1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 日本の経済

    日本の経済から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    日本の経済(にほんのけいざい、Economy of Japan)は2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国、中華人民共和国に次いで3番目に大きく、PPP換算でもアメリカ合衆国、中華人民共和国に次いで3番目に大きい。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ノースカロライナ州

    ノースカロライナ州から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    関連項目:アメリカ合衆国の経済、アメリカ合衆国の経済史ノースカロライナ州 フレッシュアイペディアより)

  • 乗数効果

    乗数効果から見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    たとえばアメリカ経済(世界同時不況以前)は家計による消費、企業・政府の投資意欲は旺盛である。このように総投資に見合った総貯蓄(=Y-C:所得-消費)が存在しない場合、経常収支が赤字となる(マクロバランスを参照)。ある経済の経常収支の赤字は、黒字である外国経済が、その経済において貯蓄をしていると解釈される。また世界経済の枠組みにおいては、アメリカ経済も一つの国民経済に過ぎず、世界全体で見た総投資と総貯蓄は等しくなる。乗数効果 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    高度経済成長により日本は、世界有数の人口密度に由来する過剰人口問題を解決して、国民の生活は有史以来初めてといえる豊かさになった。2度のオイルショック後の急激なインフレーション(狂乱物価)と不況は短期間で終わり、素材産業など一部の重厚長大産業は没落したが、省エネルギー化を推進して、ハイテク産業・サービス業が成長して、安定成長へと順調に移行することができた。欧米諸国がスタグフレーションに苦しむなか、自動車や電化製品の生産を激増させ、集中豪雨的な海外輸出の拡大によって貿易黒字は増大の一途をたどった。ついには日本の経済は昭和50年代の1980年(昭和55年)には、戦後わずか30数年にしてGNPレベルではアメリカ合衆国の経済に次ぐ規模を持うようになり、国民の生活レベルは一億総中流と呼ばれた。この間、コンビニ・ウォークマン・カラオケが普及して、昭和50年代に日米経済摩擦が問題となり、日本の人口の増加は続いていたが、団塊の世代が結婚した影響で第2次ベビーブームが発生して出生数が増加した団塊ジュニア世代が誕生した直後の1975年(昭和50年)には出生率が2人を下回り、少子高齢化社会へと移行していく。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ経済

    アメリカ経済から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカ経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの経済

    アメリカの経済から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカの経済 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード