支社がある。全米経済研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和恐慌

    昭和恐慌から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    しかし、ある意味で、1930年(昭和5年)1月は、金解禁の時期としては最も悪いタイミングであった。政府が金解禁を急いだのは、1929年(昭和4年)までのアメリカの繁栄をみたためであったが、ウォール街大暴落がやがて起こる世界大恐慌の前ぶれであることを予見した世界の指導者は誰ひとりいなかったのであり、井上蔵相もまた、再びアメリカ経済が活況を呈するだろうと考えたのである。ところが、よりによって日本の金解禁は世界恐慌の幕が切って落とされたその時に実行に移されたのだった。金解禁を見越して輸出代金回収を早め、輸入代金支払いを繰り延べる「リーズ・アンド・ラグズ」によって国際収支の好調と為替相場の上昇が一時みられたものの、解禁後は一転して逆調となった。昭和恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・ヴィンソン

    フレデリック・ヴィンソンから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    財務長官としてのヴィンソンの任務は、第二次世界大戦によって揺らいだアメリカ合衆国の経済を安定させることであり、アメリカ合衆国の財務状態を戦後の世界情勢に適応させることであった。終戦直前、ヴィンソンは大規模な戦時公債を募った。フレデリック・ヴィンソン フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク市の歴史

    ニューヨーク市の歴史から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    1800年から1840年にかけての「アメリカ生まれの人々」による発展は目覚しく、おおむね安定していた。財務長官として同市の財政を握ったアレクサンダー・ハミルトンの政策によりニューヨーク市は合衆国経済の中心として発展を続け、1825年には同市を当時の合衆国の中心的港にしたエリー運河と鉄道が開通した。独立戦争後にニューイングランドから大量のヤンキーが同市に集まり、市の総人口は戦前をそれを瞬く間に凌駕した。彼らの多くは中産階級と発展途上の上流階級であり、約95%がアメリカ生まれの人々だった。初期の経済は主に職人達によりまかなわれていたが、その後他の追随を許さない合衆国最大の金融と商業の街へと爆発的な発展を遂げる。ニューヨーク市の歴史 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き SCD−M1P

  • KRC−ME30−T