353件中 31 - 40件表示
  • ユーロ

    ユーロから見た連邦準備制度連邦準備制度

    ユーロ圏全体では既に2013年度の平均失業率が12.2%に達し、スペインでは前年より売り上げが10%落ち込み、ギリシャなど一部の国ではデフレーションに陥っている状況であるにもかかわらず、欧州中央銀行(ECB)が景気回復のための適切な金融政策をとっていないという批判がある。ユーロ圏の経済成長率は1%未満にまで低下している。スペインとギリシャの失業率は27%に達しており、IMFはECBに政策金利を下げるよう要請している。だが、現段階でECBは、アメリカの連邦準備制度(FRB)などが行っているような量的緩和を検討はしないという。ジョージ・ソロスは、ECBの金融政策はその他の中央銀行が行っている量的緩和と同期していないと述べる。ユーロ フレッシュアイペディアより)

  • ブラックマンデー

    ブラックマンデーから見た連邦準備制度連邦準備制度

    1970年代、連邦準備制度のインフレ政策とオイルショックによる資金需要がレーガノミックスの高金利時代につながり、投信がマネー・マーケット・ファンドで食いつなぐほど株式は割安に放置され続けていた。1980年代、インフレ抑制に成功した世界ではディスインフレーションと金融緩和が進行していた。1970年代の慢性インフレによって名目の利益水準は相当膨らんでいたため、世界中の割安な株式市場へ資金が流入し活況を呈した。しかし、行き過ぎた活況は金融引き締め観測により終わりを告げた。ブラックマンデー フレッシュアイペディアより)

  • 投資信託

    投資信託から見た連邦準備制度連邦準備制度

    1907年恐慌以来、アメリカの投資信託は国際金融市場の重要なプレイヤーである。アレゲーニー・スキャンダルやセントラル投信ピラミッドが世界恐慌で白日に晒されたとき、そしてバーナード・コーンフェルド(Bernard Cornfeld)が最初につくったファンド・オブ・ファンズ(FOF)の破綻したとき、それは厳しく批判された。FOFが増えてゆくなか、日本では投信が証券不況の原因となった。連邦準備制度がインフレ政策をとった1970年代を除いて、2014年現在まで世界の投信残高は単調増加傾向にある。プラザ合意が成立してから、日本の投信残高も国民総生産の10%前後にまで増加した。1990年代からボストン発のミューチュアル・ファンドが一般投資家の膨大な資金を吸い上げ、多国籍企業などへ投じている。手堅いとされてきた公社債投資信託は、2000年前後のエンロン破綻等一連の事件により元本割れした。フランスの投信市場も注目される。2007年現在でクレディ・アグリコルが運用資産残高の首位を維持し、国内では主にFOFとマネー・マーケット・ファンドが取引され、個人は相続税などが優遇されている保険を通して保有することが多い。もっとも、個人金融資産に占める投信の割合はスウェーデンの方が高い(26.1%)。世界金融危機では、資産構成にサブプライムローン等の劣位証券を組み込んでいた年金基金・保険会社・投信会社が損害を加入者と顧客へ転嫁した。事件の進行中も世界の投信残高は単調増加を続けた。2013年から日本では信金中央金庫が唐突に投信保有残高を増やしてきている。2017年7月以降、ゆうちょ銀行が投資信託を取り扱う拠点を急ピッチで増設している。ところでアベノミクスはビットコインに対し寛容である。しかしビットコインから上場投資信託の認可を申請された米証券取引委員会は、2017年3月にそれを拒否した。投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッジファンド

    ヘッジファンドから見た連邦準備制度連邦準備制度

    システミック・リスクとは、(1会社だけの不安定と対比して)金融システム全体が不安定になるリスクのことである。システム全体を不安定にする大事件のほか、金融機関1社が不安定になるとき、その危機が当該会社と取引している他の金融機関に波及する可能性もシステミック・リスクを引き起こす。全米経済研究所や欧州中央銀行などはヘッジファンドが金融業界のシステミック・リスクを増大させていることを指摘し、特にロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)が1998年に破綻した後はヘッジファンドの破綻がその取引相手の破綻を招くというシステミック・リスクに注目が集まった。(アメリカの連邦準備制度はLTCMを救済しなかったため、アメリカの納税者が直接費用を負担することはなかったが、代わりに銀行14社がLTCMの救済にあたった。ヘッジファンド フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のアメリカ合衆国

    2017年のアメリカ合衆国から見た連邦準備制度連邦準備制度

    連邦準備制度理事会、HSBCホールディングスに対し、外国為替取引での不適切な情報交換を行っていたとして1億7500万ドルの制裁金を科した。2017年のアメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウン大学

    ブラウン大学から見た連邦準備制度理事会連邦準備制度

    連邦準備制度理事会理事の過半数がブラウン大学出身者だったこともある。2014年には、世界銀行総裁と連邦準備制度理事会議長という金融経済最高の両ポストを卒業生が占めることになった。リベラル系・民主党系の政治家が多いことでも知られているが、アイビー・リーグの中では映画・メディア関係者が非常に多いことで知られている。下記は、日本でも比較的知られている一部のみ。ブラウン大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓通貨スワップ

    日韓通貨スワップから見た連邦準備制度連邦準備制度

    2015年10月26日、日本の経団連と韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)との定期会合が経団連会館(東京都千代田区)で開催され、その席上で全経連の許昌秀会長が「アメリカ合衆国の連邦準備制度利上げ方針などで、世界の金融は不透明になっている」として、2015年2月に終了した「日韓通貨スワップの再開」を求めた。日韓通貨スワップ フレッシュアイペディアより)

  • ラエル・ブレイナード

    ラエル・ブレイナードから見た連邦準備制度連邦準備制度

    ラエル・ブレイナード(英: Lael Brainard、1962年 - )は、アメリカ合衆国の連邦準備制度理事会(FRB)の理事。元国際担当財務次官。カート・キャンベル前国務次官補の妻としても知られ、3人の娘がいる。ラエル・ブレイナード フレッシュアイペディアより)

  • バンク・オブ・アメリカ

    バンク・オブ・アメリカから見た連邦準備制度連邦準備制度

    バンク・オブ・アメリカ()は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州のシャーロット市に本社を置く銀行である。バンカメリカやバンカメの略称で呼ばれることもあり、英語の略称はBofAである。ニューヨーク証券取引所上場企業()。なお、名称から「アメリカの中央銀行」と間違えられるが、中央銀行ではない。バンク・オブ・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た連邦準備制度連邦準備制度

    シティコープの歴史は、シティバンク・オブ・ニューヨーク (City Bank of New York) が200万ドルの資本金を元にニューヨーク州から免許を受けた1812年6月16日に始まる。サミュエル・オスグッドが初代社長に就任し、9月14日に開店、ニューヨークの商業資本家らにサービスを提供し始めた。1865年、国法銀行制度の成立とともに商号をナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨークと変更した。1895年までには米国で最大の銀行となった。1913年に連邦準備制度が発足すると、ニューヨーク連邦準備銀行の創設に関わる。翌年には米銀として初となる海外支店をブエノスアイレスに開設した。1918年のインターナショナル・バンキング・コーポレーションの買収により、米銀として初めて総資産10億ドルを突破し、1929年には世界最大の商業銀行となった。その成長とともに、シティはまた金融サービスにおける先駆者ともなり、複利預金(1921年)、個人向け無担保ローン(1928年)、当座預金(1936年)、譲渡性預金(1961年)などを世界で初めて開発してきた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

353件中 31 - 40件表示

「アメリカ連邦準備制度理事会」のニューストピックワード