56件中 21 - 30件表示
  • 金解禁

    金解禁から見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    ところが、この少し前の1929年(昭和4年)10月24日、ニューヨーク株式市場(ウォール街)の株価大暴落が発生して、アメリカ経済は大混乱に陥っていた(「暗黒の木曜日」)。これが後の世界恐慌のきっかけになるが、当初日本国内ではその影響について意見がまちまちであった。これを見た「新平価論」を唱えていた石橋ら経済評論家やアメリカ経済の動向を危惧する三菱財閥の各務鎌吉らは、旧平価での金解禁に強く反対した。一方、三井財閥の池田成彬を中心とした金融界は、これ以上の金解禁の遅延は許されないとして金解禁を支持。井上も、工業国では10年に1度のペースで恐慌が発生していたことから、今回の恐慌を通常経済の範囲内の出来事と考えたために方針変更を行わなかった。金解禁 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ホルブルック

    リチャード・ホルブルックから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    未払い金支払いを実現させる一方で、当時アメリカ経済が好調であったことから、それによって分担金の支払い額が増加することを避けるため、ここでは従来通りの「国連の財政システム構造は旧態依然としており、抜本的な改革が必要である」とする主張を行い、未払い金支払いと引き替えに得た負担金減額幅を死守するべく交渉を行った。リチャード・ホルブルック フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの経済と経済政策

    アメリカの経済と経済政策から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカの経済と経済政策(アメリカのけいざいとけいざいせいさく)とは、アメリカ合衆国の経済に関する実績・政策・状況・問題とその推移を論述するものである。アメリカの経済と経済政策 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史

    アメリカ合衆国の歴史から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    国内では戦争が終わった安堵感と、若い兵士が帰国したことから結婚と出産が急増し、1945年から数年間で幼児人口が増加した(ベビーブーム)。いわゆる「ベビーブーマー」(日本では団塊の世代)と呼ばれる世代の登場である。戦争を潜り抜けた若い家族は、戦前の家族制度に縛られず、両親とは離れた郊外に一戸建てを購入して生活することが多くなり、核家族化が急速に進んだ。この背景には、安くて高性能・しかも若者受けするスタイルの自動車が多数販売されたこと、高速自動車道路網の整備が急速に行われたことが大きく影響している。さらに、家庭用電化製品(家電)の発明と普及が、核家族化の進んだ家庭を助けた。郊外の宅地整備ラッシュ、自動車と家電製品の製造、さらには戦争で再び荒廃した西欧へ製品を輸出したことにより、米国経済は非常に活性化し、1950年代には大好況となった。テレビ、レコードなどの新たな娯楽が普及し、エルビス・プレスリーなどのミュージシャンが登場した。また、ハリウッド映画の黄金期と呼ばれるのもこの時代で、長編の大作映画が次々に製作された。アメリカ合衆国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 働く女性

    働く女性から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    男性の労働力率を年齢別にグラフ化すると一般的に逆U字ないし台形分布が現れるのに対して、女性のそれは男性と異なった傾向を示すことがある。その中で特徴的なものとして知られているのがM字分布である。これは、女性が結婚や出産を機に離職し、育児を終えた後に再び労働市場に戻るというライフコースをとる社会においては、30代で労働力率が低下するため、M字の谷が現れる。1970年代までのアメリカ合衆国や戦後の日本がその代表的な例といえる。働く女性 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・B・メイヤー

    ルイス・B・メイヤーから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    タルバーグ亡き後のメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの舵取りは、文字通りメイヤーの双肩にのしかかることになった。メイヤーは現場の責任者も兼任することになるが、その際にとった戦略とは、これまでより続編物の製作に力を入れるというものだった。大恐慌が到来しアメリカ経済そのものが深刻な打撃を受けても、メイヤー率いるメトロ・ゴールドウィン・メイヤーは好調を維持し続ける。絶頂期のメイヤーはアメリカ合衆国で最も高給取りの男であり、その年収は100万ドルを超えていたとされる。ルイス・B・メイヤー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国議会合同会議

    アメリカ合衆国議会合同会議から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    一般教書演説の他、大統領は特定の主題に関する演説を議会に対して行う。初のこうした演説は、米仏関係に関して、ジョン・アダムズによってなされた。こうした演説の主題として特に多く取り上げられるのは、経済、軍事、外交政策などの諸問題である。アメリカ合衆国議会合同会議 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ドノバン

    ショーン・ドノバンから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    2008年12月13日、バラク・オバマがラジオ演説で次期政権のアメリカ合衆国住宅都市開発長官に指名した。低所得者向け住宅金融のサブプライムローン問題が世界金融危機の引き金となり、住宅問題が米国経済と国民生活が直面する当面の重要課題となっており、住宅都市開発長官指名は即戦力としての抜てきである。ドノバンは2009年1月22日に上院で承認を受け、正式に住宅都市開発長官に就任した。ショーン・ドノバン フレッシュアイペディアより)

  • 小原敬士

    小原敬士から見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    小原 敬士(おはら けいじ、1903年4月27日 - 1972年3月26日)は、日本の経済史学者、経済地理学者。専門はアメリカ経済で、一橋大学経済研究所所長、アメリカ学会会長等を歴任した。小原敬士 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き SCD−M1P

  • KRC−ME30−T