56件中 31 - 40件表示
  • 三橋貴明

    三橋貴明から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカ経済の場合、ドルを基軸通貨制度もいつか終わると予想している。三橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    ジョージ・H・W・ブッシュ大統領を、大統領選挙で「It's the economy, stupid! (経済こそが問題なのだ、愚か者!)」と揶揄したように経済最優先を掲げたクリントン政権はその当初から経済政策に力を入れる。アメリカ経済の中心を重化学工業からIT・金融に重点を移し、第二次世界大戦後としては2番目に長い好景気をもたらし、インフレなき経済成長を達成したという意見がある。また、1994年のギングリッチ率いる共和党が上下院を奪還すると、共和党のお株を奪うべく、財政赤字削減に動き出す。アラン・グリーンスパンFRB議長の助言の下に、均衡財政をめざし、巨額の財政赤字を解消して、2000年には2300億ドルの財政黒字を達成した。これらの経済政策は、ロナルド・レーガン政権で行われたレーガノミクスに対し、「クリントノミクス」と呼ばれる。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • 世界恐慌

    世界恐慌から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    10月29日(火曜日)は後に「悲劇の火曜日()」と呼ばれた。投資家はパニックに陥り、株の損失を埋めるため様々な地域・分野から資金を引き上げ始めた。1928年アメリカ市場の投信株の取引高は1万株しかなかったが、翌年に11万株を超えた。そして、アメリカ合衆国の経済への依存を深めていた脆弱な各国経済も、連鎖的に破綻することになる。世界恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 2043年

    2043年から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    ゴールドマン・サックスの予測によると、インドの経済がアメリカ合衆国の経済をその規模で追い越す。2043年 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ソロス

    ジョージ・ソロスから見たアメリカ経済アメリカ合衆国の経済

    同月にはまた、「近いうちに中国経済は完全に崩壊する」との見通し示し、「世界経済にとって脅威なのは米国の予算崩壊でもユーロ圏の問題でもなく、中国の財政問題にある」と述べ、「(高利回りの金融商品「理財商品」が蔓延っている)中国の飛躍的な経済発展を支えるモデルは、(リーマン・ショック以前の)2008年以前の米国経済に類似しており」「いかなる改革も中国を救うことはできない」と考えているという。ジョージ・ソロス フレッシュアイペディアより)

  • 2017年北朝鮮危機

    2017年北朝鮮危機から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    2017年、北朝鮮は急速に核兵器能力を伸ばして、アメリカとその同盟国への軍事的な緊張を高めた。北朝鮮は、数回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に成功し、アメリカの領土や同盟国の韓国と日本を攻撃すると脅した。これに対して米国も、テロ支援国家への再指定、国連安保理での連続的な経済制裁強化決議、国連軍派遣国の会合や海上封鎖の呼びかけ、シリアへの巡航ミサイル攻撃やアフガニスタンでの大規模爆風爆弾兵器(MOAB)の投下による牽制、アメリカ国民の北朝鮮渡航禁止と北朝鮮籍者の入国禁止や北朝鮮と取引する個人・企業のアメリカ経済からの締め出しといった独自制裁、各国に国交断絶など北朝鮮との外交・貿易関係の見直しを迫る圧力、史上初のICBMを迎撃する実験、韓国との戦術核兵器再配備や軍事的選択肢の協議、朝鮮半島沖での軍事境界線を越えた戦略爆撃機の威嚇飛行や3個の空母打撃群と2隻の原子力潜水艦の展開などといった外交・軍事両面で「最大限の圧力」で対応することを方針に位置づけ、アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプは「米国は25年間も北朝鮮と対話し続け、脅されて強請られた。対話は答えではない」「軍事的な解決策の準備は完全に整っている」「米国を脅し続ければ世界が見たこともない火力と怒りに遭わせる」と発言している。北朝鮮はトランプ政権がCIAを通じて北朝鮮の最高指導者の金正恩の暗殺未遂を起こしたと主張している。トランプは初の国連演説でアメリカ人大学生オットー・ワームビアの拘束や金正男の暗殺の他、北朝鮮による日本人拉致問題などを挙げて北朝鮮を批判し、「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強く警告した。これに金正恩は「トランプが世界の面前で私と国家の存在自体を否定して侮辱し、我が共和国を滅ぼすという歴代で最も凶暴な宣戦布告をしてきた」として「老いぼれ」「犬」などと罵倒する北朝鮮史上初の最高指導者名義の声明で猛反発し、トランプも「チビのロケットマン」「狂った男」「不気味な犬ころ」と貶すなど激化する米朝の応酬は国家間を超えて政府首脳同士の個人攻撃にも拡大している。同年9月30日、レックス・ティラーソン国務長官は訪問先の中国で「対話の意思があるか打診してる。意思疎通できるチャンネルはある」とトランプ政権では初めて米朝の水面下での接触を認めたが、その直後に国務省は「北朝鮮に対話への意思は見られない」と声明し、10月1日にトランプ大統領は「チビのロケットマンとの対話、交渉は時間の無駄である。長官はエネルギーを浪費してはならない」とティラーソンに助言したと述べ、2日にはホワイトハウスは「北朝鮮と交渉すべき時ではない」と発表した。同年12月12日、ティラーソン国務長官は「北朝鮮との最初の対話を無条件にすることも可能だ」と述べつつ朝鮮半島有事を想定した核の確保と難民対策や38度線を越えた米軍の撤退など具体的対応を中国と協議してることも初めて表明した。ただし、北朝鮮からの核・ミサイル開発の破棄や挑発の中止を前提とする方針の転換とも受け取れるこの発言については国務省とホワイトハウスと国家安全保障問題担当大統領補佐官のハーバート・マクマスターやティラーソン国務長官自身も修正した。2017年北朝鮮危機 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の外交政策

