130件中 61 - 70件表示
  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たテキサス州

    五大湖の南西に広がる地域では開拓農民が家族規模の小規模な農業でとうもろこしや、小麦、牧草などを生産しつつ、牛や豚などの家畜を飼育した。このような混合農業地帯はコーンベルトと呼ばれている。育てられた農作物は貨物列車によって大都市に輸送された。農業規模が大きくなり、企業化が進むにつれ飼料作物を分離して生産する農場とフィードロットとの分離が進み、合理的な畜産が行われるようになった。しかし、1970年代にはテキサス州北部からネブラスカ州にかけてアメリカ最大の牛肉生産地域が形成された。このような地域ができた要因にはオガララ帯水層と呼ばれる世界最大の地下水資源があり、これを利用したセンターピボット灌漑装置による円形農場が作られ、飼料であるとうもろこしが生産されるようになった。しかし、近年では地下水のくみ上げによる地下水の低下や塩害などによる耕作不能地が増えてきている。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た小麦

    主な作物の生産を見ると小麦の生産量は世界のおよそ9,4%にあたり世界三位、とうもろこしは41.4%で世界一。大豆の生産量は41.2%で世界一。綿花は20.8%で世界二位である。オレンジも18.2%で世界二位。牛肉は18.9%で世界一である。豚肉は9.3%で世界二位である(データは2004年度)。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たビッグスリー

    フォード・モデルTの量産に成功したフォード・モーター、2008年まで約77年間、自動車販売台数世界一であったゼネラルモーターズ(GM)、米国3位のクライスラーがビッグスリーを形成していたが、1980年代にはトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業といった日本の自動車メーカーに性能の面で劣るようになっていき、貿易摩擦にまで発展していった。その後も、米国内で受け入れられる大型のピックアップトラックの生産により活路を見出していたが、貿易摩擦回避のために米国に生産拠点を設置した日本自動車メーカーと比べて人件費が高いこと、全米自動車労働組合に払う企業年金も巨額に上ること、小型化、燃費効率の改善といった消費者のマインドをつなげるような商品を供給できなかったことから、事業の構造改革は進まなかった。そして、世界金融危機_(2007年-)により売上高が急減、資金繰が逼迫することになり、2008年12月には不良資産買い取りプログラム(TARP)7000億ドルの中から、GM、クライスラーはつなぎ融資を受けたものの、2009年4月30日にはクライスラーが、同年6月1日、GMが連邦倒産法第11章の適用を申請、それぞれ、新生クライスラー、新生GMとして歩みだした。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た住宅

    移民受け入れなどを背景に、先進国の中では人口増加率が高く、住宅建設などの内需が強い。一方、所得や資産の格差は次第に拡大している。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た好況

    戦後、ブレトンウッズ体制の下で毎年数十億ドルの貿易黒字が計上されていた。1970年代前半、赤字になる年が出始めたアメリカの貿易収支は、70年代後半になると毎年赤字になり次第に額が膨張していった。1987年には1606億ドルもの経常赤字を計上し、諸外国からインフレを輸出しているとして批判の的となった。その後、国内の不景気と日本の内需拡大からアメリカの経常赤字も減少し1991年には37億ドルの経常黒字となる。しかし、長期好況と世界的な内需不足から再び経常赤字は拡大。ITバブル崩壊後も堅調な個人消費と歳出拡大から経常赤字は拡大する一途である。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たインフレ

    戦後、ブレトンウッズ体制の下で毎年数十億ドルの貿易黒字が計上されていた。1970年代前半、赤字になる年が出始めたアメリカの貿易収支は、70年代後半になると毎年赤字になり次第に額が膨張していった。1987年には1606億ドルもの経常赤字を計上し、諸外国からインフレを輸出しているとして批判の的となった。その後、国内の不景気と日本の内需拡大からアメリカの経常赤字も減少し1991年には37億ドルの経常黒字となる。しかし、長期好況と世界的な内需不足から再び経常赤字は拡大。ITバブル崩壊後も堅調な個人消費と歳出拡大から経常赤字は拡大する一途である。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たベルギー

    投資会社Kohlberg Kravis RobertsがM&Aを通じて、事業規模を拡大させたナビスコ、世界中に原液を供給・販売しているペプシコ、ザ コカ・コーラ カンパニー、ベルギーのインベブに2008年買収され傘下に入ったアンハイザー・ブッシュ(バドワイザーのブランド)、ケチャップ生産・販売をコア事業として世界展開しているハインツといった多国籍企業が存在する。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た植民地

    現代アメリカ経済の系譜は植民地として始まった。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た産業革命

    アフリカから輸入される奴隷を使役し南部で綿花生産が発展した。これは、当時英国で緩やかに進んでいた産業革命の影響である。イギリスが次第に自由貿易体制を構築する中で、南部は繁栄を謳歌したが、工業化をすすめる北部は競争にさらされていた。このように、南北で貿易体制に関する利害が対立した結果、南北戦争が発生、結果的に、経済力に勝った北部が勝利しアメリカは保護貿易化を進めることになった。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見た灌漑

    五大湖の南西に広がる地域では開拓農民が家族規模の小規模な農業でとうもろこしや、小麦、牧草などを生産しつつ、牛や豚などの家畜を飼育した。このような混合農業地帯はコーンベルトと呼ばれている。育てられた農作物は貨物列車によって大都市に輸送された。農業規模が大きくなり、企業化が進むにつれ飼料作物を分離して生産する農場とフィードロットとの分離が進み、合理的な畜産が行われるようになった。しかし、1970年代にはテキサス州北部からネブラスカ州にかけてアメリカ最大の牛肉生産地域が形成された。このような地域ができた要因にはオガララ帯水層と呼ばれる世界最大の地下水資源があり、これを利用したセンターピボット灌漑装置による円形農場が作られ、飼料であるとうもろこしが生産されるようになった。しかし、近年では地下水のくみ上げによる地下水の低下や塩害などによる耕作不能地が増えてきている。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

130件中 61 - 70件表示

「アメリカ企業と経済」のニューストピックワード

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き SCD−M1P

  • KRC−ME30−T