134件中 41 - 50件表示
  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たFRB

    自前の貯蓄で長く資本蓄積を続けてきたアメリカ経済であるが、1980年代から次第に状況が変化していった。このころ、インフレーションの沈静化に伴い金融緩和が行なわれた。1970年代におけるインフレーションと高金利で低迷していた株式市場は割安感から一気に上昇を始めた。このため、家計は貯蓄形成を有価証券などの資産に依存するようになった。1980年代の株高はブラックマンデーにより一段落するが、グリーンスパン率いるFRBの金融政策により大きな衝撃となることは回避された。その後、1994年頃から再び株式市場の騰勢が強まり、1995年以降アメリカの家計貯蓄率は著しく低下した。2000年のITバブル崩壊により株式市場は多くの資産を失ったが、変わって住宅市場が伸張し、家計の資産に依存した貯蓄形成が続いた。これらの資産市場の活況はたびたび訪れた不況のたびにFRBが金融政策を動員し資産市場経由の景気回復を実現してきたことが原因である。この資産経済化がアメリカの貯蓄不足と翻っては国際不均衡の根本要因となっている。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たベライゾン・コミュニケーションズ

    ベライゾン・コミュニケーションズ(電話・携帯電話)アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たゼネラル・エレクトリック

    ゼネラル・エレクトリック(総合メーカー)アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たクライスラー

    T型フォードの量産に成功したフォード・モーター、2008年まで約77年間、自動車販売台数世界一であったゼネラルモーターズ(GM)、米国3位のクライスラーがビッグスリーを形成していたが、1980年代にはトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業といった日本の自動車メーカーに性能の面で劣るようになっていき、貿易摩擦にまで発展していった。その後も、米国内で受け入れられる大型のピックアップトラックの生産により活路を見出していたが、貿易摩擦回避のために米国に生産拠点を設置した日本自動車メーカーと比べて人件費が高いこと、全米自動車労働組合に払う企業年金も巨額に上ること、小型化、燃費効率の改善といった消費者のマインドをつなげるような商品を供給できなかったことから、事業の構造改革は進まなかった。そして、世界金融危機_(2007年-)により売上高が急減、資金繰が逼迫することになり、2008年12月には不良資産買い取りプログラム(TARP)7000億ドルの中から、GM、クライスラーはつなぎ融資を受けたものの、2009年4月30日にはクライスラーが、同年6月1日、GMが連邦倒産法第11章の適用を申請、それぞれ、新生クライスラー、新生GMとして歩みだした。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たアンハイザー・ブッシュ

    投資会社Kohlberg Kravis RobertsがM&Aを通じて、事業規模を拡大させたナビスコ、世界中に原液を供給・販売しているペプシコ、ザ コカ・コーラ カンパニー、ベルギーのインベブに2008年買収され傘下に入ったアンハイザー・ブッシュ(バドワイザーのブランド)、ケチャップ生産・販売をコア事業として世界展開しているハインツといった多国籍企業が存在する。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たザ コカ・コーラ カンパニー

    投資会社Kohlberg Kravis RobertsがM&Aを通じて、事業規模を拡大させたナビスコ、世界中に原液を供給・販売しているペプシコ、ザ コカ・コーラ カンパニー、ベルギーのインベブに2008年買収され傘下に入ったアンハイザー・ブッシュ(バドワイザーのブランド)、ケチャップ生産・販売をコア事業として世界展開しているハインツといった多国籍企業が存在する。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た国民経済

    アメリカ合衆国の経済(アメリカがっしゅうこくのけいざい、)では、アメリカ合衆国の国民経済について述べる。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た穀物

    アメリカ経済は世界最大の市場でもあるため、世界中の国がアメリカへ向けて輸出をしている。原油などの資源をはじめ、自動車、衣類、電子機器などの工業製品を大量に輸入している。一方で、穀物などの食料、情報機器、ソフトウエア、映画、物流・金融サービスなどを輸出している。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た経済成長

    アメリカ経済は、世界最大の国民経済で、その動向は国際経済に大きな影響を及ぼしている。現在のアメリカ経済は、自由貿易と活発な資本投下、低いインフレ率と堅調な金融市場を背景に経済成長を続けている。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たITバブル

    戦後、ブレトンウッズ体制の下で毎年数十億ドルの貿易黒字が計上されていた。1970年代前半、赤字になる年が出始めたアメリカの貿易収支は、70年代後半になると毎年赤字になり次第に額が膨張していった。1987年には1606億ドルもの経常赤字を計上し、諸外国からインフレを輸出しているとして批判の的となった。その後、国内の不景気と日本の内需拡大からアメリカの経常赤字も減少し1991年には37億ドルの経常黒字となる。しかし、長期好況と世界的な内需不足から再び経常赤字は拡大。ITバブル崩壊後も堅調な個人消費と歳出拡大から経常赤字は拡大する一途である。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

134件中 41 - 50件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード