56件中 41 - 50件表示
  • インターネット・バブル

    インターネット・バブルから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    このような株価の崩壊のなかで、多くのIT関連ベンチャーは倒産に追い込まれ、2002年の米国IT関連失業者数は56万人に達した。シリコンバレーを中心とした起業支援ファンドは一時的にではあれ縮小や廃止を余儀なくされ、Google・Amazon.com・eBayなど、一部のベンチャー企業のみが生き残った。崩壊後の不況の最中、2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が発生し、アメリカ合衆国の経済は深刻な不況へ突入した。インターネット・バブル フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トランプ

    ドナルド・トランプから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    為替政策についても批判しており、たびたび「日本の度重なる円安誘導のせいで、友達は高いキャタピラーではなく、コマツのトラクターを購入した」、「日本の安倍は(米経済を)殺す者だ〈この訳はあくまで日本メディアが当てたものであり、"killer"には褒め言葉としての用法があることに留意する必要がある〉、やつは凄い。地獄の円安でアメリカが日本と競争できないようにした」(Abe from Japan, who's a killer, he's great. He's already knocking the hell out of the yen)などと発言している。ウォールストリート・ジャーナルは「確かに円安は日本の輸出の助けとなっているが、日銀の金融緩和政策は内需拡大とインフレ目標実現のためで、輸出促進のためではない。それに、コマツは米国内で何千もの雇用を創出している」と指摘するなど、論理の粗雑さが指摘されている。ドナルド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の軍事

    欧州連合の軍事から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    2008年度の27ヶ国の防衛支出の合計は?2849億ユーロ ($4067億ドル)である。これは欧州のGDPの1.63%に相当し、2008年度のアメリカのGDPの4.5%に相当するアメリカの防衛費?4774ユーロ ($6205億ドル)に次ぐ規模である。欧州連合の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    高度経済成長により日本は、世界有数の人口密度に由来する過剰人口問題を解決して、国民の生活は有史以来初めてといえる豊かさになった。2度のオイルショック後の急激なインフレーション(狂乱物価)と不況は短期間で終わり、素材産業など一部の重厚長大産業は没落したが、省エネルギー化を推進して、ハイテク産業・サービス業が成長して、安定成長へと順調に移行することができた。欧米諸国がスタグフレーションに苦しむ中、自動車や電化製品の生産を激増させ、集中豪雨的な海外輸出の拡大によって貿易黒字は増大の一途を辿り、ついに日本の経済は昭和40年代に、ソビエト連邦・西ドイツを抜き、世界第2位の経済大国となった。昭和50年代の1980年(昭和55年)には、戦後わずか30数年にしてGNPレベルではアメリカ合衆国の経済に次ぐ規模を持うようになり、国民の生活レベルは一億総中流と呼ばれた。この間、コンビニ・ウォークマン・カラオケが普及して、昭和50年代に日米貿易摩擦が問題となった。日本の人口の増加は戦後急速に進んでいたが、団塊の世代の結婚が増加した影響で(昭和46年度〜昭和49年度)に第2次ベビーブームが発生したのが日本の人口構造の転換点となった。出生数が一時的に増加した団塊ジュニア世代が誕生した直後の1975年(昭和50年)以降の昭和50年代にはしらけ世代の女性の未婚率の上昇で出生率が2人を下回った。昭和50年代から日本国は少子高齢化社会へと移行していく。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    しかし、戦火によって荒廃していたヨーロッパや日本の復興は、アメリカ合衆国の経済的優位を揺るがし、1960年代に入ると、これら各国へのドルの流出によるドルの地位低下が深刻なものとなった。こうした情勢を受け、アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンは、1971年8月15日にアメリカ合衆国ドルと金との兌換停止を電撃的に発表し、アメリカ合衆国ドルは金本位制を放棄し、管理通貨制度へと移行した。これは第二次ニクソン・ショック、またはドル・ショックと呼ばれ、ブレトン・ウッズ体制は、これにより崩壊した。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • エンロン

    エンロンから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    監査を担当しながら、一方で粉飾決済やその証拠の隠蔽に関与していた、大手会計事務所アーサー・アンダーセンの信用は失墜し、当時世界5大会計事務所の1つと言われた名門会計事務所は、2002年に解散を余儀なくされた。エンロンとワールドコムと合わせ、アメリカ合衆国のみならず、世界を代表する3社もの巨大企業と信用を短期間で失ったアメリカ合衆国の経済は大きな混乱に陥り、世界経済にも大きな影響を及ぼした。エンロン フレッシュアイペディアより)

  • 狂騒の20年代

    狂騒の20年代から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    狂騒の20年代と呼ばれる社会と社会的変動は北アメリカに始まり、第一次世界大戦後にヨーロッパに広がった。ヨーロッパはこの時代、大戦からの再建と莫大な人的損失に折り合いをつけることで費やされていた。アメリカ合衆国の経済はヨーロッパの経済との結び付きが強くなっていった。ドイツがもはや賠償金を払えなくなった時、ウォール街はアメリカの大量生産商品の大消費市場としてヨーロッパ経済が流動しておくようにヨーロッパの負債に大きな投資を行った。この10年間の半ばまでに、経済発展はヨーロッパで急上昇し、ドイツ(ヴァイマル共和政)、イギリスおよびフランスで激発し、20年代後半は黄金の20年代()と呼ばれるようになった。フランスやカナダのフランス語圏では狂気の時代()とも呼ばれている。狂騒の20年代 フレッシュアイペディアより)

  • 大本営発表

    大本営発表から見たアメリカの経済アメリカ合衆国の経済

    1943年(昭和18年)11月から12月にかけて行われた、6次に渡るブーゲンビル島沖航空戦は日本の惨敗に終わったが、大本営海軍部は虚偽の多大な戦果を発表し続けた。この発表は、ラジオ・トウキョウを通じてアメリカ合衆国にも短波ラジオで受信されており、大本営の戦果発表を真に受けた投資家の行動によって、ニューヨーク証券取引所のダウ平均株価が下落し、アメリカの経済を混乱させた。大本営発表 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    米国は先進国かつ世界最大級の国民経済を有する。同国経済は、豊富な天然資源と高い労働者の生産性により支えられている。同国経済は脱工業化社会だとされている一方、世界最大の製造国のうちの1つであり続けている。同国は世界の軍事支出の37%を占め、世界最高位の経済・軍事大国であり、大きな政治・文化的勢力であり、科学研究・技術革新におけるリーダー的存在とされている。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • リーマン・ショック

    リーマン・ショックから見たアメリカ合衆国の経済アメリカ合衆国の経済

    リーマン・ブラザーズも例外ではなく、多大な損失を抱えており、2008年9月15日(月曜日)に、リーマン・ブラザーズは連邦倒産法第11章の適用を連邦裁判所に申請するに至る。この申請により、同社が発行している社債や投信を保有している企業への影響、取引先への波及と連鎖などの恐れ、及びそれに対するアメリカ合衆国議会・アメリカ合衆国連邦政府の対策の遅れから、アメリカ合衆国の経済に対する不安が広がり、世界的な金融危機へと連鎖した。2008年10月3日には、アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが、金融システムに7,000億ドルの金銭支援をするための法案()に署名する。リーマン・ショック フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き SCD−M1P

  • KRC−ME30−T