353件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た連邦準備制度連邦準備制度

    現在は、貴金属等との兌換制度は無く、中央銀行である連邦準備制度が発行を管理する管理通貨制度のもとにある。1971年のニクソン・ショックまでは金本位制が続けられていた。1792年の貨幣法(Coinage Act of 1792)以来金銀複本位制)であったが、1873年(Coinage Act of 1873)には完全に金銀複本位制が破棄され金本位制となり、1900年には法令で金本位制として1ドル=金20.67オンスが規定された。ただし兌換比率は歴史的に大きく変動している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見た連邦準備制度連邦準備制度

    2000年にITバブルが崩壊し、インターネット・情報技術関連企業の上場が多い米国NASDAQ市場は大暴落を見せ、その影響から2001年4?6月期からは米国GDPが3四半期連続のマイナス成長となり、失業率も増加の一途をたどり、米財政赤字は拡大を続け、米国経済は停滞していた。米国政府は経済対策として大規模所得減税を実施し、FRBは2000年末から利下げをくり返していた。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジョーンズ

    アレックス・ジョーンズから見た連邦準備制度連邦準備制度

    2011年10月、ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)運動に対して、アレックスは当初、この運動を「アメリカ国民がついに目覚めた」と支持していたが、後に、ジョージ・ソロスが資金提供を行っていること、アル・ゴアやミハイル・ゴルバチョフなどの大物グローバリストが運動への支持を表明し始めると、この運動は社会主義者が組織した「統御された反対派 (Controlled Opposition)」であり、アメリカ版のカラー革命を起こそうとしているとして運動に批判的になった。アレックスは悪の根源は連邦準備制度と「六つの巨大銀行 (Six Mega-Banks)」(ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、シティグループ)であるとして、「Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)」運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えた。アレックス・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジョーンズ

    アレックス・ジョーンズから見た連銀連邦準備制度

    1998年、当時テキサス州知事であったジョージ・W・ブッシュ支持者の集会の最前列に紛れ込み、ブッシュの演説中、「連銀とCFRを廃止すべきじゃないですか、知事?それがこの国を破壊している真の現実ですよ。アメリカのために立ち上がらないのですか、知事?」と質問を投げかけたが、ブッシュは黙って何も答えずアレックスは警備員にその場から連行された。アレックス・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ポール

    ロン・ポールから見た連邦準備制度連邦準備制度

    反対している政策の主なものは、連邦準備制度、妊娠中絶問題に対する連邦政府の関与、死刑制度、所得税(違憲であると主張)、国民皆保険。ロン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • 石油食料交換プログラム

    石油食料交換プログラムから見た連邦準備制度連邦準備制度

    2005年2月3日にポール・ボルカー(元連邦準備制度議長)による調査委員会が発した暫定報告によれば、プログラム下で提供された食料は「人間の消費とするには不適切だ」という。報告は、プログラムの間を通じてセバンが15万ドル近い賄賂を受け取ったと結論しており、セバンはこの調査の結果、2005年に国連から停職処分を受けている。石油食料交換プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 景気後退の形状

    景気後退の形状から見た連邦準備制度連邦準備制度

    V字不況の一例にアメリカのがある。1950年代のはじめ、アメリカの経済は好況にあったが、連邦準備理事会がインフレを予想して利上げをしたため、アメリカは不況に陥った。1953年に増長率が下げ始め、第3四半期には経済が2.4パーセントも収縮した。第4四半期には6.2パーセントの収縮になり、翌年の第1四半期も2パーセントの収縮であったが第4四半期には8パーセントの増長と不況前以上に回復した。この不況では国内総生産と国内総生産の増減率の両方がV字形をしていた。景気後退の形状 フレッシュアイペディアより)

  • サブプライムローン

    サブプライムローンから見た連邦準備制度連邦準備制度

    サブプライムローンに関する信用への問題が顕在化するにつれて、それを要因に含んだものとされる各国の株式市場の株価の下落や、為替におけるドル安の動きなどが見られた。アメリカ合衆国の政府はじめ金融当局は、サブプライムローン問題の直接の金融システムないしは信用システムに対する危機的悪影響を否定しているが、アメリカ連邦準備制度理事会や各国の中央銀行は、市場に対する資金の供給量を増すなど、本問題を契機とする信用問題に対して一定の対策を取りはじめている。サブプライムローン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)

    アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)から見た連邦準備制度連邦準備制度

    1913年の連邦準備金法はウィルソンの成果としては最も長続きした法となった。これは既存の銀行に全国を12の地区にわける新しい組織を課した。それぞれの地区には連邦準備銀行を置き、すべて連邦準備制度理事会の監督下に置いた。連邦準備銀行は制度に参加した銀行の現金を保管しておく場所として機能した。この制度ができるまで、合衆国政府は金の供給管理の大部分を規制のない民間銀行に任せていた。公式の兌換貨幣は金貨だったが、大半の借金や支払は金への兌換という約束に裏付けられた紙幣で行われた。この制度における問題点は、銀行がその現金保有高を超えて商いをする傾向にあることであり、紙幣を金貨に換えようと預金者が殺到する恐慌が周期的に繰り返されてきていた。この法の成立で、金供給に大きな柔軟性が保証され、事業の需要に見合う連邦保証紙幣を発行する規定が作られた。連邦準備制度の創設は今日でも議論の多いものである。アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918) フレッシュアイペディアより)

  • バロース

    バロースから見た連邦準備銀行連邦準備制度

    1950年代、バロースは連邦準備銀行と共同で磁気インク文字認識 (MICR) の開発とコンピュータ処理(特に小切手処理)を手がけた。同社の中型機 B2700/3700/4700 に接続するMICR/OCRソータ/リーダを開発し、金融業に強いコンピュータ企業という評判を確立した。バロース フレッシュアイペディアより)

353件中 11 - 20件表示

「アメリカ連邦準備制度理事会」のニューストピックワード