    アメリカ合衆国の外交政策から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    アメリカは1932年から1938年にかけて孤立主義的な政策を採用していたが、フランクリン・ルーズベルト大統領はドイツや日本と戦う連合国を強く支援するよう方向性を大きく変えた。国内における激しい論争の末、民主主義の造兵廠になることを国家の政策として決め、アメリカ人の兵士を送ることなく、連合国に経済的、軍事的支援を行った。ルーズベルトは「世界のどこにおいても」謳歌されなければならない4つの基本的な自由について述べた。これらは欠乏からの自由、恐怖からの自由とともに言論と表現の自由とすべての個人がそれぞれの方法で 神を礼拝する自由が含まれていた。ルーズベルトは大西洋会談で潜在的な連合国との戦後世界の建設構想について話し合った。その中には先の失敗を教訓として後の国際連合につながる特筆すべき点が含まれていた。アメリカの政策は日本に圧力をかけて中国から撤退させ、また日本がソ連を攻撃するのを阻止すさせることだった。しかし、1941年12月、日本は真珠湾を攻撃し、アメリカは日本、ドイツ、イタリアとの戦争に突入した。第一次世界大戦では連合国に資金を貸与したが、アメリカはレンドリース法によって500億ドルを供与した。イギリスのウィンストン・チャーチル、ソ連のヨシフ・スターリンと緊密に行動し、ルーズベルトは日本に対して太平洋に、そしてイタリアとドイツに対し北アフリカに、そしてついにフランス、イタリアとともにヨーロッパ戦線にも軍隊を派遣した。アメリカの経済は前進し、産業生産は倍増し、膨大な量の航空機、艦船、戦車などの軍需品と、そしてついに、原子爆弾を創造した。アメリカの戦争への努力の多くは、日本とドイツの都市を廃墟にした戦略爆撃機の生産に費やされた。アメリカ合衆国の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ

    ジョン・F・ケネディから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    ケネディはアイゼンハワー政権末期から始まった不況への対策として、失業手当の13週間延長、失業者の子供への補助金、早期退職を奨励するための年金増額、最低賃金の向上、スラム再開発のための政府融資などの法案を通過させるとともに、各省庁の物資調達や公共投資の前倒しを行い、経済回復へと向かわせようとした。ジョン・F・ケネディ フレッシュアイペディアより)

  • ノースカロライナ州

    ノースカロライナ州から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    関連項目:アメリカ合衆国の経済、アメリカ合衆国の経済史、Economy of North Carolinaノースカロライナ州 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    内閣府は景気拡大の「山」は2008年2月で、同3月から景気後退が始まったと判定する方針を固め、2011年10月19日に学識者による景気動向指数研究会を開き、景気拡大の時期を2002年2月から2008年2月までの6年1ヶ月(73ヶ月)と確定した。また、2008年12月11日に全米経済研究所(NBER)がアメリカ合衆国の経済が2007年12月から景気後退入りしたことを宣言しており、日米経済はほぼ同時期に景気後退局面に入ったことになる。第14循環 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き SCD−M1P

  • KRC−ME30−T