353件中 51 - 60件表示
  • 1908年共和党全国大会

    1908年共和党全国大会から見た連邦準備制度連邦準備制度

    共和党の政策綱領は、保護関税の堅持、恒久的通貨体制(連邦準備制度)の確立、トラストへの更なる政府の監督・統制などといった、ローズヴェルト政権の経済政策を賛美した。綱領は、鉄道料金法の施行、州間鉄道を調査する権限を州際通商委員会に付与すること、鉄道員の労働時間の短縮(週労働時間全体の短縮と同様に)を擁護した。1908年共和党全国大会 フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ウォルターズ

    バーバラ・ウォルターズから見た連邦準備制度理事会連邦準備制度

    1970年代、後に連邦準備制度理事会議長となるアラン・グリーンスパンと交際し、1990年代、アメリカ合衆国上院議員ジョン・ウォーナーと交際した。バーバラ・ウォルターズ フレッシュアイペディアより)

  • 過剰貯蓄仮説

    過剰貯蓄仮説から見た連邦準備制度理事会連邦準備制度

    過剰貯蓄仮説(かじょうちょちくかせつ、)とは、経常収支黒字国の貯蓄比率が投資比率を上回っており、それが世界的な経常収支不均衡(グローバル・インバランス)を引き起こしているのだという説。アメリカの中央銀行、連邦準備制度理事会の議長であったベン・バーナンキの2005年のバージニア州リッチモンドでの講演によって提唱された。アメリカは90年代から近年まで巨大な経常収支赤字を続ける一方で、中国や韓国などのアジアや産油国、ドイツ等の国は巨大な経常収支黒字を計上しており、世界的に経常収支不均衡が生じている(図を参照)。この世界的な経常収支不均衡を説明するために、過剰貯蓄仮説が発表された。過剰貯蓄仮説の背景にはISバランス論がある。過剰貯蓄仮説 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・プール

    ウィリアム・プールから見た連邦準備制度理事会連邦準備制度

    1969年?1974年 ワシントンの連邦準備制度理事会のシニアエコノミストとなる。ウィリアム・プール フレッシュアイペディアより)

  • ベンジャミン・フリードマン

    ベンジャミン・フリードマンから見た連邦準備制度理事会連邦準備制度

    1969年 連邦準備制度理事会の調査統計部門局長補佐となる。ベンジャミン・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・トリフィン

    ロバート・トリフィンから見た連邦準備制度理事会連邦準備制度

    1942年 連邦準備制度理事会のラテンアメリカ部門の議長となる。ロバート・トリフィン フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・M・ケネディ

    デヴィッド・M・ケネディから見た連邦準備制度連邦準備制度

    ケネディは1928年、連邦準備制度理事会理事会のためのスタッフ・メンバーという彼の最初の公職を得た。この間に、彼は財政的な経験を確立して、後で当時の連邦政府議長マリナー・エクルズの補佐人となる。そしてジョージ・ハンフリー財務長官の下で負債管理の特別助手を務め、さらに1930年から1945年まで連邦準備制度理事会の委員として議長補佐を務めた。デヴィッド・M・ケネディ フレッシュアイペディアより)

  • ボストン連邦準備銀行

    ボストン連邦準備銀行から見た連邦準備銀行連邦準備制度

    ボストン連邦準備銀行(Federal Reserve Bank of Boston)は、アメリカ合衆国の連邦準備銀行のひとつ。連邦準備制度の第1地区を管轄しており、ボストンに本部がある。現在の総裁は、エリック・ローゼングレン(Eric S. Rosengren、第13代総裁、2007年7月23日 - )である。ボストン連邦準備銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ連邦準備理事会

    アメリカ連邦準備理事会から見た連邦準備制度連邦準備制度

    アメリカ連邦準備理事会 フレッシュアイペディアより)

  • 需要ショック

    需要ショックから見た連邦準備制度連邦準備制度

    2008年の世界金融危機においては、消費者支出の急減へとつながるサブプライム危機や失われた家計の富、急落した住宅価格などによって負の需要ショックがアメリカ経済の一部の部門で引き起こされた。この負の需要ショックに対応するため、FRB(連邦準備制度)は利子率を下げた。危機が発生する以前には、世界経済は正の世界的供給ショックを経験していた。そのまさに直後に、正の需要ショックが世界的景気過熱とインフレ圧力の上昇につながったのである。需要ショック フレッシュアイペディアより)

353件中 51 - 60件表示

「アメリカ連邦準備制度理事会」のニューストピックワード