40件中 11 - 20件表示
  • エリー・ラッカワナ鉄道

    エリー・ラッカワナ鉄道から見た連邦倒産法連邦倒産法

    1972年、が特にニューヨーク州南西部において、多くの線路と関連施設を破壊した。修理の費用と失われた収入のために会社は倒産し、6月26日に連邦倒産法77条に基づく再建を申請した。州間高速道路80号線が1971年までにペンシルベニア州およびニュージャージー州を横切って完成したことで、かつて獲得したピギーバック輸送が逸走し、エリー・ラッカワナ鉄道の財務問題はさらに深刻化した。一方でエリー・ラッカワナ鉄道は、シカゴとニューヨーク都市圏を結ぶ輸送がペン・セントラル鉄道(旧ニューヨーク・セントラル鉄道)より遅いが信頼できるとして、大規模なピギーバック輸送の契約をUPSから獲得した。たとえば、1971年時点でペン・セントラル鉄道はニューヨーク都市圏とシカゴ都市圏の間ではによれば24時間30分でピギーバック輸送を行うとしていたが、エリー・ラッカワナ鉄道の従業員向け時刻表によるとこれに対応する輸送は28時間45分であった。1973年時点では、ペン・セントラル鉄道の最速は26時間15分であったが、エリー・ラッカワナ鉄道の最速は29時間30分であった。エリー・ラッカワナ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • A123・システムズ

    A123・システムズから見た連邦倒産法連邦倒産法

    自動車メーカー各社と契約を結び製品を納入を開始。順風満帆に見えた2011年、A123システムズ社製の電池を搭載した高級ハイブリッド車、フィスカー・カルマが炎上や爆発事故を起こす。原因はリチウムイオン電池にあるとされ、自動車はリコール。A123システムズには5,500万ドルもの費用が発生するとともに製品の評価は下落、商談が破談になるなど致命的な打撃を受けた。これが遠因となり、2012年に連邦倒産法11章の申請を行うに至っている。A123・システムズ フレッシュアイペディアより)

  • メキシカーナ航空

    メキシカーナ航空から見た連邦倒産法連邦倒産法

    2010年8月3日には経営不振を受けてメキシコシティの地裁に民事再生処理手続きを申請し、同時にアメリカでも連邦倒産法15条の適用を申請。その後も従前通りの運航を摸索していたが、8月27日には関連会社を含めて無期限運航停止となった。メキシカーナ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ナッシュビル・プレデターズ

    ナッシュビル・プレデターズから見た連邦倒産法連邦倒産法

    連邦倒産法により、借金返済のためプレデターズへの出資金を含む資産を売却することになった。バルシリーがデル・ビアージョの出資分を買い取り、破産をまぬがれたと報じられた。しかしNHLや地元グループがこれを完全に阻止し、バルシリーに出資分が移行する前にデル・ビアージョの権利は無効になっていたと伝えられた。ナッシュビル・プレデターズ フレッシュアイペディアより)

  • ストックトン (カリフォルニア州)

    ストックトン (カリフォルニア州)から見た連邦倒産法連邦倒産法

    2012年 6月 28日、ストックトンは連邦倒産法第9章の適用を申請した。ストックトンはサンフランシスコのベッドタウンであるが、不動産価格の暴落により市の財政が長年にわたり不振が続いていたとされており、財政破綻したアメリカの自治体としては人口規模でそれまでで最大のものとなった(ただしその後、2013年7月のデトロイトの財政破綻によって凌駕された)。ストックトン (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ハリスバーグ (ペンシルベニア州)

    ハリスバーグ (ペンシルベニア州)から見た連邦倒産法連邦倒産法

    2011年10月12日に連邦倒産法第9章の適用を申請した。ハリスバーグ (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • マイクロンメモリジャパン

    マイクロンメモリジャパンから見た連邦倒産法連邦倒産法

    これと平行して、米国デラウェア州破産裁判所に米国連邦倒産法15条に基づく更生計画の認可を申請した。マイクロンメモリジャパン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国連邦裁判所

    アメリカ合衆国連邦裁判所から見た連邦倒産法連邦倒産法

    連邦倒産法の下で発生するすべての事件は、地方裁判所に一審の専属管轄(ただし一定の民事訴訟手続については一審の競合管轄)が与えられるが、地方裁判所が、所属の倒産裁判所判事に倒産事件及び手続を委託 (refer) することが認められており、実際、どの地方裁判所でも、すべての倒産事件及び手続を倒産裁判所判事に委託する旨の規程を置いている。もっとも、最終的な判断権は憲法3条裁判官である地裁判事にあるというのが建前であるから、地方裁判所は理由を示して倒産裁判所判事への事件又は手続の委託を撤回する権限が与えられている。アメリカ合衆国連邦裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 合衆国法典第11編

    合衆国法典第11編から見た連邦倒産法連邦倒産法

    合衆国法典第11編 フレッシュアイペディアより)

  • GAZ

    GAZから見た連邦倒産法連邦倒産法

    2009年にゼネラルモーターズが米連邦倒産法11章適用による事実上の経営破綻を迎えたのに伴い、100%子会社だったオペルをGAZやカナダの自動車部品会社マグナ・インターナショナルなどが参加する企業連合が買収することで一旦仮合意したが、まだ最終決定はなされていない。GAZ フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「アメリカ連邦破産裁判所」のニューストピックワード